<   2010年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧
止められないエンジン
 洗濯物を取り入れていると下の道にバイクが止まった、がエンジンは止まっていない。隣に入っていったようだ。出てきてうちの階段を上がってきたように思ったが、ベランダに居るのでチャイムは聞こえない。声を掛けるふうでもない。しばらくして原付のアイドリングがうるさいなと下を覗くと男が居る。気付いたらしく見上げて挨拶をしてきたが、「エンジン止めなあかんやろ」と先ず一言。新聞の勧誘だった。丁重にお断りした。時間にすれば5分も経っていないだろうけど、かけっぱなしにする意味がない。不愉快になった。
 先日も、近くの銀行から出てくると一台の車がエンジン掛けっぱなしだった。確か以前村議をしていた者の車だ。誰も乗っておらずディーゼルの音がうるさい。どういう意味があるのか分からない。止めるのがめんどうなのか、時々こういう車を見かける。歩いていると軽トラが掛けっぱなしで、近くの畑で立ち話をしている。高回転のアイドリングが地味にうなっている。こういった人たちは無意識の内に放置するのだろうか、どうしても理解できない。不愉快だ。音と排ガス。
 桜がいよいよ見頃になってきた。でもバイクで走ると寒かった。
e0092186_2257699.jpg
e0092186_225866.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-03-30 22:58 | 明日香 | Comments(0)
午後の日差し
 何という天気だろう。晴れているかと思えばみぞれが降り、また晴れ間をのぞかせる。その天候が空をおもしろくしていた。事務所からの帰り道、崇神天皇陵近くで寄り道をして撮影した。今井谷の枝垂れも行ってみたが、もうひとつだった。花は盛りを過ぎているようだった。
 風が強く、黒い雲が飛ぶ冬空。稲渕で夕方の陽射しを待ったが、母の帰りが迫ってあきらめた。
e0092186_2317556.jpg
e0092186_23201016.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-03-29 23:21 | 明日香 | Comments(0)
賀名生皇居跡
 小雨模様の方がふさわしいが、晴れに贅沢を言ってはいけない。西吉野、賀名生の枝垂れ桜を撮りに行った。先日の雨に行くべきだったが何となく機を逃してしまい、晴天になった。朝9時を過ぎているのに気温1度とハンドルを握る手が冷たい。
 土曜日とはいえ梅で知られた場所は、花が終わってしまうと訪れる人がほとんどいないのか売店は閉じたままだ。何となくのどかな感じで山里は春の陽射しを浴びていた。皇居跡の枝垂れがちょうどいい感じ。資料館から裏山に登ると桜が何本も植えられていて、5分咲きといったところ。川辺に立つ皇居を見下ろすことのできる絶景の場所に出た。風はまだ冷たいが春の陽射しはさすがに暖かい。
e0092186_1418383.jpg
e0092186_141922.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-03-27 14:20 | 日々 | Comments(2)
寒さ
 気温の推移のように何となくすっきりしない日が続いた。思いが形にならずくぐもっている。冬の寒さとはいえ、開きかけた桜花は確実にその数を重ね寒風に揺れている。畑の桜も3本の木に少し花を付けた。後数年経てば我此処にありと自己主張するだろう。
 その畑でセリとノビルを摘み、白菜が長けて出てきた菜の花を採って帰った。これが実に美味で肝心の白菜としては満足に出来なかったが、後から結構楽しませてくれた。
 今夜から石舞台の桜がライトアップされる。それにしてもこの寒さでは、夜桜どころではないだろう。でも花は少し目立つようになった。ライトが当たれば様になるかも知れない。今日の石舞台。
e0092186_23375073.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-03-26 23:38 | 明日香 | Comments(0)
霧雨
 朝から冷たい霧雨だ。稲渕の山が靄っていた。勧請縄のシデコブシがもう終わろうとしている。周りの条件が揃ったと思ったら花は盛りを過ぎて散とろうとしていた。
 この気温が続いてくれたら桜の満開も遅れてくれるだろう。4月3日に石舞台で「時空」の夜桜公演をやるのでそれまで待って欲しい。4日は甘樫坐神社で「盟神探湯神事」があり、時空が寸劇をする。今は寒くてもいいから、もう少しゆっくりと…。
e0092186_23275483.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-03-23 23:28 | 明日香 | Comments(0)
枝垂れ桜
 少人数の同窓会をした。奈良新聞時代の数年間一緒だった者が集まった。少なくとも前回の集まりから20年が経っている。それぞれにいろんな出来事があり、人の生き様とはかくも切なく絡み合ってがんじがらめになってしまうのだろうかと、感慨深いものがあった。思うことを思うようにしてきた自分は他から見れば非情な人間に思われているかも知れないが、どう思われようとそういう人生しか送れないんだと、あらためて居直るしかない。
 ともあれ、それぞれが違う道で活躍する姿は頼もしくもある。そして負けては居られないと少し奮起するのだった。
 山では枝垂れ桜が咲き出した。下市、西吉野辺りをかけあしで撮影して回った。それにしてもあの黄砂の嵐が去ったばかり。一雨降って木々をそしてくぐもった心も洗い流して欲しい。
貝原と広橋の枝垂れ。
e0092186_16382090.jpg
e0092186_16393270.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-03-22 16:42 | 日々 | Comments(0)
エキストラ
 昨日のブログで入鹿を間違えて馬子と書いてしまった。今日読み返したら馬子が出てきて、なんじゃこらとあわてて訂正する始末。そうしてさらに読み返すと、数日前の誕生祝の記事で前日のところを翌日と書いてあった。日時の違いは致命的なミスだ。こういった間違いは必ずといっていいほど起こる。先日刷り上がった「飛鳥京」31号も間違いを指摘されないかひやひやしている。3人ほどが何度も校正をしてから刷に入るのだが、今までにも何度か誤字、脱字等あった。それにしてもうっかりというのは気持ちが緩んでいるのだろう。しっかりせねば。
 で、今夜NHK総合8時から万葉ラブストーリーというドラマが放送される。その中の「棚田のマレビト」というドラマに数人時空からエキストラとして出ている。私もちらっと川上という名で出演。関西エリアに限られるが、お見逃し無く。といってもあれ?、で終わってしまうか。
e0092186_11304816.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-03-19 11:30 | 明日香 | Comments(4)
早咲きの桜
 甘樫丘東麓遺跡の何度目かの発掘調査が終わり、今日記者発表が行われていた。飛鳥寺跡の塀に隣接した石敷き広場も土曜日に見学会が行われるのか準備をしていた。西門跡から南に70メートルの地点で、どうやらその間広場が続いているらしい。槻木の広場、鎌足と中大兄が出会った場所。乙巳の変の後、蝦夷らの反撃に備え甘樫丘の邸と対峙した場所だ。その場に立ってみれば、やはり入鹿の邸は今発掘されている場所より北の谷にありそうに思える。そして壬申の乱の時にも兵が集合したという広場は、なるほどとうなずける広さがありそうだ。
 陽射しが少しの間のぞかせてくれた。上居の柿山へ登り明日香をあらためて眺めた。石舞台の桜がつぼみを膨らませ、早咲きの木が2輪咲いていた。
e0092186_1744329.jpg
e0092186_1745141.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-03-18 17:46 | 明日香 | Comments(0)
ノビルカレー
 圧力鍋ですじ肉を10分ほど湯でて、汁は灰汁のないところを少しだけ取り他は捨てる。後はタマネギのみじん切りを十数分炒め野菜とすじ肉の煮た鍋にいれてさらに数十分煮る。すじ肉カレーは圧力鍋で肉をゆでることによって美味くなる。仕上げにノビルのきざんだものをたっぷりと入れて出来上がり。我が家のノビルカレー。春は野の恵みを最大限いただく。今日は菜の花のおひたし。甘草のあえものでもよかったが、採る時間がなかった。
川原寺のお堂が修理のため覆い屋をかぶっていた。せっかく花が咲いているのに残念だ。
e0092186_23422851.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-03-17 23:42 | 明日香 | Comments(0)
紅梅
 夜に雨が降った。彼岸サクラがまだ頑張っている。昨夜通夜があり出て行かなければならず、母を早めに寝かせたものだからもらしてしまった。着替えさせて送り出し、洗濯をしてから家を出る。昼から晴れるということだったが、暗雲空を覆い時々薄日がもれていた。
 石舞台の紅梅、そして菜の花が見頃だ。この紅梅、花桃とよく間違われるようだが、畑の主が紅梅だと教えてくれた。木が大きくなり過ぎ花は先の方にしか付けない。斬ってやらなければうまくない。庭木用にと植えられたものらしいが、手入れがされないとよくならない。もともと観賞用に改良されたものだろうからずっと手をいれなければならないのだろう。
e0092186_15455030.jpg
e0092186_15461863.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2010-03-16 15:46 | 明日香 | Comments(3)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism