<   2011年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧
アントニーとクレオパトラ
 蜷川幸夫の「アントニーとクレオパトラ」を見てきた。休憩を挟み正味3時間の舞台。衣装といい、舞台の大道具といい、まあクオリティの差は時空とは比べられる物ではないが、素晴らしかった。ただ、蜷川作品の今まで観た内ではオーソドックス過ぎて物足らなかった。舞台のことに精通しているわけでもなければ、演劇というものをまだどれほども分かっていない者がとやかく言うことではないかも知れないが、期待はずれだった。ラストはもっと驚かせるようなことを企んでいるのかしらと最後まで期待感はあったのだが、見事はぐらかされた。
 帰りの電車の窓。日よけ用のチェック柄のスクリーンを透かして、ビルの谷間から見え隠れする夕日がしばらく付いてきた。秋の夕日はビルの壁を紅く照らしている。いや、紅ではない。陽がまさに今沈もうとするその輝きを照らすビルの窓。唐突に「照柿」という文字が頭に浮かんだ。ずいぶん以前に読んだことがある高村薫の小説のタイトルだ。この色と目で追っていたら、いつの間にかビルは三角屋根の住宅地と変わり日差しは消えていた。
 久しぶりの電車に見えた光景は妙に新鮮だった。時々は電車に揺られるのも悪くない。 撮影していない。先日の上ッ道でのスナップ。
e0092186_23374799.jpg
e0092186_2338794.jpg
e0092186_23382069.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-10-31 23:38 | 日々 | Comments(2)
モノクロ処理
 撮影はしていないけれど、いわゆる暗室作業のように後処理が不可欠なデジタル写真はすることが多い。どうしてもフィルムより多くシャッターを切る。後で不要なカットを削除していく。それでも残るカットは相当ある。
 モノクロ写真のように現像で作品を作っていくという作業がある。それはおもしろくもあり鬱陶しくもある。酢酸の臭いはしないが、パソコン画面とにらめっこしながらの作業は目が疲れる。そういえばずいぶん目が悪くなった。いや目だけではあるまいという声が聞こえてきそうだ。
 大山周辺の写真。
e0092186_23552010.jpg
e0092186_23553641.jpg
e0092186_23554660.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-10-30 23:55 | 撮影会 | Comments(0)
山辺の道
 事務所に行く途中、山辺の道を通ってみた。土曜日ということもあって人が結構歩いている。中山町から永久寺跡まで遠慮しながらカブで走った。途中、秋桜あり柿有り、秋の模様を拾ってきた。
 帰りには奈良から上つ道を辿って帰ったが、こんなものでいいのかと迷う所もあった。それにしても知らない町並みがあった。次回はゆっくりと走ってみたいと思った。
e0092186_2364173.jpg
e0092186_2373096.jpg
e0092186_2375497.jpg
  
[PR]
by asuka-ji | 2011-10-29 23:08 | 山辺 | Comments(0)
大山
 大山へ行ってきた。もう十年ぶりぐらいだろうか。撮影会で行ったきり足が向いていなかった。生駒のグループの撮影会で、天候に恵まれてまずまずの撮影行になった。お決まりの鍵掛峠からの展望、御机の田舎風景などを撮影した。宿泊は奥大山の休暇村。標高900㍍程の高原だ。夜は星空の撮影を楽しんでもらった。
 大山は山が見えないと寂しい。稜線が雲に隠れてしまうと被写体が限られる。紅葉はもう少し後の方が良かったかも知れない。ブナのトンネルをくぐるスカイラインは、車を駐めようと思うほど色が付いていなかった。大山寺周辺はそれなりに見頃となっていたが、やはり一週間後ぐらいがいいだろう。
e0092186_9425747.jpg
e0092186_9432654.jpg
e0092186_9434895.jpg
e0092186_9442943.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-10-29 09:45 | 撮影会 | Comments(0)
つまらぬ人間
 つまらぬ人間がいるものだ。先日畑に行こうと農免道路からバイクで曲がろうとしたら入り口のU字溝が口を開けていた。なんと蓋のグレーチングが無い。もしやと近くの農道を見てみたらあちこちで無くなっていた。誰かが持ち去ったようだ。以前にも盗まれたことがある。昨年だったか、鉄板が盗まれた。今回はグレーチングの端っこにある鉄板はそのままだった。
 家の上に出来た農免道路は人家のない所を走っている。ゴミは捨てられるし、環境には良くない。畑に繋がる所ばかり盗られていて、集落に入る所は盗っていない。少しは気が引けたのだろうか。それにしてもつまらぬ奴だ。ミカンの収穫がもうじきに始まる。軽トラを入れることが出来ないので早急に手だてをしなければ皆困るだろう。道路は村道だ。村の少ない予算を使うことになる。
 gose-jiさんが鎌池の写真をさらにリクエストしていたが、そんなに見せるものはない。少しだけアップしておこう。
e0092186_2140131.jpg
e0092186_21405238.jpg
e0092186_2141211.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-10-25 21:41 | 日々 | Comments(3)
法起寺の秋桜
 使わなくなって倉庫に眠っていた暗室用品を高校の写真部にもらっていただいた。昨年、桜井高校の写真部の皆さんが時空の活動など撮影させて欲しいと声掛けいただき、時々顧問の先生を見かけるようになった。今年のイベントの後、眠っている引き伸ばし機の話をしたら是非欲しいとのこと。使ってくれる人がいるならと先日学校へ持って行った。校長先生ともお会いして喜んでいただいた。早速その引き伸ばし機でプリントをしたとメールが送られてきた。道具は使われてこそ生きる。高校生が使ってくれるという喜びをいただいた。
 今日は法起寺へ行った。3時頃から日没まで。コスモスは盛りを過ぎているがまだ楽しめる。夕方になると人がどんどん増えてくる。地元の監視員が出ていて、その一人が大声を上げていた。自転車が道に置いてあるらしく皆帰れと言っていた。もう行くことはないだろう。何処にでもこういう人はいる。
e0092186_22192077.jpg
e0092186_22201658.jpg
e0092186_22211681.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-10-24 22:21 | 日々 | Comments(0)
紅葉の鎌池
 小谷村。何十年も前、まだ二十歳にもなっていなかったと思うのだがその地名をドラマの中で聞いた。どういう訳か「おたり」は哀愁を帯びた響きで記憶の中に焼き付いた。ドラマの中で語られるシチュエーションが影響したのだろうが、どういうところかも知らずにいた。
 以後、何度か訪れている小谷村。今回の撮影でも雨飾高原の鎌池へ行った。昨年は小雨模様でガスっていたのだが、今回は晴れた。小谷温泉辺りから紅葉が見頃で、池に着くと駐車場は満杯だった。標高1200㍍程の高さにある池を、撮影しながら2時間近くかけて一周した。
e0092186_22354265.jpg
e0092186_22334100.jpg
e0092186_22334251.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-10-23 22:36 | 信州 | Comments(1)
白馬村
 信州へ行ってきた。春以来の白馬村、小谷村を撮影してきた。毎年の少人数の撮影会。去年の秋、今年の春も白馬だった。何処にするか迷ったが、もう一度同じ所にした。いつ行ってもその都度表情を変えて迎えてくれるから楽しい。
 初日は白馬大橋で夜明けを撮影した。気温は氷点下に近かった。前日の奈良の暑さからは考えられない寒さだった。アルプスは冠雪していなかったが、朝日を受けて一瞬紅く染まった。山の風景は何度見てもいい。
 大出の吊り橋、青鬼の集落とお決まりのポイントも秋色に染まりつつあった。
e0092186_19281879.jpg
e0092186_19283659.jpg
e0092186_1929355.jpg
e0092186_19294819.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-10-22 19:30 | 信州 | Comments(2)
藤原京秋桜
 今日は東京の奈良まほろば館で展示している写真展の最終日だ。多くの方に見ていただいた。知り合いも見てきたと連絡をくれた。東京での飛鳥は文字のイメージと語感が人に訴えかけるようで、関心も高い。どんどん中央でも飛鳥の情報を発信していかねばならないのだろう。
 朝4時過ぎに起きたら星が出ていた。これはいい夜明けが見られるだろうと藤原京に出かけたが、黒い雲が広がり黎明時の空はよくなかった。諦めて帰る人もいたが日が差すまで粘ってみようと我慢していたら雲間から日が差し、まずまずの日の出となった。コスモスは満開で、ちょうどいい。和尚さんや顔見知りの方がいて、撮影を終えてからしばらく情報交換をした。
 夜は奈良の旅館で愛知県の小学生を対象に「大化改新」を上演。くたくたになった。
e0092186_23292777.jpg
e0092186_2329376.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-10-18 23:30 | 明日香 | Comments(0)
稲刈り
 うっかりしていた。稲渕の棚田へ行くと棚田オーナーの田んぼは稲刈りが終わっていた。昨日行われたようだ。村内あちこちで稲刈りが行われている。コンバインに曲がった煙突のようなパイプの付いた大型コンバインも増えた。刈り取った籾は、袋を使わず巨大な漏斗を荷台に付けた車にコンバインから直接移す。機械にばかり金が掛かるとおばさんがこぼしていた。
 稲渕ではコンバインの入らない田んぼも多く、バインダーで刈ってハザ掛けにしている。この方が景色がいい。一月程棚田を飾ってくれる。
e0092186_21381663.jpg
e0092186_21432893.jpg
e0092186_21383846.jpg
e0092186_21385759.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-10-17 21:43 | 明日香 | Comments(0)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
お気に入りブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism