<   2010年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
高取城趾
 早起きが出来ず、陽が高くなってから出かけた。といっても夜明けが遅い時期なので8時過ぎでも斜光が差して夏とはえらい違いだ。今日は冷え込み、走り出した車の外気温は2度だった。城祭りが先週終わったので高取城趾へ行った。林道終点から息を切らしながら登ると誰もいない。ハイキングの方でもいるかと思ったが一人きりだった。紅葉は落ちているものあり、まだ紅葉しきれない物あり、まずまずこんなものだろうか。頂上からは形のいい高見山のとんがりが遠くに見えていた。静かな城跡を満喫させてもらった。
 1時間ほど撮影していたらハイカーが現れ三脚を担いだカメラマンも上がってきた。顔見知りの方もいた。雨模様ならまだまだ撮影できそうだ。
e0092186_1821646.jpg
e0092186_1823729.jpg
e0092186_18232894.jpg
e0092186_18234293.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-11-30 18:24 | 明日香 | Comments(0)
中尾山古墳
 高松塚公園の中尾山古墳が紅葉に彩られている。コナラやクヌギが黄褐色となり飛鳥は秋色に染まっている。毎年11月下旬から12月上旬にかけて斜光に浮かび上がる木々が、一年の終わりを告げるかのように輝くのだ。
 ゆっくりと撮影に専念したいのだがそうもいかず、今日は石舞台公園の風舞台で「大化改新」を演じた。旅行社のツアーに組み込まれたもので、ウオーキングの後「時空」の芝居を観劇し、その後また違う場所で物作りの体験をするというもの。今週は2件続いたので少し大変だった。ボランティア活動の限界のようなことも考えさせられる。自分だけならどうということはないのだが、メンバーを揃えるのは結構難しい。
 ともあれ、喜んでもらえたので由としよう。
 中尾山古墳と檜隈寺跡、この柿の木は何度か撮らせてもらった。
e0092186_20473980.jpg
e0092186_20475754.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-11-27 20:49 | 劇団時空 | Comments(0)
写真展
 奈良県美術人協会の写真展がイトーヨーカドー奈良店5階の奈良市美術館で始まった。
朝から搬入。飾り付けも途中で近鉄文化サロンの教室へ。昼に終わってから会場に戻ると他の会員が仕上げてくれて終わっていた。全紙7点、全倍2点を出品している。
 他の教室のメンバーなどが来てくれ、応対していると夕方になった。夜は奈良のホテルで「時空」の公演。今日は愛知県の小学校。100名程の生徒の前で「大化改新」を上演した。片付けて帰ると11時。あわただしい一日だった。
 写真展は朝10時から午後5時まで。期間は28日(日)まで。
e0092186_02356.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-11-25 00:02 | 日々 | Comments(2)
竜鎮渓谷
 昨日の撮影会。遅い昼食を摂ってから竜鎮渓谷へ移動。渓を少し入ったところでいきなり山鳥が飛び立った。秋の山に溶けそうなそれでいて鮮やかな姿態を空にすかして頭上を飛び去った。その尾の見事さは歌に詠われるのもさにあらん。驚き感動した。久しぶりの出会いだった。
 竜鎮社の渓へ降りると、一枚岩は落ち葉がへばり付いていい被写体なのだが滑りやすい。暗い渓での撮影は20秒露光など長時間開けねばならず、時間がかかり気を遣う。小雨が次第に雨粒を増やしていった。本降りとなった室生ダムは雨に煙っていた。
e0092186_8243367.jpg
e0092186_825566.jpg
e0092186_825445.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-11-23 08:26 | 撮影会 | Comments(0)
鳥見山
 撮影会になると雨になる。昨日まで天気が良くて、明日もいいと予報はいっているが今日だけ雨。まあ、雨もまた良しと鳥見山に行った。冷え込みはなかったがさすがに少し高いと寒い。小雨で榛原の町が霧の中。鳥見山の新道を上がると展望所があった。夜明けにもいいだろうと思われる場所だ。紅葉はまずまず、ドウダンツツジが真っ赤になっている木もあった。霧は出ないが濡れてしっとりとした落ち葉など被写体はよかった。展望台からは雲の上に浮かぶ松山城跡が見えた。
e0092186_23422125.jpg
e0092186_23424257.jpg
e0092186_23431859.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-11-22 23:45 | 撮影会 | Comments(0)
ミーの脱走
 ミーが脱走した。一昨日のこと、夕方になってミーがいないと連れあいが言う。いつもの天井近くのお気に入りの場所にいない。他の何処を見てもおらず、これはひょっとして仮設の台所の隙間から出て行ったかと近所を探したがいない。以前玄関から出たときもすぐそばに居て遠くに行くことはなかった。家猫だから世間知らずだ。すると納屋で鳴き声がした。見つかった。体に土間の臭いがしみている。何処かでごろごろしたのだろう。体を拭くと真っ茶色になった。
 2歳を過ぎた。慢性腎炎で危ないといわれた昨年の夏。1歳にも満たないのに慢性腎炎とはめずらしいと、即入院したものの暴れて点滴を外してしまうと二日ばかりで家に帰された。以来、薬で少し改善され、今は6キロを軽く超えた体で飛び回る。久しぶりにベランダでごろごろさせてもらってご機嫌だ。脱走させじと体になにやら怪しげなベルトを着けられ少々不満そうではあるが。
e0092186_14381266.jpg
e0092186_14382563.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-11-21 14:42 | 日々 | Comments(0)
講演
 昨日は美術講演会で話をさせてもらった。40分ほどの講演。普段は作品の講評をしたり撮影方法のヒントを話するだけで、何かのテーマを設けて話することはあまりない。だいたい話はうまい方ではない。というより不得手な方だ。カメラマンは寡黙であれ、写真は饒舌であれと思っているので、まあうまくなくてもいいかぐらいな感じでいた。もともと人前で話すとすごく緊張するので嫌だった。胸がどきどきして声が出ないかと思っていたらそんなでもない。年間十数回舞台に出て演じている経験がそうさせてくれたのか、案外落ち着いて話すことが出来た。内容はともあれ一つ役目を終えたという安堵があった。いやいや、内容の方が大事なわけでもっと吟味ししっかりとまとめておかなくてはいけないという反省も残った。
 飛鳥寺から甘樫丘を望む。今日は気温が上がり暖かなひざしだ。
e0092186_130333.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-11-21 13:01 | 明日香 | Comments(0)
談山神社
 撮影会を多武峰の談山神社で行った。朝7時集合。日差しは無かった。塔と同じレベルで見渡せる広場から撮影開始。紅葉はまずまずだが、左側のお堂はまだ足場が取れておらず撮りづらい。本堂の修復も始まっており、全景をとらえるにはあと数年はかかるだろう。何とか避けながら撮影。本堂から塔に向かった石段からも制約がある。
 観光ホテルの5階からは足場を隠せるアングルもあり絶景だ。手前の紅葉が色づけばもっといいのだろうが、他が落ちてしまいこれぐらいがいいのかも知れない。雨に煙っていれば最高だが贅沢は言えない。一杯のコーヒーは値打ちがあると好評だった。来週まで楽しめそうだ。
e0092186_18441298.jpg
e0092186_1844274.jpg
e0092186_18444263.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-11-17 18:49 | 撮影会 | Comments(0)
リフォーム3
 リフォームはゆっくりと進んでいる。ほったらかしにしてあった庭を片付けなければと思っていたら、建築士さんが思い切って木を伐ったらというので松とキンモクセイ、ツツジを伐った。次いで灯籠を2メートルほど移動した。これが大変な作業となった。見かけより遙かに重い。日曜で作業は休み、誰も手伝いはなく連れ合いと二人で始めたが、屋根の部分が載せられない。仕方なく息子に電話し仕事を抜け出して提げてもらった。明るくなった。やりかけるとやめられない。朝来た大工さんが驚いていた。もっと整理し手を加えることにした。
e0092186_0194862.jpg
e0092186_0201516.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-11-16 00:20 | 日々 | Comments(3)
竹田城
 天空の城といった写真をよくみる竹田城。雲海を期待して前夜からの出発で撮影会があった。高速ばかりで和田山まで着いてしまい、道中の線の記憶が夜とはいえ希薄になる。町から数百メートル程上がったところの駐車場にマイクロバスを止め、空を見ると星が出ていた。天気は雨が降る予報だったが南の天空に浮かぶオリオン座を撮影。4時にゆるやかな車道を行くコースで出発。闇の中十数人の隊列はばらけてしまい、城郭に入ると小雨も降り出した。町の明かりが濡れてにじんだように見える。先客が数人三脚を立てている。梯子を上る天守には誰もいなかった。この時期天気が良ければ毎朝3時頃から場所取りをしていると聞いていたが、この天気ではさすがに少ない。
 天守角から南千畳に向かってセットし、濡れながら暗闇の中ISO400、F2.8、60秒露光で撮影するもピントが気になりF5.6で露光を調整する。右下の火事のような明かりは高速の料金所だ。こうして風景は変わっていく。雨は小降りから本降りとなり大半の人はバスに戻ってしまった。やがて明るくなると周囲は刻々と変化し雨模様の城跡を楽しませてくれた。 その後砥峰高原へ。ススキはもう遅かったが褐色の原は見応えがあった。
e0092186_11364823.jpg
e0092186_1137632.jpg
e0092186_11373749.jpg
e0092186_11375723.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-11-13 11:39 | 撮影会 | Comments(0)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism