<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
梅雨の中休み
梅雨の中休みは気温が上がり、明日香とて例外ではない。その暑さの中、文化サロンの撮影を明日香で行った。朝7時集合で、石舞台横のベニバナから始めた。花はちょうど良く、シジミ蝶が休んでいたりしてマクロ撮影にはいい被写体があった。稲渕の紫陽花とタチアオイを撮り、その後芋峠に向かった。行者さんから古道に入ると、風は爽やか標高をすこしかせいだこともあるのかひんやりとしている。茶屋跡には山紫陽花が清楚な姿を見せて迎えてくれた。路傍のハナイカダはもう花が結実して黒い実になっていたが、めずらしい姿で楽しませてくれた。エゴノキは実をいっぱいぶら下げており、すっかり夏の姿だ。被写体に困った時はマクロレンズで小場所をくまなく探るのが良い。それでも滴る汗と格闘する季節は困ったものだ。
朝露
e0092186_1158845.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2007-06-28 11:58 | 明日香 | Comments(3)
晴れても
 土曜日に大安寺で行ったモデル撮影会は、いわゆるピーカンの夏空の下だった。モデルのミス奈良は、二人ともつぶぞろいで笑顔が印象深く皆盛んにシャッターを切っていた。竹供養は笹酒を振舞われるのだが、昨今の事情を考慮してか笹水なるものも用意されていた。午前中で終え昼から教室へ。夜は時空の練習と忙しい日だった。
 日曜は打って変わり一日雨模様。また昨日から晴れている。今年は男性的な梅雨といわれるが、晴れても蒸し暑さは変わりなく、大台か信州の高原へ逃げ出したい気分だ。
 今朝はバイクで村内をロケハンしてきたが、甘樫丘の紫陽花はしょぼくれて勢いがない。今年は木自体育ってないみたいだ。石舞台公園ではベニバナが咲き出した。稲渕の棚田に行くとOさんが田んぼに肥料をやっていた。この次は穂が出来た時にやるのだとか。
e0092186_15185942.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2007-06-26 15:19 | 明日香 | Comments(3)
きずし
 二日間熱があった。無理をして熱中症になったみたいで、それでも昨日はやっかいな撮影があって肩で息をしながら何とかこなした。モデルを使った機械の撮影で、段取りの悪さにデザイナーと「なんちゅうこっちゃ」とこぼしながら自分の声が険悪になってくるのを、メイクのMさんがいち早く感じ取っていて機嫌をうかがう。それでもほっぽり出さずに無事終わった。帰って、きずしが食べたいなとサバをさばいて酢でしめ、たまらなく横になる。初めて熱を測ったら38.8度。しんどいはずだと、帰ってきた息子に氷を袋に入れてもらい、がんがんに冷やす。1時間ほどして起き出し何と、きずしを食べた。この熱で何できずしやねん、と我ながらあきれてまた布団の中へ。今朝にはほとんど熱が下がりやれやれ。でもまだ不安定だ。
畑の前から
e0092186_15285130.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2007-06-22 15:30 | 明日香 | Comments(2)
いよいよ夏
16日に行った「ほーたる来い」のイベントは盛況だった。時空の芝居も小屋が小さいため、急遽二回公演にした。それでも、満員御礼だった。60人ほどの客の前で、こんな小屋があったらいいなと思った。上演が終わり、ホタルを見る間もなく撤収し、練習所へ帰って新しい台本の本読みに入った。といってもまだ半分も出来ていないのだが。
  明日香村もほぼ田植えが終わり「植え付けひまち」という行事がそれぞれの神社で行われる。無事に苗を植えることが出来た喜びとお礼の集まりだ。と思っていたら小原の田んぼでまだ畦こねをして代掻きの準備をしている人がいた。鎌足誕生の地といわれる神社の横で、のんびりした農夫は我が「時空」の通称入鹿であった。直ぐ後ろに大伴夫人の墓の森があり、下の方には万葉文化館、遠くに金剛・葛城の峰が白雲をいただいて座る。「何してんねん」と声をかけると「これから田植えや」と鍬をふるう。「もう何処も終わってるで」「ええねん、ほっといてくれ」「出来た米、入鹿米いうブランドで売り出したらええのに」と軽口をたたいて別れた。いよいよ夏の風景となった。
e0092186_1224117.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2007-06-19 12:24 | 明日香 | Comments(4)
門脇禎二さんが
 門脇禎二さんが亡くなられた。新聞で訃報を知り、数年前別冊・太陽「飛鳥」をまとめるため明日香をご一緒した時のことを思い出していた。その後明日香に来られた時に挨拶をするだけだったが、あたりの良い優しい人柄は学者の中では好印象の方だった。お歳からすれば仕方ないのだろうが、飛鳥時代の明日香を現代に甦らそうとする明かりがまた一つ消えたような気がする。分野は違っても明日香で暮らす私たちの役割は大きい。先人に学び、さらに気合いを入れていかなければとご冥福を祈りながら思った。
家のベランダから二上山暗雲
e0092186_12182943.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2007-06-14 12:18 | 明日香 | Comments(3)
八千穂高原
撮影会で八千穂高原に行ってきた。湖で二日間、朝日のチャンスを狙ったがそううまくいかず、まずまずだった。今年はレンゲツツジの開花が遅れていて、地元でも撮影会の日程を2週間ずらしたりしているみたいで、これも異常気象なのだろうか。八千穂レイクの撮影ポイントをしっかりと下見して翌日に備えたが、天気が良すぎて霧も出ず残念だった。だがそこかしこにベニバナイチヤクソウや小さな花があり、宿の窓辺にウソが飛んできて楽しませてくれた。標高1700メートルの高原はただそこにいるだけで気持ちがいい。
レイクでの夜明け。
e0092186_15433265.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2007-06-11 15:43 | 日々 | Comments(3)
ザック
 仕事上カメラ機材を入れるバッグの類いは事務所や家に散乱している。移動手段によってバッグが変わり、使ってみて気に入らないとそのままになるので、始末が悪い。アルミは頑丈で機材保護にはいいのだが、相手を傷つけてしまう恐れがあるので、部屋の中や気の張る料亭などには遠慮して布製ハードケースを使うようになった。風景やロケにはザックタイプも使いやすく、小型から4X5カメラ一式入る大型までいくつかある。気に入らなくて人にあげたりしても、こんなところにこんなバッグがあったのかとあきれるばかり。それぞれ用途と機材の量で使い分けるのだが、ザックにこれはいいというものがない。機材を入れることばかりに重きをおいたものが多く、野山用のノウハウをもう少し取り入れてほしいと思うのだ。大きめのデイパックで機材保護用のクッションがしっかりしているもの。サイドのメッシュポケットや背面のメッシュポケット。脱いだパーカーをさっと挟むように仕舞え、ザックの形に融通がきくもの。こんなふうに言えば矛盾するところがあるのだろうけど、デイパックは使いやすい。自分で作るしかないのかなと思っている人は多いはずだ。といいながらまた買ってしまった。
 ブナの木の間に鹿が現れた(大台ヶ原)
e0092186_1455287.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2007-06-05 14:05 | 日々 | Comments(3)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism