<   2011年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧
梅の残る吉野
 今日もバイクでうろうろ。下市から西吉野まで走った。風は冷たく、バイク日より?だ。才谷辺りのケイオウサクラは咲いていない。木蓮に至ってはまだ小さな蕾とも言い難いものだ。広橋の枝垂れ桜を下見にと思ったが、まだ梅が残っていた。これでは桜は咲くまい。少し紅くなっているが後10日程か、新住の枝垂れもまだまだ。西吉野へ向かい、唐戸、川岸とサンシュユはかろうじて咲いているが、ケイオウサクラがまだ開いてない。何と言うことだ、桜が咲く頃にはサンシュユは終わっているのではなかろうか。
 そして賀名生の皇居にある枝垂れ桜、3部咲きといったところ。梅林はまだ少し梅の名残あり、道路の幟すべて撤去してありそれなりに梅林の雰囲気があった。
 さてさて皆、来週のお楽しみといったところか。
e0092186_196345.jpg
e0092186_1964942.jpg
e0092186_1971133.jpg
e0092186_1973651.jpg
e0092186_1975483.jpg
e0092186_19953100.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-03-31 19:10 | 吉野 | Comments(0)
氷室神社と明日香
 日が差しても気温が上がらない。久しぶりに事務所へバイクで出かけたが寒かった。風が強く冷たい。氷室神社の枝垂れ桜がやっと五分咲き。山の枝垂れはまだ先になるのだろうか、そろそろ出かけなければと思う。
 石舞台上の紅梅が見頃になっている。夕刻、家の近くでつくしを撮った。そろそろ明日香もいい感じになってきた。
e0092186_23155882.jpg
e0092186_23163757.jpg
e0092186_2317045.jpg
e0092186_23171718.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-03-30 23:17 | 明日香 | Comments(0)
石舞台
 新郎の父という立場上あまり撮影も出来なかった息子の結婚式。それでも回りに何らかの期待を持たれている気がして、少しは撮った。プリントするのも面倒になりアスカネットの写真集にすることにした。
 先日教室のメンバーが作られたのをいただいている。プリント屋さんが作っているフォトブックとは少しクオリティーが違う。当然その分価格は上がるがレイアウトも自在に出来、自分で写真集を作るという雰囲気がある。作ってみると、あれも撮ればよかったこれもと思うことしきり。やはりカメラマンであることを自覚した。一週間ほどで仕上がってくるようだが、楽しみである。
 夕刻石舞台へ出かけたらSさんにお会いした。帰ってからいただいた写真集を改めて眺めた。情感あふれるSさんの大和路があった。
 石舞台の紅梅、稲渕の彼岸桜が咲き出した。
e0092186_18463311.jpg
e0092186_18465077.jpg
e0092186_18471758.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-03-29 18:50 | 明日香 | Comments(2)
沖縄
 沖縄に行ってきた。下の息子が結婚式を挙げるというので数十年ぶりの沖縄だ。寒波は本土だけに止まらず南の島も寒かった。長袖に上着が必要という意外な寒さにふるえた。被災地は大変な状況なのに、何だか申し訳ない気もするがそれはそれでいいことだと祝ってやった。
 万座ビーチの岬に立つチャペルで、身内だけのこぢんまりとした式。若い二人が段取りをした気持ちのいい式と食事会だった。セレモニーのスケジュールに沿ったものではなく、20名程で和気藹々とした宴は二人を祝うにふさわしいゆったりとしたものだった。
 当日の朝、夜明け前に空が少し焼けた。朝日が昇るとチャペルの窓を照らして輝いた。
e0092186_13514857.jpg
e0092186_1352535.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-03-28 13:54 | 日々 | Comments(0)
紅梅
 紅梅が見頃になってきた。稲渕、尾曽等、明日香のあちこちで冷たい風の中に咲いている。日差しがあっても気温は低く、撮影中に首をすくめてしまうほどだ。男綱の下のシデコブシが咲き出した。菜の花の黄色や梅のピンクはどことなく気持ちがうきうきしてくる。春がやって来たなと実感する。
 明日から3日間出かけるので明日香の花たちともしばしの別れだ。
e0092186_212208.jpg
e0092186_2124334.jpg
e0092186_213479.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-03-24 21:03 | 明日香 | Comments(0)
サクラ
 ウグイスが鳴く。いつものように姿を見せてくれない。窓の外に現れるのはメジロとヒヨだ。数日前に入れておいた桜が花盛りだ。ブルーの小瓶は高橋直樹氏の作品。少し傾いた口はおどけたようなおもしろさがある。ピンクの花は日毎に色あせ白くなる。
 雨が止むのを待って畑に出た。桜が一本枯れている。イノシシが根を掘り起こしたからだろうか。苗木の周囲も柵をしなければならないみたいだ。放置したままの壬生菜の花を摘んだ。冬に埋めておいた大根を掘り起こし、甘草の芽を摘んできた。
 食卓に菜の花の和え物、甘草の芥子マヨネーズ和えが並ぶ。春はこういった野の恵みに支えられて我が家の食卓がある。
e0092186_21565888.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-03-21 21:59 | 日々 | Comments(2)
彼岸桜
 集落の彼岸の奉仕で側溝掃除や不法投棄のゴミを回収した。トラック2台分のゴミが集まった。農免道路沿いの崖下に山のようなゴミがあった。明らかに生活ゴミと思われるものばかりで、こいつは納豆に芥子を使わない奴だとか来来亭のカップ麺を好む等うかがうことが出来る。芥子が残ったままの納豆の容器が20個ほどあった。マイルドセブンを吸っとるとか、これは若い独身の子やとおばちゃん達が推理する。ゴミはいたちごっこのようだが、いつもきれいにしていくしかない。捨てられれば片付けるのが一番だ。放っておくとすぐ山になる。
 気温が上がり裏の桜が咲き出した。下草を刈り見通し良くしたので今年はいい花見が出来る。正確な名前は分からない。コヒガンサクラかケイオウザクラか、毎年彼岸頃に咲く。昨年に比べるとかなり遅れている。ソメイヨシノも遅れるだろう。4月2日に石舞台古墳で夜桜公演をするのだが、さて桜は咲くのだろうか。
e0092186_22214067.jpg
e0092186_22215218.jpg
e0092186_22222974.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-03-20 22:24 | 明日香 | Comments(0)
野の恵み
 昨日も雪が舞った。春の冷え込みは被災地では身にしみることだろう。ぬくぬくと美味しいものを食べゆっくりと床につく。同じ国に住みながら何と言うことだろう。少しは今の生活をふりかえり見つめ直さなければいけない。それは必要なものだろうか、なければ本当に困るだろうか…、飽食の時代を考えてみてはどうだろう。
 朝から野の恵みを採ってきた。ツクシ、フキノトウ、セリ、ノビル。美味しいものを夕餉に申し訳なく思いながらいただいた。
e0092186_19322030.jpg
e0092186_19324154.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-03-18 19:33 | 明日香 | Comments(0)
壁塗り
 4月3日に予定されていた神武祭のパレードに参加依頼があった。昨年に続き「時空」にも出てくれということだった。その日は盟神探湯に寸劇を依頼されており、重なるため何とかパレードにも人を出せるようメンバーに無理を言っていたのだが、突然パレード中止の連絡が入った。大地震のため自粛ということらしい。パレードは中止でも全くかまわないのだが、これからもこういった自粛という言葉を耳にすることが増えると思う。
 テレビ、新聞の伝える報道を見れば居たたまれなく涙するばかりだが、日常は繰り返されるわけで、馬鹿なことも言い合い有り余る食物を口にしているわけで、こんなことでいいのだろうかと思う反面、目の前のことにかかわり日々が過ぎていく。
 申し訳ないことだが、自宅の素人リフォームも壁塗りが4日目となりずいぶん進んだ。腕が動かなくなり首が痛くなって、もう限界かと思うほど疲れてしまう。
e0092186_22223156.jpg
e0092186_22224750.jpg
e0092186_22231073.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-03-15 22:23 | 日々 | Comments(0)
野焼き
 テレビが報じる悲惨な災害に思わず涙してしまう。繰り返し人々に与えられる試練は重く理不尽だ。想像を絶する自然界の力の凄さを見せつけられた。力なくただただ立ちつくすばかりだ。どんなことも受け入れるしかないことは理解していても、いや実は理解なんぞしていないのかも知れないが、しっかりと受け止めなければならないのだろう。
 昨日、関電関係から節電の協力メールが「時空」に流れた。まず出来ることから協力しなければ、ずっと以前から節電はしているのだがさらにしなければと思った。
 重い気持ちばかりでいるわけにもいかず、奉仕作業の後に桜を植えてある畑の野焼きをした。先日撮影したフキノトウも再度撮影。
e0092186_2325674.jpg
e0092186_23252164.jpg
e0092186_23261335.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2011-03-13 23:27 | 明日香 | Comments(0)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism