<   2012年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧
桜とメジロ
 朝から雨だ。裏山の彼岸桜が満開で、メジロが時々やってくる。慣れない鳥を撮影してみたが思うようにいかない。手ぶれ補正の付いた300㎜はF5.6の暗いレンズなので感度を上げていくとD3のマックス1600でやっと撮れるほどの明るさだった。
 家の窓からねらうのだが、メジロは忙しげに枝を渡り、あっという間に去っていく。30分程するとまた別の群れなのか10羽ほど現れすぐに去る。待ち時間ばかりだ。
 レンズを300/2.8+テレコン1.4に変えて撮影するがオートフォーカスではない昔のレンズだ。手持ちがやっとで、鳥の早さについていかない。疲れてすぐにフレームがおじぎをする。そんなこんなで2~3時間かかってしまった。鳥専門の方なら道具もいいだろうし、鳥のこともよく知っていて次の動きを予測することも出来るのだろう。
 明日、午後2時から甘樫丘坐神社で「盟神探湯」が行われる。劇団「時空」が10分ほどの寸劇を行うことになっている。昨年とは少し内容を変えてみた。豊浦の神社に参集あれ。
e0092186_170587.jpg
e0092186_1711274.jpg
e0092186_173191.jpg
e0092186_173594.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2012-03-31 17:04 | 明日香 | Comments(0)
橘寺
 橘寺で「平成円空彫りと南画展」が開かれている。住職から案内をいただき見てきた。円空仏に魅せられた人たちがその精神を学ぼうと削りだした作品群。郡上市の小学生達が彫った千体仏。震災の犠牲者達の鎮魂を願い作られた二千体近い円空仏などが展示されている。案内ハガキには4月4日までとなっていたが、曜日が日曜になっているので8日の間違いかも知れない。
 境内に一本ある薄墨桜がちらほらと咲き出していた。ソメイヨシノは蕾が少し膨らんでいるようだ。
 午後から畑作業をして、夕刻、葛城の峰に落ちていく夕陽を彼岸桜越しに見送った。
昨日の畑からの夕景。
e0092186_21412869.jpg
e0092186_21423386.jpg
e0092186_21432161.jpg
e0092186_21433572.jpg
e0092186_21435571.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2012-03-30 21:45 | 明日香 | Comments(0)
三輪山参拝
 登山の対象としては見ていなかった山の一つ三輪山。その山に登ってきた。
 狭井神社で300円を納めると鈴の着いたたすきを渡される。通行手形のようなものか、それを首に掛けて出発する。飲食はだめで、撮影も御法度。というわけで社務所にあるロッカーにカメラを置いて行った。
 往復2時間ほど掛かるらしい。神社で自らお祓いをして山に入る。山道は良く踏まれており、周囲は杉と樫などの照葉樹、所々にハゼの木のような広葉樹が混じる。歩き始めて程なく沢沿いの雰囲気のある道となる。沢を詰めると滝が現れ、行をするための更衣室なのだろうか建物が建っている。
 木の根が露出する階段状の急坂がつづき、汗が出てくる。すれ違う参拝者はさまざま。その中でも若い女性の姿が意外と多い。昨今パワースポットとかと言って、あちこちに若い子らが詰めかける場所があるそうだが、ここはその原点とも言うべきところかも知れない。
 休憩もせず登り切ったら40分で上れた。山道は一切展望がきかない。従って頂上も頭の上だけが開ける。陽射しが気持ちよく降り注ぐ。汚れ多い身は早々に立ち去るべきと下山する。一気に下りたら30分で狭井神社に着いた。
 ついでにと玄賓庵まで往復して駐車場に戻り、カブにまたがった。疲れた。
 行きしなに撮った明日香の彼岸桜。
e0092186_20595642.jpg
e0092186_2103320.jpg
e0092186_2112374.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2012-03-29 21:03 | 明日香 | Comments(2)
八釣の里夕景
 昨日は夕方になって再度八釣へ向かった。日没間際の逆光のサンシュユを撮っておこうと思った。誰も居なかったので一番いいポジションで撮影していたら、若いカメラマンが現れた。一応思うカットは押さえてあったので場所を変わってあげ、ずらしたアングルで撮影。話しをしているとフリーペーパーのカメラマンだった。若い人には頑張ってもらわなくてはいけない。そのためにも仕事量が減っている業界で老いぼれはさっさと後進に道をゆずっていかなくてはいけないのだ。等と思っていたが、譲るほどの仕事もしていないことに気づいた。
 そういえば奈良の事務所をどうしようか思案中だ。先日も二週間ぶりに行ったが、ハトのヒナが孵り親鳥の足下でうずくまっていた。ベランダでは世代交代が進行中。
 明日香から少し遠いが、25年も通い慣れた事務所を閉めてしまうのはどことなく寂しい感じがしてならない。昨年からずるずるとそんなことを思いながら引きずっている。
 今日、教室で宇和島から来ているKさんに渓流釣りの玉網をいただいた。モミの木で作った手作りの品だ。もう、釣りもしないので使ってくださいとのこと。これでまた渓流に行く口実が出来た。
e0092186_22283551.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2012-03-28 22:29 | 明日香 | Comments(0)
サンシュユ
 明日香はサンシュユが見頃を迎えている。梅、彼岸桜も咲いている。ようやく春らしい景色になってきた。スイセンもそうだが早春の黄色はパッと華やいで気分が浮き立つようだ。
 午前中、山田、高家、八釣と撮影した。山田のサンシュユは訪れるカメラマンが多く、中には注意の散漫な人もいる。通った跡を帰ると足下のスイセンが踏まれて倒れていた。畑とはいえ他人の庭に入らせてもらっているのと同じなのだから、細心の注意をはらうのが当然だ。そっと起こしておいたが、気分が悪い。こういうことは撮影現場にかぎらず、普段何処でも見受けられることだが残念だ。
 花の黄色とはうらはらに気分が落ち込み早々に移動した。陽射しは暖かいがカブで走ると風は冷たかった。
e0092186_21393682.jpg
e0092186_21402092.jpg
e0092186_21405333.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2012-03-27 21:41 | 明日香 | Comments(4)
景観
 朝から明日香村景観委員会があった。わずか数時間では決めかねるような議題を検討した。技術的な専門家や学識経験者らが殆どで、その中に5人の村民が入っている。景観という重大なテーマなので関心があり、建物の屋根形状にもう少し制限を設けてはと日頃思っている意見を言った。例えば方形の家は何処へ行っても景観を悪くしているように思えるからだ。明日香で方形の屋根は如何かと思う。
 ところがその文言を入れることは難しいということになった。規則で縛るには限度がある。形状からいえばお寺には方形の建物がいくらでもある。それはそうなのだが、寺とハウスメーカーの建てる家は比べること自体おかしい。とても主観的なことなので、文言にする場合は難しいのは分かる。
 要はその地域の集落単位で住民らが自主的に規制しあって、明日香にふさわしい景観作りをすすめるのがいいのだろう。そのためには住民らの意識改革が必要だ。これは非常に困難なことで一気に成せることではない。「時空」の活動もこういう思いでやってきたことだ。明日香のすばらしさを認識し、後世に伝えていかねばという意識を持っていただく。この重くて難儀な思いが少しでも村民に浸透し伝わっていくことを願って続けるしかない。
 裏山の彼岸桜が咲いた。奥明日香では雪景色だったそうだ。寒い。
e0092186_16342594.jpg
e0092186_1635334.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2012-03-26 16:35 | 明日香 | Comments(0)
明日香・春のスケッチ
 昨日の雨が上がり、朝から冷えた。風は強く冷たい。畑にいると鼻水が出てきそうになる。ツクシ採りの人があちこちにいる。食べたいが袴を取るのがめんどうで、つい敬遠してしまう。あんなに沢山採ってどうするんだろうと思ってしまう人もいる。
 桜を植えてある畑にも人が来る。別にどうこう言う気はないが、ゴミを置いていく人もいる。所々に植えたフキを踏んでいく。フキノトウを採ってしまう。自由に入ってもらうには植え込みの周囲にひもを張るなり、何か分かるようにせねばならないのだろうが、めんどうなので入り口に立て札を立てることにする。
 彼岸桜がピンクの花を咲かせ始めた。数年前に家の庭に生えてきたのを植え替えたもの。6年前に植えたソメイヨシノはまだ蕾が堅そうだ。
 壬生菜の長けた菜の花を摘んで和え物に。セリとノビルも摘んだ。去年植えたワサビが一株だけ生き残った。白い花を咲かせている。株を増やしてくれれば花のお浸しが食べられるが数年先になるだろう。
 足元を見るとジャノヒゲの実がなっていた。コバルトブルーの実は子供の頃に竹鉄砲の玉として使った。久しぶりに見た。
 オオイヌノフグリの草むらにテントウムシが居た。カメラを向けるとじわじわと逃げていく。強風で思うように撮れなかった。
e0092186_1614518.jpg
e0092186_162446.jpg
e0092186_1623045.jpg
e0092186_162523.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2012-03-25 16:04 | 明日香 | Comments(0)
春雨
 雨の風景をと出掛けたが、明日香から出ることが出来ずに明日香で終わってしまった。撮影は早いほうなのだが、案外時間が掛かった。雨は鬱陶しいが表情を刻一刻と変えていくので、つい切り上げるタイミングを逸してしまう。
 まだもう少し後になれば咲きそろうのだろう関大宿泊所の梅。対面の山にガスが掛かり寂しい花の風景を盛り上げてくれた。
 阪田の梅を見て八釣へ移動し、咲き始めたサンシュユを撮影した。
吉野か葛城に向かう予定だったのだが、行けなかった。
e0092186_2134134.jpg
e0092186_21342730.jpg
e0092186_21352759.jpg
e0092186_21362191.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2012-03-23 21:37 | 明日香 | Comments(0)
菜の花
 先代のミーの夢を見た。今のミーのところへ顔に勲章のような傷を付けて現れた。汚れているし洗ってやらないといけないなと思っていたら消えてしまった。
 先代は今のミーと違い自由にさせていたので、毎日出掛けては顔にひっかき傷を付けて帰ってきた。2階のベランダのサッシをドンドンとたたいて真夜中に帰ってきた。だみ声で、呼べば必ず返事をした。顔がでかく真っ黒ではない黒が熊のようだった。犬のように玄関を開けると必ず待っていた。
 今のミーはこちらの都合で家猫になった。外には出してもらえない。窓から眺めるだけだ。布団を干していていつのまにやら脱走したことがあるが、敷地内に居た。案外遠くに行くことは出来ないのだろう。自由になってみたもののさてどうしたものかと戸惑うのだと思う。
 すっかり家族の一員となった二代目のミー。連れ合いに声を掛けることがなくてもミーには何かと話しかける毎日だ。
 稲渕の関大の梅はまだもう少し先。石舞台の菜の花が咲き出した。バイクで走っても、寒さは少しましになったかな。
e0092186_2142733.jpg
e0092186_21422930.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2012-03-22 21:44 | 明日香 | Comments(0)
気分転換
 昨日は地区の「道つくり」で奉仕作業をした。道に張り出した桜の枝を伐り、道路から捨てられたゴミの山を片付けた。大きな袋に十数杯のゴミは、ビール、飲料水の缶、ペットボトル、酒のビン、そして弁当のカラ。その中に家庭ゴミが多く混じっていた。カラシだけ残した納豆の入れ物、カップ麺の容器、洗剤の容器等々。こういうゴミは同じ人間が繰り返し捨てているようだ。大きな物はブラウン管テレビ。車の用品。道路から遙か下の斜面に広がっている。どうせなら道の横に置いておけよ、と言いたくなる。
 人はどうしようもなく愚かで哀れなものなんだなと、毎回思う。こういったゴミ投棄すら無くならない。一週間もすれば元通りのゴミ捨て場に復元される道路端。
 今日は気分転換。柿の木を剪定した。ジャガイモも少し植えた。まだ冷たい風の中、白梅が家の近くで咲いている。部屋の中の彼岸桜も咲いた。
e0092186_1959116.jpg
e0092186_19591925.jpg
e0092186_1959412.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2012-03-21 20:01 | 明日香 | Comments(0)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism