<   2013年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧
古宮遺跡
 昨日、夕方に出掛けた。古宮遺跡へいくと三脚が並んでいる。間に入れてもらって撮影。夕日はまずまず。沈んでからも少し焼けてくれた。amamさんと写遊さん、他に顔見知りの方もおられた。狭いところだけにあまり行きたくない場所だ。稲は太くなってきたし、そろそろこの場所も静かになるだろう。
 終えてから暫し写遊さんのお相手を。腹は減り、日はとっぷりと暮れていくが、これで情報をいただくことも多いのでありがたい。
e0092186_1020395.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-06-30 10:26 | 明日香 | Comments(2)
出会い
 御船の滝からの帰り、吉野山の七曲がりへ紫陽花を撮影に寄った。こちらも花見客が訪れている。条件はよくなかったが、花のあちこちにいるカタツムリなどに遊んでもらった。
 撮影会では、初めて撮影する者達との出会いもあった。花はもちろん、シャクトリ虫、ヘビトンボなど。ヘビトンボは渓流釣りで川虫を捕っているときに時々その幼虫を見つけたことがある。調べようと思っていたら、夜に探偵ナイトスクープでやっていた。
e0092186_1437986.jpg
e0092186_14364773.jpg
e0092186_14373816.jpg
e0092186_14482510.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-06-29 14:47 | 撮影会 | Comments(0)
今日も撮影会
 今日も撮影会。朝5時前に家を出た。昨日とは別グループで、同じ川上村のコアジサイへ向かった。今日はガスもなく、小雨もなく風だけが強い日となった。花は殆ど終わっているので、霧の助けが欲しかったが残念だった。
 御船の滝へ回ると、水量が多く迫力があった。滝前のコアジサイは盛りを過ぎてしまっているが、それでも撮影した。風が少々難儀だが、曇り空なので撮りやすい。撮っていると次から次へと人が訪れる。やはり人気のスポットだ。
e0092186_22361253.jpg
e0092186_22363088.jpg
e0092186_223794.jpg
e0092186_22383978.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-06-28 22:38 | 吉野 | Comments(0)
霧の撮影会
 朝5時30分に大淀道の駅に集合して撮影会をした。雨上がりで靄が立っているので先ず吉野山へ行こうと走り出したら、吉野川の橋で川霧が出ている。車を止めて撮影。折しも雲間から朝日が顔を出し、ドラマティックな情景を演出してくれた。
 続いて吉野山七曲がりの紫陽花を撮影。道路は車両通行止めにしてあり、安心して歩けるので気持ちがいい。
 その後、川上村のコアジサイの群落へ移動。和尚さんのブログで確認していたが、やはりチェーンソーがうなっていた。伐採の邪魔にならないところで撮影。花は盛りを過ぎているが、少し霧が出ているので楽しめた。足下にはヒカゲノカズラが沢山広がっている。
帰りに沢筋で広い物のカットを追加して、撮影会を終えた。
e0092186_19431047.jpg
e0092186_19403517.jpg
e0092186_1941943.jpg
e0092186_19412674.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-06-27 19:44 | 吉野 | Comments(0)
激しい雨
 激しい雨の中、文化サロンの教室へと京奈和道路を走っていたら、郡山出口2キロの標識の前で止まってしまった。なんと渋滞だ。下りるまでに20分以上掛かった。通勤ラッシュの時間帯はとっくに済んでいるのだが、その後も少し渋滞があり初めて遅刻をした。1時間30分掛かった。いつも1時間で着いてしまうので早すぎて時間つぶしをするぐらいなのだが。
 教室の後、食事をして帰るときにも平城京を横切る道路が通行止めになっていた。雨はずいぶん降った。
 ことだまで少し話をしてから家に戻った。台本が全く進んでいないので大変なんだとこぼしてきた。店の前に紫陽花があった。
e0092186_21104032.jpg
e0092186_21105811.jpg
e0092186_21111268.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-06-26 21:12 | 明日香 | Comments(0)
畑の住人たち
 畑に行くと住人達が待っている。キュウリやナスの陰で、雑草の中で忙しそうだ。モコモコの衣装を着た蜂は暖かそうだ。テントウムシは飛びます飛びますと背を開いたが飛ばなかった。シジミは花の上で時計回りに回って蜜を吸っていた。
 今日はナスとキュウリ3本が採れた。ずいぶんきれいなナスだ。苗を植えて、一度だけ消毒をした。キュウリもそうだ。ピーマン、唐辛子は何もしない。だが今年は足繁く通い苗に水やりをした。それがよかったのかも知れない。
 終日PCの前にいたが、思うような進展はなかった。中断した台本は全く進んでいない。夕方、豊浦へバイクで走った。色づきのない空を、アリバイ作りのように撮影した。
e0092186_2221355.jpg
e0092186_22213799.jpg
e0092186_22215455.jpg
e0092186_22223251.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-06-25 22:23 | 明日香 | Comments(2)
雷丘
 食べ物取材2件と間に2時間の会議が入って、夜にはまた大化塾の集まりがあった。バタバタの日となった。明日香の石舞台近くに旬菜館なる新たな加工食品の販売所が出来た。
 その中に米菜豆(マイサイズ)というカフェレストランがオープンする。今日はその内覧会があった。料理を提供するのはカフェことだまのオーナーとスタッフ。このために息子はことだまからこちらの店に移った。どんな風になるのだろうか、オープンは7月3日だ。
 夕方に2件目の取材を終えて外に出ると、雷丘の上空に怪しげな雲が出ていた。雷を捕らえし男の小子部栖軽(ちいさこべのすがる)の話を思い出した。日本霊異記の一番に出てくる話だ。その舞台となる丘が目の前にある。明日香はおもしろいところだ。
e0092186_042581.jpg
e0092186_044285.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-06-25 00:06 | 明日香 | Comments(2)
今日の夕日
 立山から帰って、激しい雨が降った。畑に行くとキュウリが見る見る大きくなって、食べきれない程だ。家庭菜園も旬になると一気に出来るので、困ったものだ。
 畑に行くと何やかやと仕事がある。草は雨が降らないので成長が止まっていたが、ここにきてどんどん伸びてきた。
 夏至に太陽が見られなかったので、今日は畑の側へ撮影に出た。太陽は二上山まで行って無く、自宅辺りからだとからんで沈んでいくようだ。
 先日、朝日新聞に時空が作った衣装の記事が載っていた。高価な生地を使用した本格的な衣装だ。
e0092186_23475563.jpg
e0092186_23481431.jpg
e0092186_23484420.jpg
e0092186_2351165.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-06-22 23:52 | 明日香 | Comments(2)
室堂から美女平
 4時に起きて身支度をしてホテルの外に出ると、雨だった。風があり霧も走っている。木々のない所では霧が出ても撮影は難しい。近景となるものが無いからだ。濡れて撮影するほどの被写体は無いと判断して部屋に戻った。森のないところでは展望がきかなければ仕方がない。
 朝食後、わずかに日差しが見えたがまた雨となった。昼前に美女平まで下り、森の散策路を2時間ほど歩いた。降っていた雨も止み、少しだけ霧が湧いた。アカモノ、ギンリョウソウにも出会えた。
e0092186_22475944.jpg
e0092186_22481245.jpg
e0092186_2249199.jpg
e0092186_22502529.jpg
e0092186_22503882.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-06-19 22:52 | 信州 | Comments(4)
立山
 立山、室堂。どういう分けか、今まで行ったことがなかった。下見がてらに行ってみようと、日曜にあった観光協会の総会が終わってから出掛けた。深夜に富山駅前のホテルに着き一泊。翌日、路面電車の往来を眺めながら朝食を摂った。何となく懐かしいローカルな雰囲気の車両もあれば、ヨーロッパの街中を走っているような近代的な車両も走っていた。
 立山駅のケーブル乗り場で車を捨て、美女平へ。賑やかな団体は台湾からの観光客らしく、話し声が耳にまとわりついて離れない。ここからバスで室堂へ。出発すると、標高1000㍍足らずなのに、谷間に少し雪が残っている。タニウツギのピンク、ノリウツギの白い花、やがてコブシの花とナナカマドの花が車窓を彩る。
 弥陀ヶ原は雪の中。雪原に所々木々が立っていた。いよいよ雪景色で、道路脇には数㍍の雪が残っている。最後の雪の壁を過ぎると室堂に到着。一面雪の世界だった。
 晴れて眩しく目を開けていられない状態だ。雪は表面がシャーベット状なので、斜面では気をつけないとズルッといってしまう。地獄谷は立ち入り禁止になっていた。有毒ガスが風によって濃度の濃いものとなることがあるらしい。みくりが池はまだ氷があり、雪の中だった。もう溶けてしまって立山でも映るのかと思っていたが、春とはいえまだまだ先のことらしい。
 雷鳥に出会った。人を怖がらない鳥はすぐそばで見ることが出来た。雄と雌にも出会った。
e0092186_0453519.jpg
e0092186_046130.jpg
e0092186_046185.jpg
e0092186_048213.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-06-19 00:48 | 信州 | Comments(2)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism