<   2018年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
夕景
 田んぼに苗が植えられ、まだ株が増えて太くならない時期が撮影にはいい条件だ。苗が植えられる前、代掻きの終わった水鏡の田んぼから、田植えが終了し1週間ぐらいの間。水面に空の色が反射して美しい。ちょうど梅雨時になるので、夕方になって日差しがある日も多くは無い。夕方になると西の空が気になる季節だ。苗が細い間にと思っていると、いつの間にやら株は太くなり夏の青田となっていく。そんな中、条件が満たされて焼ける空を目の前にしたときなど、その壮大な光景に感動し感謝の気持ちでいっぱいになる。
 6月24日、いい出会いがあった。
e0092186_21300877.jpg
e0092186_21303493.jpg
e0092186_21314226.jpg
 

[PR]
by asuka-ji | 2018-06-26 21:32 | 明日香 | Comments(0)
撮影会・明日香から宇陀へ
 今月14日に行った撮影会。明日香で集合して宇陀へと移動した。朝5時に集合したが、東の空が朝焼けしていた。どうにも中途半端な時間となった。集合までに撮影していると時間に間に合わないから撮影も満足に出来ず、集合時間には殆ど終わっているという事態だった。かといって4時集合ではこれもまた早く出ないといけないので皆さん大変だし、初夏の夜明けは早いので大変だ。
 川原で陽の当たる田んぼを撮影してから桜井の吉隠へ。万葉集に見える但馬皇女の歌では雪の降りしきる吉隠だが、緑に萌える棚田の撮影をする。遠くに近鉄電車が走り、それを入れて撮影したりした。室生ダム近くで電車の流し撮りの練習をしたりして楽しんだ。また山にはコアジサイが有り、小物撮影などしてボケの効果などを実践してもらった。
 集合場所へ行くまでに焼けた空。
e0092186_23461367.jpg
e0092186_23463353.jpg
e0092186_23464903.jpg
e0092186_23470842.jpg
e0092186_23472021.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2018-06-25 23:49 | 撮影会 | Comments(0)
コアジサイ
 11日、東吉野から川上村との境にあるコアジサイを見に行った。雨の後で霧が出るだろうと予測して、東吉野の狭戸辺りで川遊びをした後、丹生川上神社から林道を上がった。コアジサイのある峠まで7キロちょっと。落石のある林道だ。以前大きな落石を数人で除けたことがある。雨の多いときは落石の危険有りと自覚しながら走らなければならない。
 コアジサイは少し早いかなと思うような状態で、綺麗な株を探しながら撮影した。風があって霧も時々流れるのだが、思うようには行かない。それでも薄いブルーの花を撮影することが出来た。すべての花が青いわけではなく、個体によって違うようだ。人が多く訪れる撮影ポイントなので、足下はどろどろになる。
 適当に切り上げ、川上川へ下りた。こちらも7キロ程で、峠はちょうど真ん中に当たることがわかった。道の状態は川上村側が坂も急でより注意が必要な感じがした。
e0092186_12270833.jpg
e0092186_12274183.jpg
e0092186_12275692.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2018-06-18 12:29 | 吉野 | Comments(0)
田んぼ
 田んぼという呼び方は田植え時が一番似合っていると思う。水の入った田んぼ。命が吹き込まれた感じがして、いよいよ今年も始まると言う気がする。
 細川の田んぼも殆ど植えられた。稲渕も盛んに植えられている。棚田オーナーの田んぼだけ1週間遅れる。インストラクターが自分家の田植えが終わってからオーナーの田んぼに掛かるので、毎年最終は案山子ロードの辺りだ。
 天気の悪い夕方に新聞社の記者が写真取材に来たので、細川で付き合った。太陽も見えず小雨が落ちてくるような日だったが、それはそれなりに面白い表情を見せてくれた。
e0092186_21393483.jpg
e0092186_21394620.jpg
e0092186_21395750.jpg
e0092186_21410445.jpg
e0092186_21411333.jpg
e0092186_21413974.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2018-06-11 21:42 | 明日香 | Comments(0)
ササユリ
 子供の頃、山へササユリを採りに行った。春先、まだ下草の生えないコナラやクヌギの林へ入って、地面から筆のように出た芽を見つけて掘り出し、それを持ち帰って家に植えた。梅雨時に花を付けるのが楽しみで、子供らの遊びだった。
 ところが、近年近くの山でも見かけなくなった。山の変化があるかも知れない。スギ、ヒノキの植林がなされ、里山は大きく変わってしまった。山沿いの集落ではコナラ、クヌギの林が必ずあって薪や炭焼き、シイタケのほだ木として使われていた。林は伐採してもひこばえが育ち、10数年経てば元通りの林に戻る。順番に林の木を伐っていく。暮らしのサイクルによって里山は守られてきた。
 こういった林下でササユリは育ってきた。晩秋、風に運ばれた種が定着し花を付けるまでに6~7年を要するという。環境が整わないと育たない繊細な花だ。
 生活様式が環境を大きく変えてしまった。特別なことをしない限り自然環境を守っていくことが出来ない時代だと感じる。
 ともあれ、国営飛鳥歴史公園ではササユリを育てていて笹の中に顔を出す可憐な姿を見ることが出来る。大神神社では25年前からササユリ奉仕団が結成されてササユリ再生に取り組んで来られた。その成果が境内を清楚に飾っている。ささゆり園や大美和の森でその姿に出会える。
 7日撮影。
 国営飛鳥歴史公園甘樫丘地区
e0092186_11400677.jpg
e0092186_11403745.jpg
e0092186_11410679.jpg
大神神社
e0092186_11413683.jpg
e0092186_11420667.jpg
e0092186_11423744.jpg


[PR]
by asuka-ji | 2018-06-08 11:48 | 明日香 | Comments(0)
明日香の夕景
 田んぼに水が入り、田植えも始まった。いよいよ夕日が映える季節になった。棚田の向こうに二上山があり、そこに夕日が沈んでいく風景を明日香で見ることが出来る。夕刻になるとぞろぞろとカメラマンが集まってくる。今日はどんな光景に出会えるのか心躍らせていることだろう。こうしてみると風景は農によって作られているのだと実感する。米を作らなくなったら棚田の風景を見ることは出来ない。
 ここ数日夕日の撮影に出ている。出会いに善し悪しは無い。その日の出会いが一番だと思ってレンズを向ける。自然にはその都度の表情が有り、見る人を飽きさせることは無い。
 それぞれ6月1日~4日撮影。場所は阪田、立部、自宅、細川。
e0092186_16240926.jpg
e0092186_16242245.jpg
e0092186_16243512.jpg
e0092186_16244557.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2018-06-05 16:28 | 明日香 | Comments(0)
信州撮影旅行
 毎年初夏の季節に行う信州の撮影会。5月28日の夜から30日まで戸隠と白馬へ行ってきた。順調に走っていた中央高速が中津川から事故のため通行止めで強制的に下ろされた。出る時あれ?と思った。ETCに表示されたのは深夜割引になっていない。なるほど11時56分だった。あと4分で割引だったのに、強制的に押し出され、早すぎるので割引いたしません。なんやそらと思ったが仕方なし、木曾街道を走り塩尻から長野道に乗った。
 久しぶりの戸隠鏡池。薄明るくなってから着いたが、微かに湖面に霧が湧いていた。明るくなってくると目に染みるような辺りの若葉があらわになってくる。レンゲツツジも咲き出している。朝の時間帯ブヨが多くて参ったが、撮影を楽しんでもらった。
 続いて森林植物園、小鳥が池と周り、白馬へ向かった。鬼無里を見下ろす大望峠ではアルプスの山々が遠望できた。峠を下った鬼無里で蕎麦をいただき、一路白馬へ。白馬三山を目の前にするいつものホテルで温泉に入る。
 翌日は4時30分にホテルを出て青鬼へ。ここ数年田植えが早いように思う。鹿島槍、五竜、唐松岳と、残雪の山を背景にした青鬼の棚田。山は見えたがガスが出るわけでも無く、スッキリしない天気であったが、土手に咲くアカツメグサなどを撮影してフレーミングなどをレクチャーする。撮影を終えアルプスを見ながらゆっくりと朝食を楽しんだ。帰りは山形の蕎麦村で蕎麦を堪能するというおまけ付き。
e0092186_00482640.jpg
e0092186_00484207.jpg
e0092186_00491228.jpg
e0092186_00494281.jpg
e0092186_00501215.jpg
e0092186_00515386.jpg
e0092186_00522306.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2018-06-04 00:54 | 信州 | Comments(0)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism