<   2011年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧
葛城山
 葛城山に登ってきた。いつぞやツツジの時に行ったきり数年登っていない。天気は良さそうだったのでカブで水越峠まで行った。雪もなく、車が何台も駐まっているので人が多いのかと思ったら、殆ど金剛山へ行く人たちだ。
 5分程行くと階段が現れ、急登がつづく。このルートは過去に2度ばかり上っているが確かにきつい登りだ。あえぎながら、振り返ると金剛山の頂上部分は霧氷が付いている。葛城山は付いていない。標高差が見て取れる光景だ。
 峠から1時間で奈良県側が開けたビュースポットに出た。正面に明日香方面、左は大和三山から若草山まで、右は樹氷らしい白い高見山が鋭角に突き出ている。
 足下に少し雪があるものの寂しい山道を上り詰め、10分で山頂へ。頂上付近は雪も少なく人影も数人だ。日差しに足下の雪が溶け、ずるずるとぬかるむところも。撮影する所もなく早々に山頂を後にした。
 最初のビュースポットまで戻りおにぎりの早い昼食をとりおえると、二人の若い登山者。山ガールならぬ山ボーイ?登場。と思いきや息子とその友人だった。実は今日登ると言っていたので、こちらもその気になっての山行だった。別れを告げ一気に峠まで下った。
e0092186_2038411.jpg
e0092186_20382469.jpg
e0092186_20384987.jpg
e0092186_20391889.jpg
e0092186_20394139.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-12-30 20:33 | 葛城 | Comments(2)
門松
 近鉄文化サロンの教室が昨日あった。年末のため欠席もあったが、毎回お昼を共にするカフェは空いていてゆっくりと3月に行う写真展の打ち合わせをした。慌ただしい年の瀬にこんな風にのんびりとしている人も少ないだろう。
 そして今日は門松作り。家の松は昨年のリフォームの時伐ってしまったので無い。毎年枝を伐ってもまた出てくるのでよかったのだが…、で、山に取りに行った。山といっても持ち主が居るわけで無断で取るわけにはいかないが、村の人がもらえる場所を教えてくれた。あまりいい松ではないが贅沢は言えず、ことだま用と二つ作った。玄関に立てると何となく正月が来る気分になる。
 昨日、早めに行って大極殿でも撮影しようかとうろうろしたが、足下をしっかりとしていなかったため思うところに行けなかった。
e0092186_19153744.jpg
e0092186_19163065.jpg
e0092186_1917171.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-12-29 19:17 | 明日香 | Comments(0)
落日、新たなスタート
 飛鳥アートプロジェクト2011が終了した。時空と大化塾で担当した川原寺跡の展示を昨日片付けた。舞台で使った船は一ヶ月間の役目を終え、トラック2杯の半端な角材とベニヤ板に姿を変えた。丸一日掛かった。作り上げた日数を思えばあっという間だ。
 やっと終わった。いつもなら公演翌日に片付けてしまうのだが、終わったという実感が疲労感と共に体を覆った。疲れた。来年に向けて新たなスタートだ。
 年末の支払いなど済ませ明日香に帰ると雷で落日を迎えた。
e0092186_22483739.jpg
e0092186_22485739.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-12-27 22:50 | 明日香 | Comments(0)
雪の談山神社
 朝起きると雪が降っていた。これはスタッドレスに履き替えていてよかったと家を出る。稲渕に行くとうっすらと粉を撒いたようだ。思ったほど積もっていない。栢森へ向かうと柿の木に雪が付いていた。撮影しているとgosejiさんが軽トラで現れた。用事で明日香に来たとのこと。勧請縄を撮影し、集落を撮影して談山神社へ向かった。道路は橋の上だけが白く雪が残っている。気温-1度。
 神社の屋根に薄く雪が残り、木々には全く付いていない。撮影していると一人カメラマンが現れたが、お互い知り合いだと気づくまでに少し時間が掛かった。何せ二人ともニット帽をかぶり冬装束だからイメージが違ったのだ。ratoさんだった。室生寺へ行ってきたとのこと。これから吉野へ行くと先に帰られた。
 帰りに細川から見ると雪は南の方がよく降っているようで、葛城山麓には見えないが金剛山麓は白くなっていた。
e0092186_19403764.jpg
e0092186_19411898.jpg
e0092186_1941376.jpg
e0092186_19422166.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-12-25 19:43 | 明日香 | Comments(0)
時空の納会
 昨日、時空の納会をした。就職のため東京へ行ったFは帰ってこなかった。それでも16名が集った。一品持ち寄りにハムを作った。まずまず美味しいものが出来た。手間が掛かるので余計にそう思うのかも知れないが。
 テーブルには、おでん、中華ちまき、焼きそばなど等手作りの品が並んだ。皆よくやった。ホテルでの公演には何度かトラブルもあったが、皆の努力で乗り切った。
 来年の演し物を決めなければならなかったが、断言できずに猶予をもらった。飛鳥時代の主な人物はほぼ出そろった。新たにスポットを当てるとすればどの辺りがいいか迷うところだ。だが今年の台本の遅さに皆危機感を持ったようで、来年は春までに大まかな形を示してくれという。気合いを入れなければならない。
 プレゼント交換でもらったスタバのカップにコーヒーを入れてもらおうとアルルに行った。モンベルでアイゼンを買った。大昔の8本爪はサイズ調節が出来ないので靴が変わると使えないし、4本つめは今年の高見山でも少し不安があったので、10本爪のを買ってきた。雪が積もれば明神平にも行ってみようと、気持ちだけはある。いや、気持ちが萎えないように買ったのかもしれない。
 先日の白河。
e0092186_2344154.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-12-24 23:07 | 日々 | Comments(2)
巻向山
 ミーと一緒に寝過ごしてしまった。ネコの爪は切ることが出来るけれど歯はどうすることも出来ない。ミーがじゃれて噛むとき本人はじゃれているつもりだろうが、手に刺さるときがある。痛いと思ったら切れている。歯にヤスリをかけてやろうかとも思うがそれはあんまりだ。だが、本当に刺さる程の鋭利さだ。夕べの傷が治っていない。
 昼前にカブで出かけた。磐余池の発掘現場を見て池の規模をイメージした。現場の畑の持ち主だというお婆さんが近くでエンドウの手を作っていた。この地区も風致地区でアパートも建てられないと嘆いていた。
 その後長谷方面へ。脇本、黒崎、出雲と旧道を辿り白河に至る。白河は集落の神社で以前、新日本風土記の収録につきあったことがある。
 集落奥から笠に通じる林道を詰めたが高山神社という小さな池の前に祀られた祠からチェーンが掛かっており進入出来ない。紛らわしいが通じていないのだ。バイクを置いて歩く。20分程で巻向山の山頂に着いた。夕日が沈む頃だったので三脚も担いできたが、展望はきかなかった。
e0092186_22111015.jpg
e0092186_221124100.jpg
e0092186_22115024.jpg
e0092186_22124852.jpg
e0092186_2213732.jpg
e0092186_22131970.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-12-21 22:13 | 山辺 | Comments(0)
片付け
 朝起きて星が出ているか見ようと思ったら雨が降り出した。これほど寒いのに雨か、と撮影は諦めまた布団の中へ。車のタイヤもスタッドレスに替えたし、雪になってもいいのだが、カブでも走りたい。
 明るくなると雨は止んだが撮影には出ず、家に隣接する竹藪の整理をした。倒れた竹がひさしや屋根に掛かっている。10本程伐って枝を払い片付けた。面倒でも先っぽまで枝を払わないとかさばって片付かない。これが結構大仕事なのだ。地主は片付けないのでこちらがするしかない。迷惑なことだ。立場が逆になれば放っておくことは出来ないが…、ひとそれぞれなのか。
 母がショートで今週は帰らない。連れ合いは愛知の実家へ。一人暮らしの母がいる。今のところ生活は出来ているようだが、もういい歳だ。いつ介護が必要となるかも分からない。
 というわけでミーと二人きりだ。夕方、窓に夕日が差し込んだ。
e0092186_21373866.jpg
e0092186_21375318.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-12-20 21:39 | 日々 | Comments(0)
権力と腐敗
 北朝鮮の金正日総書記が亡くなった。これで社会体制が急激に変わってくれることを誰もが望むだろうが、果たしてどうだろう。そんなに甘くはないだろう。
 先月のことになるが、ある食事の席で教育の話になり学者のA氏が「戦前の日本の社会は事象から見れば今の北朝鮮の体制と何ら変わらないものであった」と話された。志を持った青年が天皇陛下のために命を捧げるというどうにもならない命題と折り合いを付けて生きなければならない。自らの内なるものをねじ伏せ国家主義の中で生き延びる苦悩を振り返って吐露された。米寿を迎えようとする先人の重い言葉であった。
 すぐさま「先生それは違います」と反論する者が居た。日本には天皇家の歴史が…と。しかしA氏は即座に「朝鮮に歴史は無いとおっしゃいますか」と返された。今の北朝鮮は社会主義国ではない。金家を頂点としそれにぶら下がる側近たちが牛耳る独裁国家だろう。 権力を持つと腐敗が起こり、先が見えなくなる。人はいつでも振り返り、来し方を見つめ直しながら進んでいかなければならないのに、こんな風になることもあるのだ。それが人間というものなのだろうか。
 ニュースを見てA氏の重い言葉を思い起こした。
e0092186_2044174.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-12-19 20:43 | Comments(4)
ミーのお家
 ミーのお家。箱や袋に入りたがるのでキャットハウスを買ってもらったミーはご機嫌、なのかどうか、夜はやはり布団の上や中に入ってきて寝る。アザラシの白ちゃんをルームメイトに推薦したが、気に入った様子もなく枕代わりにしている。
 母は少し持ち直したのか顔の表情が穏やかになった。熱が出てデイから返されたり、医者も覚悟はしておいたほうがいいような口ぶりだったが、数日前から変わった様子もなく回復したようだ。それでも殆ど眠っていて、もう旅立つ準備を始めているのかも知れない。急激に下がった気温。誰もが気をつけないと体調をくずしかねない。
e0092186_013926.jpg
e0092186_0135871.jpg
e0092186_0141247.jpg
e0092186_0142424.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-12-19 00:15 | 日々 | Comments(0)
写真家達によるチャリティー写真展
 今日まで東京のフジフィルムフォトサロンで「写真家達によるチャリティー写真展」が開かれている。1点1万円で販売。218名の写真家が作品を提供している。
 今年も2点出品しているが、毎年売れ残りが多く、これも時代を映し出しているようだ。東京で行うものだからうっかりしていたら最終日になってしまった。今年は風景ではなく、モノトーンの花の写真を出した。
 2日間教室と忘年会が続いたので撮影はしていない。昨日はおん祭りだったのに残念だ。
 先日稲渕で。
e0092186_9381088.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-12-18 09:38 | Comments(0)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism