<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
夕立が降った
川原寺での「飛鳥の宵 大化の宴」が終わった。1ステージをこなし2ステージめに入ってすぐに夕立が降った。屋根の無い礎石の広場での舞台、有無を言わせず皆全身ずぶぬれになった。幸い機材のダメージは無かったが、衣装や道具類の洗濯乾燥など翌日は片付けで大変な労力だったろう。一晩のイベントに前日仕込み、翌日撤収と3日間が必要だ。少人数で炎天下の作業はどうしてもスローダウンする。事を成すのは容易ではないと実感する。大化塾での活動はこれ以上無理だ。言うだけではだめだと、必ず実践することをモットーにしているのだが、まあ皆よくやった。1年ぶりに引き出された朱雀はライトを浴びた。存在感のある姿は注目の的だ。屋外での舞台は雨というリスクを背負わねばならないが、それにも増して魅力的だ。
自分も出なければならないので始める前に撮影タイムを取った。
e0092186_145488.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2007-07-30 14:04 | 劇団時空 | Comments(6)
まだまだ何も
 多武峰観光ホテルでの公演が無事終え、日曜日も練習することになった。初めての立ち稽古。欠席者が多く代役ばかりだが、役者が動き出すとイメージが具体化してくる。早く台詞を入れてもらって動いてほしい。秋まで時空から片時も離れられなくなる鬱陶しい時期になった。九月の舞台でどのように解放され肩の荷を降ろすことが出来るのか?。まだまだ何も見えていない、としか今は言えない。
 撮り方の作例としてことだまのデザートを使った。ホットコーヒーをいただきながら食べるデザートは美味。
e0092186_1614405.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2007-07-24 16:16 | 劇団時空 | Comments(2)
平穏無事
 家の庭木を散髪し周りの草刈りをしたら、もう腕が動かない。畑の草引きをするのに力が入らないのだ。何としたことか情けないことだ。作ってもらってる田んぼに土手が崩れ落ち、土砂が流れ込んでいた。子供の頃に一度崩れたことがあったような記憶がある。杭を打ち、割った竹を挟み込んで補修したものだ。さて、と思ったがどうすることも出来ず、放置してある。雨の被害はあちこちであったようだ。明日香でも床下浸水の家屋があった。それにしても倒壊した家屋の映像を目にすると、平穏無事な都を置かれた明日香の地を思い感謝する。
 夕方、カボチャと人参タマネギを豚バラで炒め、カボチャのわたを煮て漉したスープをひたひたに入れ、固形コンソメを放り込んで煮ていたら、空が紅くなってきた。タイマーをセットし、母に動かぬようにと言い聞かせて立部の亀石小屋の下へ走った。ブルーベリーの畑下から数カットシャッターを切り、あわてて帰って鍋にミルクを入れ胡椒で味を整え今日のメインディッシュ。毎日のメニューは考えるのが鬱陶しい。よくもまあ毎日続けていたなと相方のことを少しだけ思った。
e0092186_12345956.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2007-07-19 12:35 | 明日香 | Comments(8)
集中豪雨
 今日未明に降った雨は、まさに集中豪雨だった。明日香でもあちこち土砂が崩れているようだ。家の樋が落葉で詰まり物置が水浸しになっていた。周りの片付けをしてもうそれだけで疲れた。畑に行くと溝があふれカボチャが砂に埋まっていた。メロンは誰かに食べられている。狸かアライグマか、イタチ?、皮を少し残し中身をきれいに食べている。シシ除けのワイヤーメッシュは小動物には効果がない。さらにネットで囲んであるのだが、そこは動物頭がいい。この分だと食べさせてくれないかも知れない。といってどうすることも出来ず。仕方なかろう。
 葛城市の劇団風塾の方と話をした。秋に上演される芝居の協力依頼だったが、考えてみると今までに他劇団との交流は全くなかった。そういう機会もあっていいのかもしれない。
 真弓の丘で路傍の石仏。
e0092186_16525766.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2007-07-17 16:53 | 明日香 | Comments(3)
紫陽花
 和佐又山へ行く予定だった文化サロンの撮影を雨がひどくなってはという懸念から足場のいい吉野山に変更した。まだ紫陽花が残っているのではという期待通り、色あせて過ぎた花が半分程あるものの、ガクアジサイなどは雨の中鮮やかな姿を見せてくれた。やはり7月に入ったばかりがピークだったようだ。しっかりと降る雨の中、傘をさしての撮影は鬱陶しいものだが、それにもまして花の色合いが冴え何とか昼まで撮影した。こんな時でもないと雨の中来ないだろうと皆さん喜んでいただいた。晴れた日ならちょっと困るような被写体だけに、雨は素晴らしいと感謝するばかり。今の季節森の樹々は最高に緑濃く、精一杯水分を溜める。歩くだけで気持ちがいい。
e0092186_1525484.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2007-07-12 15:25 | 日々 | Comments(5)
台本が完成
 先週台本が完成した。継ぎ足し継ぎ足しの台本がやっと一冊になる。今回は「聖徳太子」とストレートなタイトルだ。1時間20分ぐらいの舞台。劇団のメンバーを考えて登場人物は最低限に押さえてある。そういう制約なしに思う存分キャストを使って舞台づくりがしたいものだと思うが、それを今の時空で実現するのは無理だ。時空に行くと、完成祝だとのりちゃんがケーキを持ってきてくれた。当然作ったのはJunさんだ。
 5年前に「厩戸皇子」を上演しており、それとは全く別の台本となった。だがそのビデオを見ると、やたら出演者が舞台を駆け回っており、キャストの多さに驚く。実は飛鳥蹴鞠のメンバーに協力依頼し、実現した舞台だったのだ。人は少なくても迫力のある舞台にしなければ。
 9月22日に向かってアクセル全開。2ヶ月間の修羅場となる時空の練習場。だがその間に4回「大化改新」を上演しなければならない。これはかなりきつい日程だ。またキャスティングにも問題が発生し、台本の遅れから解放されたと思ったのに頭の痛いことだ。
 先週、家の近くで山の斜面に乗っかるように輝く雲が現れた。夕陽を撮りにきていたバイクの方はananさんではなかったのか。
e0092186_155123.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2007-07-10 15:05 | Comments(5)
竹の皮
 家の裏の竹薮にタケノコが出ている。孟宗竹より1〜2ヶ月遅れで生えてくる。密生したところには出にくく、生えてほしくない所にどんどん出てくる。一日で1メートル程伸びる奴もいる。食用にもなるのだがあまり食べられない。春のタケノコとは少し香りが違って、灰汁抜きをせずそのまま煮て食べることが出来る。出始めに一度食べたきりだ。どんどんいろんなところに根を伸ばすのでやっかいものだ。竹になる前に倒して行くのだが、いつのまにやら5〜6メートルになっている。そうなると竹の皮が落ちる。子供の頃この皮を拾い集めたものだ。この皮を買いにくる人がいた。肉屋さんでは皆この皮か、木を薄くひいたものに包んで売っていたのだ。子供の弁当をこの竹の皮に入れて持たしたことがあった。今見るとなんとなく格好がいい。風呂敷といい、少し前は皆知恵を働かせてうまく物を利用した。竹の皮の内側の滑らかさを手でなぞりながら、そんなことを思った。
e0092186_1552880.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2007-07-02 15:05 | 明日香 | Comments(4)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism