人気ブログランキング |
十津川3(玉置山)
 ホテルを出て小雨の中玉置山へ向かった。国道を外れて十数㎞、山に上っていく。40年ぶりぐらいだろうか、殆ど記憶が無い。駐車場に着くと標高約1,000㍍。さすがに涼しいい。
 小雨に煙る参道を歩き始める。周囲の木立が雰囲気を盛り上げている。足下にはフタリシズカが風に揺れている。両側に神社の幟が立つ辺りに来ると巨木が現れ出す。疲れの出る頃にやっと社殿が現れた。
 何というロケーション。巨木に囲まれた、正に天に近い依代だ。神が下りて来るというイメージが湧いてくる。身震いしながら暫しその場に立ち尽くした。
 昔ブルーガイドブックス等に写真を提供したことのある大杉は境内の下の方にあった。子供らに手を繋がせて幹に張り付かせた写真は巨木の大きさが分かり重宝されたが、今は近づくことも出来ない。
 唯々連れ合いのことを祈った。人は自然の営みの刹那を垣間見るだけだ。ほんの一瞬を生かせていただくだけに過ぎない。抗うことの出来ない定めにも生きていかなければならない。無事に来ることが出来た歓びを噛みしめながら神社を後にした。
 NikonZ7 24-70/4s
十津川3(玉置山)_e0092186_13285210.jpg
十津川3(玉置山)_e0092186_13301246.jpg
十津川3(玉置山)_e0092186_13314691.jpg
十津川3(玉置山)_e0092186_13320348.jpg
十津川3(玉置山)_e0092186_13320780.jpg

# by asuka-ji | 2020-06-28 13:34 | 吉野 | Comments(0)
十津川 2(小辺路)
 5時に起きると雨。これはいい条件だと撮影に出ようと一人部屋を出る。玄関の自動ドアが開かない。フロントへ行くが誰も出てこない。6時にならないと開かないと書いてある。あらっ、田舎のホテルなので夜は施錠するのだ。何処か開いてないかと探したがだめだった。時間待ち。風呂も6時からしか入れない。
 ロビーで時間待ちしていると、6時前に職員が現れた。慌てて車を走らせる。湖面が煙っている。車が来ないので道路から撮影。墨絵のような情景だ。
 集落に着くと霧が濃すぎて背景の山並みが見えない。それでもいい感じだ。小雨の中撮影を続ける。山が見えるようになってきた。集落外れの小辺路らしい山道をと石畳の道を撮影する。濡れた石が滑りやすく気を遣った。
 いい撮影が出来た。宿に戻って温泉に入り、朝食を頂く。連れ合いも何とか大丈夫なようで、美味しいと言って食べてくれた。レストランは改装されていて、それぞれ小部屋のように仕切りがされて、ガラス越しの庭にはヤマガラが数羽現れた。
 食事が美味しく、温泉がいいホテル昴。ゆったりと快適に過ごすことが出来た。
NikonZ7 24-70/4s
十津川 2(小辺路)_e0092186_21114237.jpg
十津川 2(小辺路)_e0092186_21133069.jpg
十津川 2(小辺路)_e0092186_21134520.jpg
十津川 2(小辺路)_e0092186_21135837.jpg
十津川 2(小辺路)_e0092186_21142650.jpg
十津川 2(小辺路)_e0092186_21131383.jpg


# by asuka-ji | 2020-06-28 01:10 | 吉野 | Comments(0)
十津川 1
 25日十津川へ行った。源泉掛け流しの温泉に連れ合いを連れて行った。信州へと思ったが、身体に自信が無いというので近場の十津川にした。
 国道168号はどんどん改修されてトンネルが増え、川に沿った大きな蛇行をショートカットした箇所が増えた。従って昔の遠い十津川ではなくなってきている。家から1時間ちょっとで谷瀬の吊り橋に着いた。駐車場には数台の車。300㍍近い吊橋はさすがに長い。高所恐怖症になってきて怖いのだが真ん中まで歩いた。連れ合いは平気で行く。
 何十年ぶりかで笹の滝へも行った。滝まで十数㎞の林道を進むと、途中で雰囲気のある集落が川向に現れた。山里の清楚な暮らしが伺える気持ちのいい景観。思わずシャッターを切る。
 渓流釣りによさそうな谷を詰めていくと笹の滝入り口の看板が現れた。苔むした滝までの歩道を上ると堂々と落ちる笹の滝だ。連れ合いも一緒に行くことが出来た。
 次ぎに今回の目的の一つ果無集落へ向かった。小辺路の通る集落はテレビや雑誌で何度も見ているのだが、行ったことがなかった。大きく迂回しながら集落の上まで車道を進む。途中サルに出合った。峠近くには駐車場があり簡易トイレも作られていた。多くの方が訪れるのだろう。
 世界遺産の石碑を入れた写真とは風景が変わっていた。後ろの梅の木だろうか、大きくなりすぎて民家が見えなくなっていた。下りていくとアジサイが道端を彩っている。石畳は民家の敷地を通っていて、谷水を引いた水飲み場が作られている。その中に紅い花が一輪。何という風情のあるおもてなしだろう。民家の縁が開放されていて、こけ玉が掛けられていた。きつい山道を上って来てホッと一息付けるしつらえに、旅人は感動するに違いない。
 この日はホテル昴に泊まった。美味しい食事と肌がすべすべする極上の温泉を満喫。翌朝は雨とのこと、夜明けに集落を撮影しよう。
 NikonZ7 24-70/4s
十津川 1_e0092186_20320463.jpg
十津川 1_e0092186_20321198.jpg
十津川 1_e0092186_20321834.jpg
十津川 1_e0092186_20322855.jpg
十津川 1_e0092186_20323358.jpg
十津川 1_e0092186_20324981.jpg
十津川 1_e0092186_20323990.jpg

# by asuka-ji | 2020-06-27 20:34 | 吉野 | Comments(0)
明日香夕景
 田んぼの苗があまり太くならない内にいい夕日に出会えたらいいのだが、そう上手くはいかない。22日から24日までの明日香の夕日。阪田地区を中心に回ってみた。
 NikonZ7 24-70/4s
明日香夕景_e0092186_11154322.jpg
明日香夕景_e0092186_11155291.jpg
明日香夕景_e0092186_11160667.jpg
明日香夕景_e0092186_11162068.jpg

# by asuka-ji | 2020-06-27 11:17 | 明日香 | Comments(0)
明日香、宇陀
 6月18日、未明から撮影会をした。梅雨空の夜明けは時に面白く焼けたりするのだが、この日は微かに色づいただけで消えてしまった。明るくなってからは、棚田を移動しながらヒメジョンの白い花を入れて撮影した。
 その後、明日香から宇陀へ向かい名張市に接する深野へ行った。ササユリは思うように撮れる位置にはなかったが、雰囲気のある山里の風景を楽しんだ。
NikonZ7 24-70/4 70-200/2.8
明日香、宇陀_e0092186_11473286.jpg
明日香、宇陀_e0092186_11473990.jpg
明日香、宇陀_e0092186_11475489.jpg
明日香、宇陀_e0092186_11480048.jpg
明日香、宇陀_e0092186_11484363.jpg

# by asuka-ji | 2020-06-22 11:49 | 撮影会 | Comments(0)
棚田と月
 6月7日、田毎の月をイメージして稲渕の棚田に向かった。朝3時過ぎに家を出てカブを走らせる。月は結構西に傾いていた。昨年撮影した田んぼは未だ苗が植えられてなかった。月の映るポイントを探して動き回った。
 この時期満月と苗の状態を考えればチャンスは少ない。田植えがされる時期、月の見える天候など思うようにはいかないものだ。
 撮影会の下見を兼ねてロケハンして回った。棚田の中心部に害獣除けの赤色点滅する光が有り、どうしてもアングルが限られてしまう。いいポイントはそんなに無いことがわかる。ロケハンも月の出ているときでないと分からないので、そんなに広範囲を探ることも出来ない。
 月が沈んで日が出てくるまで細川の棚田辺りまで撮影した。
棚田と月_e0092186_14293297.jpg
棚田と月_e0092186_14293796.jpg
棚田と月_e0092186_14365394.jpg
棚田と月_e0092186_14370259.jpg

# by asuka-ji | 2020-06-16 14:38 | 明日香 | Comments(0)
甘樫丘
 緑の森に包まれた国営飛鳥歴史公園甘樫丘地区は散歩するには最適な場所だと思う。他の地区とは違って芝生広場よりも森が多い。幾つもある散策コースは緑に覆われて適度なアップダウンがあり、所々に置かれた休憩所は鳥のさえずりを聞きながら緑陰に浸ることが出来る。
 展望のきく場所が数カ所あり、極めつきは豊浦の展望台だ。西に金剛葛城の峰、二上山、その前に畝傍山。北には耳成山、香具山、遠くに生駒山系が見渡せる。東に振り返れば飛鳥の集落、飛鳥寺を見下ろすことが出来る。この素晴らしい眺めは飛鳥に来た人には必ず見ていただきたい風景だ。
 今、公園にはササユリが咲いている。アジサイの青、ヤマボウシの白い花も出迎えてくれる。
NikonZ7 24-70/4s 35/1.8

甘樫丘_e0092186_23595575.jpg
甘樫丘_e0092186_23594120.jpg


甘樫丘_e0092186_00003864.jpg
甘樫丘_e0092186_23592631.jpg
甘樫丘_e0092186_23590651.jpg
甘樫丘_e0092186_23582872.jpg
甘樫丘_e0092186_00015726.jpg


# by asuka-ji | 2020-06-07 00:06 | 明日香 | Comments(2)
明日香夕景
 4日、棚田の田植えが進み撮影の条件がよくなってきた。同じ処に通うのも如何かと思うが、どうしても見栄えのいいところに足が向く。アングルを変えてみて、もやはり細川は細川だ。
 踏み荒らされていないことを願って向かった場所で、シロツメクサを入れて撮った。この日も通報があったとのことで橿原警察のパトカーが来ていた。大勢来ると片側の車線が車でふさがれるので、危険だとのこと。ポリさんは道路の安全のため交通整理していた。
 NikonZ7 24-70/4s
明日香夕景_e0092186_16582625.jpg
明日香夕景_e0092186_16583244.jpg

# by asuka-ji | 2020-06-05 16:59 | 明日香 | Comments(1)
田植え
 田植えの季節になった。飛鳥では山の方から植えられてきて、6月中頃にはすべて植わっている。細川谷の棚田は早い方だ。
 この頃になると二上山辺りに夕日が沈むのでカメラマンも多く訪れる。今年は例年より植えるのが遅いように思われる。それぞれの農家の都合で変わるようだ。
 5月28日、29日に細川で撮影した。
 NikonZ7 24-70/4s
田植え_e0092186_13385258.jpg
田植え_e0092186_13391588.jpg
田植え_e0092186_13392157.jpg
田植え_e0092186_13393072.jpg
田植え_e0092186_13394474.jpg

# by asuka-ji | 2020-06-01 13:40 | 明日香 | Comments(2)
カワセミ
 またまたカワセミを見に行っている。少しずつカワセミのことが分かりかけてきた。オスメスの違い。メスだけ下くちばしがオレンジ色。巣に雛がいるときはオスもメスもエサを運ぶ。運ぶときは魚の頭を前にして加えて運ぶ。自分が食べるときは頭から飲み込む。時間が経てば骨だけ吐き出す。
 巣にエサを運んだ後、池に戻ってくるとエサを捕るときのように飛び込んで水浴びをする。
 NikonD5 200-500/5.6
カワセミ_e0092186_14515717.jpg
カワセミ_e0092186_14520358.jpg
カワセミ_e0092186_14521031.jpg
カワセミ_e0092186_14523053.jpg
カワセミ_e0092186_14532543.jpg
カワセミ_e0092186_14534473.jpg

# by asuka-ji | 2020-05-28 14:55 | 明日香 | Comments(2)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
梅雨に入ると鬱陶しいです..
by asuka-ji at 14:52
 私が最初に明日香を訪れ..
by syoryuで~す。 at 09:31
 事件事故が起こる前の処..
by syoryuで~す。 at 09:20
相互扶助というか助け合っ..
by asuka-ji at 17:04
 昔は、祖父母の家の集落..
by syoryuで~す。 at 09:17
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism