<   2014年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
棚田
 雨が降った。雪に変わるということのない暖かな雨だ。医者にもらった風邪の薬は飲み終えた。やっと喉の痛みがましになり、観光協会に出掛けて事務所で半日過ごした。
 雨が上がると靄がでた。稲渕の棚田へ行き撮影した。もう少しガスが濃くなって欲しかったが思うようにはならない。
 やりかけの仕事がずいぶん溜まった。そろそろしないと大変なことになるなと、他人事のように思った。
e0092186_22313299.jpg
e0092186_22315983.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2014-01-30 22:32 | 明日香 | Comments(2)
熱でダウン
 撮影会が2日続いた。二日目も高野龍神スカイラインへ行った。前日の寒さのためか、喉と頭が痛く少し熱があった。どうやら風邪を引いたようだ。
 護摩壇に着くと、木々の雪が落ちて何にもなかった。その代わり晴天で風もない。一日違いでこれだけ変わるのかと思うような違いだった。雪の上の陰などを撮影してもらった。
 帰りに寄った高野山では文化財防火訓練があり、放水作業を撮影することが出来た。
 そして熱が上がり、翌日は同窓会の幹事。その次の昨日は万葉ホールで「大化改新」を上演した。終了後、講演された里中真智子さんと会い「時空」の次回作に「天上の虹」を脚色して使わせてもらえないかとお願いした。
 いろいろあってダウンし、今朝は熱が下がった。もう無理の利かない歳なのだと実感した。
e0092186_15544661.jpg

e0092186_15553220.jpg
e0092186_1556587.jpg
e0092186_15562459.jpg
e0092186_15564594.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2014-01-27 15:57 | 撮影会 | Comments(2)
野迫川
 撮影会で野迫川へ。夜明けに間に合うように野迫川へ出掛けたが、朝日は出ず。期待した風景は無かった。木々にあまり雪が付いていなかった。だが道は野迫川に入ると雪道だった。荒神さんで少し撮影し、その後高野龍神スカイラインを走って護摩壇山へ移動した。さすがに標高が少し高くなるのでブナ林には霧氷が付いていた。
 撮影を始めたが強風で身体が飛ばされそうになる。気温-7℃風は15㍍以上あるので体感温度は半端ではない。顔が痛かった。しばらく撮影したが日差しが思うように現れず、昼前に終了。明日香に戻って新年会をした。
e0092186_20571066.jpg
e0092186_2057348.jpg
e0092186_20575037.jpg
e0092186_20581061.jpg
e0092186_2122039.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2014-01-23 21:01 | 撮影会 | Comments(2)
ハガキ
 一通のハガキが届いた。子供の頃遊んでもらった者です。と書いてある。名前に覚えがなかった。近所の人らしい。嫁いで名字が変わっていて、旧姓が書いてある。近くに4件の同姓があり、特定できなかった。
 1月18日の毎日新聞コラムに私の名前が出ていて、懐かしく便りをいただいたようだ。そこでもう一度名前を見た。漢字の読みが違っていたことに気付いた。字では見ていないので、漢字と合わなかったのだ。
 介護の末に母を送ったことが載っているらしい。残念ながらその紙面をまだ見てないので内容は分からないが、記者の林さんから掲載することの知らせは頂いていた。
 里での懐かしい子供時代を思い出されたのだろうか、何となくほっとする文面だった。
 他にも懐かしい人から連絡いただいた。一本の記事で数人の方とふれあうことが出来た。林さんに感謝。
 教室の後、明日香に帰って藤原京に居た。冷たい風が体の中を吹き抜けた。妙に気持ちよかった。
e0092186_20534928.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2014-01-22 20:54 | 明日香 | Comments(0)
 朝から人物の取材を一件済ませて、畑の苗物を復活させようと5㎝程のいじけた苗にビニールトンネルをかぶせた。これでまた復活してくれればいいのだが、というよりもっと前にするべきだった。
 冬の景色は鮮やかこそ少ないが、木々は葉を落とし樹形を骨組みだけで見せている。その骨格は歩く旅人を立ち止まらせるおもしろさがある。土手の草は褐色を曝しそれぞれの姿を誇示する。春はまだ遠いが決して眠ってはいない。
 時間にとらわれない野歩きを忘れていたような気がする。都合をつければどうにかなるのに、出来ないでいるもどかしさ。足下にたくさんの引っ付き虫がいた。
e0092186_2320445.jpg
e0092186_23211075.jpg
e0092186_2322071.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2014-01-21 23:22 | 明日香 | Comments(0)
ロウバイ
 孫の食い初めなどということを行った。息子のマンションに両親が揃って孫をだしにごちそうを食べる。料理は息子が殆ど作ってくれた。孫はどういうわけか子供好きではないのにかわいいと思う。不思議なものだ。
 ロウバイが見頃を迎えている。澄み切った大気を甘く染めている。このほのかな香りは冬に似合っている。昨年はこの花に雪が積もった。今年はまだ出会っていない。
 木は稲渕や八釣で見ることができる。
 畑に蒔いたのは10月下旬だったろうか、冬野菜が芽を出したのだが、寒さで一向に育たなかった。あきらめていたのだが、ビニールのトンネルにすればいいかも知れないと10日ほど前に被せた。そうしたら、小松菜が15㎝ほどになった。復活したのだ。このまま大きくなれと声を掛けた。
 畑からの夕景。
e0092186_23492337.jpg
e0092186_23501620.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2014-01-20 23:50 | 明日香 | Comments(0)
時空
 冬の空は冬ならではの表情を見せる。季節でこれほど違うのかと思うほど空の表情は豊かで繊細だ。
 明日香の空を毎日見上げている。遠く飛鳥時代の人たちもこの空を眺めただろう。丘陵や山のシルエットはその頃とあまり変わっていないのではないだろうか。時を経ても同じ空を同じ地に立って見ている。
 思えば空は変わらず、地表のもの達が風のように流れ去っただけなのかも知れない。時の流れなどあっという間の出来事なのだろう。そのことを確かめるように暮れゆく空を見ていた。
 日が暮れて、今日は集落のとんど祭り。火は激しく月を焦がさんばかりに燃え上がった。
e0092186_2345525.jpg

e0092186_2361115.jpg
e0092186_237129.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2014-01-14 23:07 | 明日香 | Comments(2)
稲渕の綱掛神事
 撮影の仕事を終えて、午後から稲渕の綱掛神事を覗いてきた。
作業をする村の役員さんらが交代した人もいて、慣れていないのか例年より手順が遅れていた。地域の住民等で継承していく行事はどこの村でも次第に難しくなっている。住民が減少している。価値観や生活の様式が変わったりして、人出が足りなくなることが多い。この神事も本来は11日にするものであったが、休日に変更された。
 それでもまだ50戸を超える稲渕の集落は元気がいい。男綱はきれいに掛け替えられた。
e0092186_22275082.jpg
e0092186_22282862.jpg
e0092186_22293159.jpg
e0092186_22294694.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2014-01-13 22:30 | 明日香 | Comments(0)
入院
 ブログが遠のいてしまった。
 先日大腸ガン検査をして、ポリープがあり切除したものだから入院することになった。
 2リットルの洗浄剤を飲んだ後にカメラを入れ、すぐにポリープがあると知らされ、この後何が現れるのかと不安になったが、異常はなかった。ポリープは8ミリの大きさで悪性ではないようだ。写真を見せてもらうと、傷口はクリップで留めてあった。
 40年ぶりの入院だ。翌日には異常がないようなので退院許可が下りた。あわただしい出来事だった。昨年の胃カメラ、肺のCTと検査を一通りした。わざわざ病気を見つけてもらいに行く検査に足が向かなかったのだが、縁あってすることになった。
 退院して、午後から栢森の綱掛神事を見に行った。住民の少ない集落なのだが、今のところ行事は継承されている。下流の稲渕の男綱と違って、神事だが仏式で行われる。本来この11日に行われている。稲渕は成人の日に変更されたが、栢森は依然として決められた日を守っている。
e0092186_16151244.jpg
e0092186_16164837.jpg
e0092186_16172568.jpg
e0092186_16174166.jpg
e0092186_1618495.jpg
e0092186_16183137.jpg
e0092186_16185377.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2014-01-12 16:19 | 明日香 | Comments(0)
朝日新聞に
 今朝の朝日新聞の奈良版に古代住居の記事が載った。住民等で協力して作った飛鳥時代の庶民の集落イメージ。少しでも皆に伝わり話題になってくれればいいのだが。一ヶ月以上経ち藁が飛んだりしていた。補修しなければ格好悪くなるだろう。
 昨日の夕景。上弦の月が出ていた。
e0092186_2251504.jpg
e0092186_22512613.jpg
e0092186_22521586.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2014-01-08 22:53 | 明日香 | Comments(0)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism