カテゴリ:撮影会( 107 )
美山
 今日は生駒のグループの撮影会。雪景色を求めて茅葺きの里、美山へ行った。久しぶりの美山。何年ぶりだろうか、あいにく雪はなかったが、屋根から水蒸気が上がったり茅葺き集落の佇まいを十分堪能させてくれた。
 撮影に出掛けるときは、今日は今日だけの出会いがあるいい日なのだと思って出掛ける。雪が無ければ無いなりに他のものがみえてきて、被写体はいくらでもあるものだ。それにしてもバスで訪れる観光客は台湾の人ばかりだった。
e0092186_22293138.jpg
e0092186_22294609.jpg
e0092186_22300626.jpg
e0092186_22303292.jpg
e0092186_22305497.jpg
e0092186_22323952.jpg

by asuka-ji | 2019-01-25 22:35 | 撮影会 | Comments(2)
高野山
 撮影会で高野山へ行った。京奈和道路が五条方面へ繋がったので高野山へは紀北かつらぎで下り、西高野街道と言われる国道480号を上った。初めて通ったが九度山からの道よりも走りやすい。特にマイクロバスなので余計にそう感じた。それでも矢立茶屋で合流してから大門までは観光バスとのすれ違いには気を遣うところだ。
 山は紅葉がちょうど良かった。外国人の観光客が至る所にいて、いかにも国際色豊かな観光地となっている。高野山はフランス人が一番多いと聞いていたが、なるほどフランス語が飛び交っていた。人を入れたスナップなど撮影し、昼食まで楽しんだ。
ニコンZ7 24-70/ f4s、70-200/f2.8
e0092186_23223412.jpg
e0092186_23225257.jpg
e0092186_23231639.jpg
e0092186_23234063.jpg
e0092186_23235586.jpg

by asuka-ji | 2018-11-03 23:24 | 撮影会 | Comments(2)
撮影会
 明日香路を撮そう写真コンクールのモデル撮影会があった。台風が来るというので一週間日延べになった13日行われた。国営飛鳥歴史公園の高松塚地区で、時空の役者2名が古代衣装を着けてモデルとなった。
 紅葉にはまだ早い。桜の落ち葉などに少し秋を感じるが、まだまだ緑の多い公園を舞台に行った。モデルとして十分に役目を果たしてくれた時空の女優陣。衣装が緑に映えた。
e0092186_17352025.jpg
e0092186_17354746.jpg
e0092186_17360461.jpg
e0092186_17362183.jpg
e0092186_17363462.jpg

by asuka-ji | 2018-10-16 17:38 | 撮影会 | Comments(2)
藤原宮跡
 9日、藤原宮跡のコスモスを撮りに撮影会を兼ねて行った。翌日が雨の予報だったので一日繰り上げた。天気は良く5:30分に現場へだがあまりに良すぎて雲が無い。ライティングはネタが無いと効果が出ない。舞台と同じだ。日差しが出るまで待って撮影。露に輝く花を影した。日差しが落ち着くと早々に撮影を終え、ファミレスでモーニング。駐車場が広く、早朝から開けてくれているので助かる。
 夕刻、細川へ行った。上(かむら)のきつわき橋から夕日を見送った。
e0092186_18163306.jpg
e0092186_18165210.jpg
e0092186_18170868.jpg
e0092186_18173501.jpg
e0092186_18192730.jpg


by asuka-ji | 2018-10-10 18:18 | 撮影会 | Comments(0)
野迫川
 撮影会で大台へ行く予定だったが、前日の雨などから野迫川に雲海が出ているだろうと予定を変更した。集合時間が午前3時だったので天狗木峠に着く頃には明るくなってしまった。予想したとおり雲海が出ていた。上空に三日月が見える。慌ててカメラをセットし撮影。左端に高見山の秀麗な山容、正面には大峰山系が堂々と横たわっている。普段から雲海の発生しやすい条件が整っているのだろう。雲海景勝地として名の知られた野迫川村。
 その後、場所を立里の荒神に移してすっかり日が高くなった山々を楽しんだ。標高1,100㍍の地は、うだるような暑さとは縁の無い快適さだった。
e0092186_15332163.jpg
e0092186_15333203.jpg
e0092186_15335031.jpg

by asuka-ji | 2018-07-12 15:34 | 撮影会 | Comments(0)
撮影会・明日香から宇陀へ
 今月14日に行った撮影会。明日香で集合して宇陀へと移動した。朝5時に集合したが、東の空が朝焼けしていた。どうにも中途半端な時間となった。集合までに撮影していると時間に間に合わないから撮影も満足に出来ず、集合時間には殆ど終わっているという事態だった。かといって4時集合ではこれもまた早く出ないといけないので皆さん大変だし、初夏の夜明けは早いので大変だ。
 川原で陽の当たる田んぼを撮影してから桜井の吉隠へ。万葉集に見える但馬皇女の歌では雪の降りしきる吉隠だが、緑に萌える棚田の撮影をする。遠くに近鉄電車が走り、それを入れて撮影したりした。室生ダム近くで電車の流し撮りの練習をしたりして楽しんだ。また山にはコアジサイが有り、小物撮影などしてボケの効果などを実践してもらった。
 集合場所へ行くまでに焼けた空。
e0092186_23461367.jpg
e0092186_23463353.jpg
e0092186_23464903.jpg
e0092186_23470842.jpg
e0092186_23472021.jpg

by asuka-ji | 2018-06-25 23:49 | 撮影会 | Comments(0)
桜を求めて
 6日撮影会で吉野へ行く予定だったが、集合してから三多気に行きたいと言う人有り、急遽宇陀方面へ走り出した。少人数なのでどうにでも変更出来るのが気楽でいい。諸木野の桜が初めての人がいたので寄っていく。花はまだ健在だった。陽が射す前だったが柵からレンズを覗かせて撮影する。曽爾へ移動して墓の桜を撮影。足下のスイセンに気を遣いながらしばらく撮影した。
 三多気は落花が始まっていた。ピンクの枝垂れは未だ華やかだったが、全体に終盤といったところ。メンバーの方が持ってきた淹れたてのコーヒーと手作りケーキでお茶タイム。花に囲まれながら撮影もせず愛でた。その後丸山公園に行くと、見事な山桜の中にミツバツツジも咲いていて、撮影を楽しむ。時々吹く風に桜花も舞った。
e0092186_00060470.jpg
e0092186_00061464.jpg
e0092186_00062545.jpg
e0092186_00063940.jpg
e0092186_00064506.jpg

by asuka-ji | 2018-04-10 00:07 | 撮影会 | Comments(0)
茅葺きの里在原
9日の撮影会は琵琶湖畔からマキノのメタセコイアを見て在原へ行った。屋根に1㍍近い雪を載せ耐えるように佇む集落は、奈良に住む者にとって別世界。おとぎ話に出てくるような雪国の様相だ。雪に伏せる庭先の犬は鹿か猪の足だろう、蹄の残る生々しいごちそうをもらっていた。
e0092186_16030330.jpg
e0092186_16032510.jpg
e0092186_16033395.jpg
e0092186_16034725.jpg
e0092186_16040465.jpg
e0092186_16042001.jpg

by asuka-ji | 2018-02-11 16:05 | 撮影会 | Comments(0)
琵琶湖畔
 撮影会で琵琶湖方面へ向かった。奈良6時集合で白鬚神社に着いたのは7時過ぎ。太陽はすでに上がっており、慌てて撮影してもらった。鳥居に太陽を絡めて撮影するがすぐに雲の中へ隠れてしまう。それでも朝の色温度でそれなりの表情があった。湖周道路沿いの浜を散策し雪原の東屋でコーヒータイムを楽しむのんびりとした撮影会。
e0092186_23543395.jpg
e0092186_23551356.jpg
e0092186_23563333.jpg
e0092186_23570336.jpg

by asuka-ji | 2018-02-09 23:58 | 撮影会 | Comments(0)
撮影会・朽木
 26日の撮影会で琵琶湖畔で撮影の後、朽木に回った。積雪が多いので路肩が狭く、除雪車が走っていないところは対向するのに精一杯の状態で、普段なら道路のへこみに駐車スペースがあるのだけれど、そこに入っていけない。積もりすぎるのも難儀なものだ。山奥の集落に行けば面白い被写体もあるだろうが、無理な移動で何かトラブルがあるといけないので自重した。バスを降りて雪の中に入り込むと、腰までくるところもあった。取りあえず雪まみれになりながら、雪風景を撮影してもらった。
e0092186_13250696.jpg
e0092186_13244246.jpg
e0092186_13254357.jpg
e0092186_13251866.jpg

by asuka-ji | 2018-01-29 13:26 | 撮影会 | Comments(0)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism