<   2016年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
紅梅
 明日香の匠展最終日。知り合いの方にも来ていただいた。わざわざ足を運んで下さるのは有り難いことだ。
 石舞台の紅梅が咲いている。年明けの暖かさから早く咲き出したのだが、先日来の寒波で開花が止まった感じだった。それにしても早い。昨日の同窓会でフキノトウの天ぷらをいただいたが、春の香りを満喫した。もうすぐ立春。日差しが温かくなるのを感じる時期だ。
e0092186_16472281.jpg
e0092186_16473847.jpg
e0092186_16475128.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2016-01-31 16:48 | 明日香 | Comments(2)
素麺干し
 インフルエンザにかかってから10日が経った。熱が下がってから1週間になる。もういいかげんに快復してもいいはずなのに、どことなくだるくてしんどい。今まで風邪にかかってもこれほど尾を引いたことがない。やはりインフルエンザはダメージが大きい疾患なのだと思った。
 昨日は天気が良かったので、朝から三輪の素麺干しを撮影した。冬の日差しを浴びた素麺を職人さんがからまぬように細い棒で広げていく。素麺を操る川向こうでの作業を見ていた。寒風を受けて素麺は黄金色に輝いていた。
 その後万葉文化館で開催中の匠展へいった。知人が来るというのでランチを共にした。
e0092186_13202450.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2016-01-29 13:21 | 日々 | Comments(2)
吉野山へ
 朝屋根にうっすらと雪が付いていた。体調が万全では無いのでじっとしておこうと昼まで家の用事をしていたが、午後から吉野へ走った。中千本を過ぎ上千本へ向かうと圧雪路だ。車が1台ガードレールに突っ込んでいる。運転手はいない。それを横目にD5は快適に走る。スタッドレスもまだまだ大丈夫だ。水分神社で撮影。続いて高城山の展望台から高見山を撮影した。しばらく待ったらピーク付近に日差しが当たってくれた。さらに雪道を金峯神社下まで走る。
 どうせならと西行庵へ行った。雪は20㎝ほど、先行者もなく静かな庵で西行像は瞑想にふけっていた。車に戻り、さらに林道を詰める。黒滝村へ降りる分岐まで行くと、バリケードが有り諦めて戻る。快適な雪道走行だった。
e0092186_2159893.jpg
e0092186_21593256.jpg
e0092186_21595590.jpg
e0092186_2201190.jpg
e0092186_2202561.jpg
e0092186_2203988.jpg
e0092186_2205532.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2016-01-26 22:02 | 吉野 | Comments(2)
 朝から雪が舞い始めた。見る見る白くなっていく。これはと撮影に出たが、大して積もっていなく晴れてきた。午後から雪だと言っているが、さて積もってくれるのかどうか。
 体調がまだ芳しくなく自信が無い。山の方へ撮影にと出る気にもなれない。無理しないでおこうと思う。
e0092186_13334464.jpg
e0092186_13343436.jpg
e0092186_13344774.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2016-01-24 13:37 | 明日香 | Comments(0)
明日香の匠展
 明日香の匠展が始まった。高熱が出て検査でインフルエンザだといわれた。熱は39度8分。白川郷と富山湾の撮影会は行けなくなり、バス会社に頼んでもらって講師が同行しない撮影会にしてもらった。
 熱が下がっても2日間は外に出ないようにと医者に言われたが、熱が下がってもしんどくて出る気にならなかった。それでも明日香の県立万葉文化館で始まる明日香の匠展のオープニングに顔を出した。全倍の作品2点出品している。
 その懇親会でコメントを求められ、どういう基準をもとに出品依頼しているのか不明だが、はおよそ匠展と言えない作品があった。こういう展示がされるなら来年からは匠という字は使わない方がいいのではと言った。作品は見る人に責任を持って制作し、展示すべきでしょうと。作品の善し悪しは別にしても、作品に責任を持てないようなものは展示すべきで無い、と言い放った。しんどかったのだ。また嫌われることを言ってしまったが、それはあまりにひどかった。
 会期は31日(日)まで。
ポスターにも使ってくれた写真が、大きなウエルカムボードにもなっていた。
e0092186_13274776.jpg
e0092186_1328341.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2016-01-24 13:30 | 明日香 | Comments(2)
雪の室生寺
 撮影会で室生寺へ行った。琵琶湖周辺、朽木村の方へ雪景色をねらって行く予定だったが、少し熱が有り体調も悪かったので室生方面へ変更した。明日香では積もっていなかったのだが、長谷辺りで道も白くなり、西峠は真っ白だった。安田へ寄ってみたが朝日も見えず、室生ダムへ寄って室生寺へ。今年初めての雪道だ。スタッドレスはまだまだ使えそうな感じで快適に走る。
 雪の室生寺は一番乗りで、教室の方もテンションが上がる。人を避けるのに気を遣わなくて思う存分撮影できた。それにしても、室生寺の職員の方はカメラマンに好意的で気持ちよく撮影できた。熱のため頭が重く時々痛んだが何とか撮影会を終えた。帰ってからの情報によると、滋賀方面は雪が無かったとか。楽しんでもらえた撮影会になった。
e0092186_21513539.jpg
e0092186_21521264.jpg
e0092186_21525547.jpg
e0092186_21531197.jpg
e0092186_21535127.jpg
e0092186_2154206.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2016-01-19 21:55 | 宇陀 | Comments(0)
明神平から檜塚峰
 明神平へ行ってきた。今シーズン初めての冬山だ。年末から暖かく、雪どころか霧氷さえあるかどうか分からない状態だったが、いい景色に出会うことが出来た。
 東吉野大又の林道を詰めて駐車スペースへ着いたのは7時30分頃。雪は全く無い。身支度をして出発。最初の徒渉地点は水量も少なく、当然雪も無く難なく通過。幾度か沢を渡り、1時間少しで明神滝に着く。凍ることもなく流れ落ちる滝は何となく寂しい。
 さらに高度を上げ、標高1200メートル辺りから霧氷が現れた。途中、キハダの樹皮が削られ鮮やかな黄色い肌を見せていた。鹿によるものだろう。白く霧氷の付いた薊岳が現れ、いよいよ冬山の雰囲気が盛り上がる。程なく明神平に着く。車から約2時間。誰もいない。原に雪は無く、白い花を咲かせたブナの霧氷が美しい。こういう風景もいいものだと思う。
 若者4人に同行しての山行で、檜塚奥峰まで行くことになった。尾根のアップダウンを繰り返し、所々に残る雪を踏んで行く。お腹が空いたと早めの昼食をとる。バーナーで湯を沸かしカップヌードルを食べる。冬は何と言っても温かいものがごちそうだ。その後、12時に檜塚奥峰に着いた。展望のいいピークだ。眺めを楽しんだ後、明神平まで1時間10分程で戻る。更に車まで1時間20分。十分に歩いた山行だった。帰りにやはた温泉に入って帰った。
e0092186_16402091.jpg
e0092186_16403970.jpg
e0092186_16405296.jpg
e0092186_16412269.jpg
e0092186_16413638.jpg
e0092186_1642798.jpg
e0092186_16424233.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2016-01-09 16:43 | 吉野 | Comments(0)
ロウバイ
 家に道を尋ねてこられる人があった。稲渕へ越えるのに道が分からないという。ご婦人の二人連れだ。峠道を上っていったが不安になり引き返してきた。私の家は朝風峠へ向かう集落最終の家なので、尋ねたのだろう。教えてあげたが、その先の芋峠を越えて吉野へ抜けるという。歩き出した二人を見て不安になり、後を追いかけた。稲渕の集落まで付き合ってあげた。ガイド役だ。一人は宮滝の人だった。讃良が行幸した吉野の宮のあるところだ。気をつけてと勧請縄のところで見送った。
 男綱の上にあるロウバイを撮影して帰った。暖かい正月だ。
e0092186_0161554.jpg
e0092186_0172842.jpg
e0092186_017438.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2016-01-04 00:18 | 明日香 | Comments(2)
新年
暫くカメラを持っていなかった。久しぶりに日付が変わってからカブで出掛けた。去年撮影した大神神社の繞道祭(にょうどうさい)祭に、桧原神社へ向かった。途中、飛鳥寺へ寄って撮影する。大神神社周辺はすでに車の列が出来ていた。桧原神社は駐車場も空いていて人も少なかったが、小雨が降り出した。ratoさんや知り合いのカメラマンが現れ挨拶をする。
雨は午前2時過ぎには本降りとなる。やがて松明が現れた。境内から二上山をバックに撮影したが、思うようにはいかない。あっという間に松明は担ぎ込まれ、新しい松明へと火が付け替えられる。15分ほどすると、隊列は次の摂社へと向かって行った。撮影はイメージした絵とは少々違ったものとなった。行事ものは難しい。
e0092186_048469.jpg
e0092186_0482134.jpg
e0092186_049159.jpg
e0092186_0494535.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2016-01-02 00:50 | 明日香 | Comments(0)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism