吉野山撮影会
 撮影会で吉野山へ上がった。下千本の駐車場前は夜明けの撮影スポットだ。今回も霧が湧いてくれた。目の前の桜葉は散ってしまって無くなっている。それでも朝に湧いてくる霧は気分が盛り上がり撮影しようと言う気にさせてくれる。暫し撮影し、上千本に上がった。
 蔵王堂から後ろにガスが湧き川向こうの北の台住宅地を隠してくれている。高取山系の後ろに二上山も見える。足下にもガスが走ってくれれば言うことなしなのだが、贅沢は言えない。雄大なパノラマに見とれながらシャッターを切る。
 その後高城山へ向かった。紅葉はまだ撮影出来た。霧は無い。風が強く足下の落葉も乾燥している。雨後ならばいい被写体となりそうだ。気温は低く手が悴み手袋無しでは辛いほどだった。展望台のベンチでメンバーが持参したホットコーヒーと手作りの栗きんとんをいただく。これも撮影会の楽しみの一つとなっている。
ニコンZ7 24-70/f4s 70-200/f2.8
e0092186_09474206.jpg
e0092186_09475390.jpg
e0092186_09480944.jpg
e0092186_09482006.jpg


[PR]
# by asuka-ji | 2018-11-14 09:49 | 吉野 | Comments(0)
吉野山
 夜から少し雨が降ったので吉野山へバイクで走った。霧雨の中、今の季節だと濡れたら寒くて走る気がしないのだが、今日は暖かかった。
 吉野川を渡るとき近鉄の鉄橋が霞んでよかったので、電車でも来ればと三脚を立てた。程なく特急が来てくれてシャッターを切る。
 下千本の駐車場付近は台風の所為か、木の葉が殆ど落ちている。霧が湧き桜の葉が残っていてくれたら申し分の無い情景なのだが、贅沢は言えない。上千本に上がったが霧でパノラマは見えず、髙城山へ向かう。着くと紅葉が色づいてちょうどよかった。車も無く誰も居ないと思っていたら、紅葉の中でシンガポールから来たという青年と出会った。他に人も無く静かに撮影出来た。帰りには蔵王堂近くでイギリス人の団体と出会う。吉野も国際色豊かだ。
Nikon Z7 24-70/ f4s
e0092186_23071263.jpg
e0092186_23072659.jpg
e0092186_23075271.jpg
e0092186_23080618.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2018-11-06 23:08 | 吉野 | Comments(2)
高野山
 撮影会で高野山へ行った。京奈和道路が五条方面へ繋がったので高野山へは紀北かつらぎで下り、西高野街道と言われる国道480号を上った。初めて通ったが九度山からの道よりも走りやすい。特にマイクロバスなので余計にそう感じた。それでも矢立茶屋で合流してから大門までは観光バスとのすれ違いには気を遣うところだ。
 山は紅葉がちょうど良かった。外国人の観光客が至る所にいて、いかにも国際色豊かな観光地となっている。高野山はフランス人が一番多いと聞いていたが、なるほどフランス語が飛び交っていた。人を入れたスナップなど撮影し、昼食まで楽しんだ。
ニコンZ7 24-70/ f4s、70-200/f2.8
e0092186_23223412.jpg
e0092186_23225257.jpg
e0092186_23231639.jpg
e0092186_23234063.jpg
e0092186_23235586.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2018-11-03 23:24 | 撮影会 | Comments(2)
信州撮影旅行
 春と秋に行っている信州の撮影旅行を28日~30日まで行ってきた。毎回走り出してから撮影地を決めるいい加減な撮影会だが、今回は髙ボッチの夜明けから始めることにした。過去に何度か訪れている場所だが、夜明けに良かった記憶が無い。着くと車が何台も駐まっていて、三脚も立っている。今回は暗い内に先ず下見をして、草競馬が行われる馬場の近くから散策路を200㍍程入った場所から撮影した。
 薄明るくなると富士山が見えた。眼下に諏訪湖が見える。よかったと安堵する。撮影会は参加者に楽しんでもらわないと行けないので、場所選びにはいつも思案する。今回の髙ボッチは正解だった。太陽が出る前に空も焼けてくれた。朝一に良い場面に出会えるとホッとする。
 髙ボッチの後は白馬まで移動し、鎌池へ向かった。小谷温泉辺りの紅葉がちょうど良く、鎌池は遅すぎないかと気になったが未だ良かった。ところが当てにしていたぶな林亭は閉まっていた。食べるところが無い。昼食は持っていなくて参加者が持っていたパンを分けて食べるという始末。それでも秋色深い紅葉を存分に楽しんだ。
 翌日は小雨の中5時出発で標高1,100㍍の白沢峠へ。アルプスは見えない。ホテルで朝食の後青鬼へ。それなりの撮影を楽しんで終えた。帰りは山形村の蕎麦集落にある「そば幸」で蕎麦を堪能して帰った。
e0092186_23393208.jpg
e0092186_23394836.jpg
e0092186_23404239.jpg
e0092186_23405664.jpg
e0092186_23411368.jpg
e0092186_23413824.jpg
e0092186_23415859.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2018-11-02 23:42 | 信州 | Comments(0)
秋桜夕景
 秋桜がそろそろ見頃を終えようとしている。それでも夕方の撮影ならまだ撮れそうだ。明日香の奥山、藤原宮跡は夕日をバックに撮影出来る。昨日行ってみると藤原宮跡はカメラマンと夕景を愛でる人たちで賑わっていた。風が強く花がブレてしまうので、わざとスローシャッターにして撮影した。
 ミラーレスにまだ慣れていない。長年ファインダーは光学でしか見て折らず、液晶を見ることなど無かったからだ。ビデオ撮影では液晶画面を見ながら撮影するので、ムービーカメラマンには当たり前のことなのだろうが、慣れるまでには時間が掛かりそうだ。
 ニコンZ7 24-70㎜f4s
e0092186_11575463.jpg
e0092186_11580445.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2018-10-28 12:03 | 明日香 | Comments(2)
収穫の秋
 刈り取ってハザ掛けにしてあった稲が脱穀されていた。天日で干した米はより美味しくなる。農家の方はよく分かっていて、面倒でも自分ところで食べる分だけでもハザ掛けにするお家がある。コンバインで刈り取った籾は乾燥機にかけて籾すりをし、すぐにお米にすることが出来る。手間が短縮できる。その分高額な農機具が必要となり、収穫した米にかかるコストはとんでもない金額だ。
 それ故明日香の農家は米を作るよりもハウス栽培に頼るイチゴやトマトなどへ移行していっている。田んぼというより工場のような風景が増えてくるのは寂しい限りだ。地域によってはハウスは禁止されているがまだ増え続けている。
 10月25日撮影
 ニコンZ7 24-70/f4
e0092186_17314447.jpg
e0092186_17315164.jpg
e0092186_17320909.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2018-10-26 17:33 | 明日香 | Comments(2)
大台ヶ原
 22日撮影会で大台へ行った。明日香に朝5時集合。満天の星空が広がってオリオン座が中天にあった。ドライブウエーで夜が明け、駐車場まで行くとすっかり明るくなっている。すこしガスが走っているところもあった。7時に日出に向かって出発。木々の紅葉はもう一つだ。台風のせいか葉が落ちていたり、縁が縮れていたりして綺麗なものが殆ど無い。
 それでも日出と正木峠の鞍部にあるウッドデッキに着くと、尾鷲湾が見えて気持ちのいい展望が開けた。シロヤシオも満足に紅葉したものは無く、写真よりも山の気持ちいい空気を吸って楽しんだ。
 それにしても正木峠の風景はこれほど変わってしまうものなのかと思う変わりようだ。徐々に変化してきたのだが、40年前とは比べものにならない変わり様だ。いや20年前からでも大きく変わった。立ち枯れのシラビソは無くなったし、正木原へと続くシラビソの森は無くなった。あまりに急すぎる変化だと思う。
 そんな中、秋色を求めて大台の一部を楽しんだ。
 ニコンZ7 24~70/4で撮影。
ミラーレスを買った。軽さに山では重宝するがまだ慣れる時間が必要だ。何せファインダーを覗いて液晶画面を見ると言うことに違和感を覚えてしまう。まあ、慣れの問題だろうが。
e0092186_00113758.jpg
e0092186_00114234.jpg
e0092186_00115362.jpg
e0092186_00120517.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2018-10-24 00:12 | 吉野 | Comments(2)
信州
 14日の日曜日、急に思い立って信州へ向かった。秋色に染まっていく風景を見たくて、高速は中津川で下り木曾街道を走った。味気ない高速道路と違って回りの風景を愛でながらゆっくりと走ることが出来るので気に入っている。鳥居トンネルを過ぎ、標高1,000㍍の奈良井宿はまだ紅葉には早かった。木村の五平餅を食べて塩尻まで下る。
 志賀高原は紅葉しているに違いないとまた高速に乗った。予想通り蓮池、丸池辺りはちょうどよかった。標高1,500㍍ぐらいまで色づきが下りてきている。
 白馬泊まりなのでゆっくりも出来ず、長野まで高速で戻って白馬へ。ナビの案内通りに行くと小川村の集落へ案内され、峠を越えてやっと白馬への県道13号に入った。途中に白馬長野有料道路があったのだが案内されず、うっかり見過ごしてしまったようだ。やれやれおかげで山の斜面に張り付いた集落を見せてもらった。
 翌朝、白沢峠から鹿島槍、五竜、唐松とアルプスの峰を眺めた。この峠も標高1,100㍍だが紅葉はまだ早すぎた。帰りは中房温泉に寄り、山形村で蕎麦を堪能。塩尻の平出遺跡を見て帰った。
e0092186_11500133.jpg
e0092186_11501196.jpg
e0092186_11505014.jpg
e0092186_11510814.jpg
e0092186_11511844.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2018-10-21 11:52 | 信州 | Comments(2)
撮影会
 明日香路を撮そう写真コンクールのモデル撮影会があった。台風が来るというので一週間日延べになった13日行われた。国営飛鳥歴史公園の高松塚地区で、時空の役者2名が古代衣装を着けてモデルとなった。
 紅葉にはまだ早い。桜の落ち葉などに少し秋を感じるが、まだまだ緑の多い公園を舞台に行った。モデルとして十分に役目を果たしてくれた時空の女優陣。衣装が緑に映えた。
e0092186_17352025.jpg
e0092186_17354746.jpg
e0092186_17360461.jpg
e0092186_17362183.jpg
e0092186_17363462.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2018-10-16 17:38 | 撮影会 | Comments(2)
藤原宮跡
 9日、藤原宮跡のコスモスを撮りに撮影会を兼ねて行った。翌日が雨の予報だったので一日繰り上げた。天気は良く5:30分に現場へだがあまりに良すぎて雲が無い。ライティングはネタが無いと効果が出ない。舞台と同じだ。日差しが出るまで待って撮影。露に輝く花を影した。日差しが落ち着くと早々に撮影を終え、ファミレスでモーニング。駐車場が広く、早朝から開けてくれているので助かる。
 夕刻、細川へ行った。上(かむら)のきつわき橋から夕日を見送った。
e0092186_18163306.jpg
e0092186_18165210.jpg
e0092186_18170868.jpg
e0092186_18173501.jpg
e0092186_18192730.jpg


[PR]
# by asuka-ji | 2018-10-10 18:18 | 撮影会 | Comments(0)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism