飛鳥寺寸劇
 22日(土)23日(日)の二日間、飛鳥光の回廊イベントがあった。ライトアップされた飛鳥寺で劇団のメンバーが衣装を着けて写真の相手をしてもらえないかと依頼があった。それだけでは物足りないだろうから何かパフォーマンスをと寸劇をすることになった。急遽作った蘇我馬子飛鳥寺建立の台本を3日程前出演者に渡して、練習するまもなく当日となった。
 何せ16日に公演を終えたばかりで、いくら短いとは言え新しい台本を覚えよとは酷な話だ。それに仏教用語満載の難解なセリフ。案の定詰まりつまりのセリフだが何とか1回目を終える。終えた後は写真の相手。10分に満たない寸劇だが、初日は3回行った。さすがに寺の本堂前で、それも扉が開かれて大仏様が拝める舞台。時代衣装がよく似合っている。何せ人が足りないので音響と役者もせねばならず、スマホで撮るのもままならない状態だった。
 2日目は30分毎に5回上演した。まずまず貢献できた様に思う。
e0092186_14554253.jpg
e0092186_14555886.jpg
e0092186_14561461.jpg
e0092186_14562618.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2018-09-24 14:57 | 劇団時空 | Comments(0)
時空公演
 時空の20周年記念公演「黎明645」が終わった。多くの方に来ていただいた。実行委員会の話では1000人を越えているという。今回はメディアも取り上げてくれ、公演前に数社が載せてくれた。毎日も読売も扱いは大きく、読売は5段扱いで過去に火事で道具が消失したことなどにも触れ、詳しく載せてくれた。奈良新聞は公演の舞台写真を入れて一面に大きな扱いだった。各紙に感謝。
 舞台は成功だった。拙い台本を皆がカバーしてくれた。今回は自分も出演するという演出だったが、何とか受け入れられたようだ。20年世話になっているデライトの凝った照明。プロによる音響システム。それらが舞台を盛り上げてくれた。九州、静岡、姫路、大阪、和歌山と分かるだけでもそれらの地域から「時空}の舞台を観るために来ていただいた。共に劇空間を作り上げてくれた。多くのカンパもいただいた。感謝、感謝だ。 
 今回は体力的にも相当なダメージがあった。主要なメンバーが外れたためにそれをカバーしなければならない。今まで以上に気も遣った。
 疲れが取れないまま、翌日は万葉の歌音楽祭の審査。次の日は観光協会の事務所がある飛鳥駅前の道の駅飛鳥がオープンと、観光協会の雑用もあれこれ続いた。そして22日、23日は飛鳥光の回廊で、飛鳥寺にてちょっとした寸劇と飛鳥時代の人物と写真を撮ろうというイベントを受けている。そのために馬子の寸劇台本を作った。それに参加出来るメンバーにセリフを覚えてもらわねばならない。もう明日だ。果たして覚えられるのだろうか。覚えろと言うのが無理な話だ。
e0092186_22563978.jpg
e0092186_22572487.jpg
e0092186_22573591.jpg
e0092186_22574902.jpg
e0092186_22583846.jpg
e0092186_22585967.jpg
e0092186_22591586.jpg
e0092186_22594372.jpg
e0092186_23001001.jpg
e0092186_23240400.jpg
e0092186_23241407.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2018-09-21 23:24 | 劇団時空 | Comments(0)
彼岸花
 彼岸花が咲き出した。観光協会の開花情報をアップしているので、スマホでちょこっと撮影している。開花情報としては去年と同じぐらいだろうか、盛りは後1週間ぐらいだろうか。これからは日ごとに撮影ポイントが出てくる。
 高松塚公園ではナンバンキセルも咲いている。
e0092186_11414501.jpg
e0092186_11421619.jpg
e0092186_11420061.jpg
e0092186_11422575.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2018-09-15 11:43 | 明日香 | Comments(0)
照明シュート
 舞台に道具を運び込み、昨日は照明シュートの日。セットした照明の角度やムービングの調整入力など、プロの照明さんによる作業が行われる。劇団員も舞台の一文字幕を3本舞台の天井に吊り下げる。この作業は大変な労力を伴う。大道具の書き割りなど自立するよう足を付けたり一番大変な作業となる。
 そして場面毎の道具の転換。スタッフがいるわけでもなく役者も皆道具を運ぶ。初めて道具を見る者、役のことだけで精一杯で場面転換の役割を覚えられない者。皆必死になって舞台を作り上げようとしている。日付が終わる頃シュートは終わった。
 今日はリハ、ゲネプロである。気合いを入れなくては。
e0092186_11291247.jpg
e0092186_11292381.jpg
e0092186_11293329.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2018-09-15 11:31 | 劇団時空 | Comments(0)
公演迫る
 公演の日が迫って来た。倉庫に居た亀を石舞台公園まで移動した。車載車を頼んで運んでもらった。20才の亀石。メンバーによる手作りだ。制作に4ヶ月ほど掛かっただろうか。ガラス工芸家の安田麻里さんと亀石を測りに行ったことを思い出す。京芸の彫刻を出ていた安田さんが粘土で10分の1モデルを作ってくれた。40センチほどの亀石を1センチずつ食パンのようにカットして図面を作る。それを10倍したものを元に鉄骨、鉄筋などを買いに行って溶接しながら骨組みを作った。そこへモルタル壁に使うラス網を張り、ガラス繊維と樹脂で作り上げた。強化プラスチック。FRPだ。タイムマシーンとなるため、目が光り、当時はデジタル数字も点灯した。年数が経ち少し劣化してきているが、「時空」の原点でもある大道具だ。今年最後のお目見えとなる。
 練習は中々全員が揃わなくてスムースにはいかない。雨の日の練習が最後となった。14日の照明シュート、15日のゲネプロ、16日本番というスケジュール。照明シュートまでに大道具を全て舞台まで運ぶ作業がある。いよいよだ。
e0092186_00261370.jpg
e0092186_00262245.jpg
e0092186_00263922.jpg
e0092186_00265364.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2018-09-11 00:27 | 劇団時空 | Comments(0)
雑用の日々
 考えてみれば広告媒体などの仕事は殆ど無くなった。企業のパンフレット作りやカタログ仕事は無い。明日香村から出ている「食と宿のガイド」や「風景のガイド」観光協会の広報誌、時々出版社から依頼があって飛鳥の風景を使ってもらう程度。大和路の写真をストックするカメラマンはいくらでも居るので、そうそう声が掛からない。飛鳥の写真しか無いように思われているかも知れない。
 近鉄文化サロンの教室と撮影会はあるが、まあ、もう仕事もあまりしなくてもいい歳になったのかも知れない。最近特に観光協会の関わりが多くなった。法人に移行して事務所も飛鳥駅前に移転。飛鳥びとの館を改装して事務所を置き館を運営する。観光事業の拠点としての機能を充実させていくことになる。準備期間の雑用ばかりが続く日々だ。
 時空の大道具高御座も観光会館を出て仮置き場へ移動したが、台風でまた建物の中へ入れたり、公演も近づき音響照明との打ち合わせもした。いよいよという感じなのだが、土日の練習にメンバーが揃わない。毎度のことだが、リハーサルまで揃わないかも知れない。
 こんな中、8月の猛暑の時に「日経おとなのOFF」の仕事をさせてもらった。久しぶりに出版社からの取材仕事だった。その掲載誌が今日送られてきた。日経の安原ゆかりさんという編集者と奈良のライターさんとの仕事だった。
e0092186_01155340.jpg
e0092186_01162202.jpg
e0092186_01193229.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2018-09-07 01:20 | 明日香 | Comments(0)
時空公演近づく
 時空の公演が迫ってきた。土日の夜に風舞台で練習を重ねている。4灯のパーライトと簡単な音響を持ち込んで、実際の舞台で行っている。間口15㍍という広い舞台なので位置取りや動きも感覚的に覚えてもらわなくてはならない。毎回道具のセットとバラシがあり、少々面倒な作業が伴う。
 「黎明645」という演し物。昨年台風で中止となったもので、一度作り上げている舞台なのだが主役など役者も数人変わってしまい、また一からということになってしまった。練習はそれぞれの事情で全員が揃うことは殆ど無い。当然スタッフもいないので、音出しなども決まっておらず、セリフをカバーするプロンプターもいない。とにかく人が足らない。これは何処の劇団でも抱えている悩みのようだ。
 先日練習中に役者が刀を折ってしまった。殺陣のシーンで力が入り折れたようだ。何せ木製なので仕方なく、新たに削り出しの刀を作った。前より強いようにとヒノキ材を使ったが、何せ木製だ。
 大道具は昨年作ったので、あるはずなのだが確認する必要がある。何せ台風の大雨で濡れたまま倉庫に入れたものもある。いつでも動けるスタッフがいれば、と夢のようなことを思ってみたりする。
 それでも今年入った女子2人は今までの時空の公演を見に来てくれていた観客だった子たちだ。時空の舞台に憧れて入ってきてくれた若い女子。時空に新たな力を添えてくれるよう願うばかりだ。

劇団時空「黎明645」~時空を超えた入鹿の旅~
9月16日午後6時30分
国営飛鳥歴史公園石舞台地区
あすか風舞台
入場無料
少々の雨でも決行。
e0092186_14400867.jpg
e0092186_14401549.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2018-08-26 14:40 | 劇団時空 | Comments(0)
夕景
毎週土曜日は午後7時から時空の舞台練習で、この時期夕日が沈む時間帯と重なってしまう。先日も「黎明645」の舞台のポスター用に役者を撮影しようとストロボをセットしていたら、何やら外が色づいている。出てみると凄い焼け具合だ。あわてて近くの古代住居で数枚シャッターを切ったが時すでに遅し、残念なことだった。この古代住居公園に働きかけて数年前に作った物で素人の産物。結構明日香の風景に溶け込んでいると思う。
 それにしても9月16日に上演する舞台に重要な役者が数人参加出来なくなった。何とか台本を修正してやりきらねばならないが、時間がそんなに無い。頭の痛いことが続く。
e0092186_00152536.jpg
e0092186_00153851.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2018-08-01 00:16 | 明日香 | Comments(0)
 連日暑くて明日香の山際にある我が家でもエアコンを入れて寝る日がある。今まででは考えられない暑さだ。冷房の効いた部屋で寝るのには不安があり、旅先のホテルなどでもエアコンは消して寝る。ところがタイマーを掛けると、切れたときに暑さで目が覚めてしまう。ほんとに今年は異常な暑さだ。
 撮影にも出ていなくて、夕刻近くの蓮田に行くぐらい。先日から何度か夕日を見送った。
e0092186_10032999.jpg
e0092186_10033528.jpg
e0092186_10034449.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2018-07-23 10:05 | 明日香 | Comments(0)
写真展
 奈良県美術人協会写真部の写真展が終わった。会員16名がそれぞれのテーマで合計約100点の作品を展示した。多くの方に来ていただき盛会のうちに終えることが出来た。FBばかりでブログでの告知を忘れていた。来場いただいた方々に感謝。
 出品作品の一部。
e0092186_09532732.jpg
e0092186_09534049.jpg
e0092186_09535385.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2018-07-23 09:54 | 明日香 | Comments(0)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism