<   2013年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧
山桜
 朝から会議に出たが、撮影はしていない。すぐに家に戻り、ノートの前で悶々としている。百済の王興寺を建立した技術者が倭国に渡り、飛鳥寺を建立するという話を今年の舞台にしようと思っている。時代背景は6世紀末。蘇我馬子の時代だ。歴史上の誰にも知られた人物を主人公にすればドラマは作りやすいかも知れない。だが今回の主人公は百済の職人。さて、どうなることやら、やっかいなことになってきた。
 写真は先日の十津川での山桜。
e0092186_23544865.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-04-30 23:54 | 吉野 | Comments(0)
雷夕景
 大君は神にしませば天雲の雷の上に庵せるかも 夕刻、雷へ出掛けた。夕景を撮っておこうと思った。雷丘を何とか入れたかった。丘の木々はまばらで、シルエットがもう一つなのだが、少し残っている菜の花を入れて撮ってみた。この辺りの風景を何とかして欲しいものだ。道路に並ぶ電柱だけでも無くなればぐっと見栄えがよくなる。関電さんよ、明日香では出来る限り電線の地中化を進めようよ。独占企業傲るなかれ。
 雷の丘からだと畝傍山と重なって二上山が見えない。少し北に振ると雄岳が顔を出してくる。前景に入れるものを考えるとここしかないと思った。
e0092186_22503240.jpg
e0092186_22505990.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-04-28 22:52 | 明日香 | Comments(0)
今日の夕日
 ゴールデンウイークとか称する季節がやってきた。やらねばならないことをこれ以上放っておくことも出来ない。劇団員からはどうなっているのだと、集まるたびに刺すような暖かいまなざしが注がれ、出掛けるのも気が重かった。毎年、連休は何処にも行かず台本作りに集中することにしている。この間に何らかの成果を発表できるようにしなければならない。
 今年の演し物は何にするのか、あれこれ揺れ動いて定まらなかったが、初心貫徹。飛鳥寺建立の経緯にすることにした。いよいよ集中してみることにした。
 それでも夕刻、奥山へ出掛けた。何となく奥山と決めていた。行くと田んぼで野焼きをしていた。これはいい光景に出会った。
e0092186_0142779.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-04-28 00:16 | 明日香 | Comments(0)
撮影会
 撮影会は目当ての桜風景がまだ咲いていなかったが、標高800~1000㍍付近の芽吹きを撮影した。リョウブの新芽、ミツバツツジ、山桜など十分に楽しませてくれた。釈迦ヶ岳登山口まで15キロの林道沿いは、山好きにはたまらない山林が残されていて雄大なスケールの景観もある。十津川を撮り続けているS氏に聞くと峠付近の山桜は毎年5月の連休頃が見頃だという。今年はすべて開花時期が早いので、もう咲いているのではなかろうかとのことだったが、標高の高い山では決して同じように早いわけでもなさそうだ。
 その後、21世紀の森へシャクナゲを撮影に行った。十津川から下北山へ抜ける国道425号の標高500㍍の所にある森林公園は多品種のシャクナゲが植えられていて、4月の初め頃から咲く花もあると地元の方が言っていた。咲いても真っ赤な花や、これもシャクナゲかと思うような変わった花までたくさん植えられている。大峰山系でこの花を植えるのかと、センスを疑うような花もある。とりあえず強風の中で撮影をした。
 シャクナゲで知られた玉置神社はというと、やはり標高900㍍ほどあるのでまだ咲いていないということだった。
e0092186_1519316.jpg
e0092186_15193085.jpg
e0092186_1520192.jpg
e0092186_15203821.jpg
e0092186_15215663.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-04-27 15:24 | 吉野 | Comments(0)
十津川
撮影会で十津川へ。標高1300メートル付近の山桜を目当てに行ったが、まだ咲いていなかった。詳しくは明日。
e0092186_234082.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-04-26 23:39 | 吉野 | Comments(0)
イワナと今日の夕日
 久しぶりに渓流釣りに行ってきた。未明に家を出て、川上村の本沢へ。大迫ダムの奥、筏場の谷へ。釣果は今ひとつだったが、解禁以来2度目の釣りを楽しんだ。唯一の趣味というかお遊びだ。23センチのイワナと同サイズのアマゴを含み4匹だった。数は少ないが良形に満足した。
 渓は新緑が萌え瀬音を聞きながらの遡行は実に気持ちがいい。日が高くなって釣りを終え、昼前には自宅に戻った。若い頃は毎週渓へ入っていたのだが、どういうわけか時間が無いというか渓は遠のいた。
 今日釣り上げた中の1匹が何か分からない。イワナでもないし、もちろんアマゴでもない。鯖のような模様があるのだ。同じ仲間であることには違いないのだが…。
 そして今日の夕日。日没を家の近くで見送り、後焼けを自宅の窓から撮影した。
e0092186_20562785.jpg
e0092186_2057104.jpg
e0092186_2057672.jpg
e0092186_2058315.jpg
e0092186_2058755.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-04-25 20:58 | 明日香 | Comments(0)
 朝から雨。教室の近鉄文化サロンへ行くと、駐車場から平城京の大極殿、遠くに興福寺の五重塔が見えた。小雨の中に少しもやって見えた。その前にはビル群が埋めてつくしている。かつて平城京に都が置かれたときには、宮から東大寺や興福寺の伽藍が丘の上にしっかりと見て取れたのだろう。
 教室が終わってから水門会の写真展を見てきた。出展されているMさん、見に来られていたJPSで先輩のKさんとお茶を飲みながら久しぶりに話した。
 作品は相変わらずまずいプリントを展示している人もいた。インクジェットプリントが悪いとは言わない。その表現に合っていればいいし、見る者に伝わってくるものがあればいいと思う。同じ会場に同じ会のメンバーとして出品している方も、内心もう少しどうにかならないのかと思っているかも知れない。
 自分のことは棚において言わせてもらえるなら、決して見応えのある写真展とは言い難い気がした。
e0092186_2354592.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-04-24 23:07 | 奈良 | Comments(0)
アケビ
 うっかりしていた。アケビの花を撮ろうと思っていたのに忘れていた。出掛けると最初の場所は殆ど終わりで、稲渕に行くとかろうじて残っていた。花はたくさん付いているのだが、うまくアングルを取ることができない。足場が悪く思うようなカットは撮れなかった。
 栗原のレンゲ畑に行き、ミツバチとしばらく遊んだ。これも思うようには撮れない。まだまだ修行が足りないのだ。
 レンゲ畑の帰りにヤマフジが咲いていた。これも画になるような木ではなかったが季節ものだと撮って帰った。思うようなカットが撮れず、何となくすっきりしない日だった。
e0092186_20501061.jpg
e0092186_20503859.jpg
e0092186_2051362.jpg
e0092186_20512252.jpg
e0092186_20513982.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-04-23 20:52 | 明日香 | Comments(2)
今日の夕景
不燃の大型ゴミの日で、祖母が使っていたマッサージ器を出した。他にもブリキの衣装缶が大小出てきた。中には昭和25年の墨書きの缶があった。自分と同い年だ。63年もの間我が家にいたのだ。それらを片付けた。
 事務所の引っ越し荷物がいくつも段ボールに入ったままになっている。開けては自宅の事務所部屋へ持ち込んだ。それでもいくつかはまだ開けていない。10坪の事務所にあった荷物がわずか8畳ばかりの部屋に入るはずもないのだ。考えてみれば事務所がそっくりそのまま無くなっても大して支障は無かったのかも知れない。
 夕方、今日も栗原へ出掛けた。気温は少し上がって昨日のようなことはない。それでも風が吹くと冷たかった。
e0092186_2258244.jpg
e0092186_22584210.jpg
e0092186_22591178.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-04-22 22:59 | 明日香 | Comments(0)
栗原
 夕刻、栗原へ出掛けた。檜前の神社の杜が見える田んぼで、寒風と向き合った。この辺り、飛鳥時代には渡来人たちが多く住んでいたところだ。阿智使主(あちのおみ)を祀る神社の杜が夕日の前にシルエットを描いている。足下にはかすかにその色を見せるレンゲの花。吹く風に体を委ねながらレンズを向けた。ファインダー越しに揺らぐ時代のイメージが見え隠れする。それを切り取りたい衝動に駆られシャッターを切った。
e0092186_2236617.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-04-21 22:36 | 明日香 | Comments(2)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism