<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
入院
 母がまた救急車で運ばれた。デイで意識が無くなり同じ低血糖のためらしい。病院にかけつけると、少し意識が回復していた。しばらく入院することになった。前回とは医師が違っていて説明もわかりやすく納得出来るものだった。輪切りの写真を見ながら「うまく麻痺の起こる部分を避けて梗塞が起こっている。運のいい人ですね」と。ほっとしたが、認知症があるため快復していくとまた別の問題が起きるだろう。その時にはまた考えましょうと医師が言ってくれた。なんだか疲れて風邪気味なのだが寝込むまいと気合いを入れる。ミーも抗生物質投与で早く改善してくれればいいのだが、相変わらず夜回りは欠かさず、深夜にベランダの網戸を叩いて帰宅。病人ばかりになると何となく部屋も鬱陶しい。そういえば畑にも数日行っていない。草も生えているだろう。
畑に咲いていたホトケノザ
e0092186_1434788.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2006-11-29 14:35 | 日々 | Comments(5)
救急車
 救命救急士が病院に連絡を入れる。「脳疾患の疑いがあるがバイタルが安定しているので何とか出来ませんか」と何度も連絡を入れる。救急本部からも何々病院受け入れ不可と連絡が入る、「県内の病院すべてだめなので大阪に入れてみます…」ドラマのシーンにこんなのあったなと狭い救急車の中でやりとりを聞いていた。朝母の意識が無く思い切って119番すると到着までの間、気道確保してください等こまかな指示をくれた。6人で現れた救急隊はいくつかの機器を手に手際よく酸素供給や処置を施し救急車へ、家を出たのはいいが案の定受け入れがなかった。多くは脳外科のドクターがいない時間帯、そして処置中らしい。以前梗塞のときにかかった病院に二度三度連絡してもらう。そして救急士らがドクターが来るまで付き添うという条件で無理矢理運んでもらった。
 そして意識が回復。原因はどうやら低血糖による症状だったらしい。点滴の途中で私のことも分かるようになった。そして疲れて家に帰ったが、寝込んでいた息子につづいて連れ合いもダウン。何年も寝込んだことの無い人が倒れると、少しは応える。ミーもやっと医者に連れて行ったが、缶詰を食べるとこれはさっさと出かけていった。初めて母の隣で寝ることにした。いつ逝ってしまってもおかしくないのだから、しばらくはともにするか。
先週の談山神社。今年は遅くまで紅葉が残りそうだ。
e0092186_13275782.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2006-11-28 13:28 | 日々 | Comments(3)
野迫川
 先日、野迫川へ行って来た。指導するクラブの撮影会で、夜から出て夜明けの雲海を撮影しようと。久しぶりの野迫川は相変わらず静かだった。人口7百人ほどだろうか。もともと3つの村が一つになった所で、ここという中心地らしきものがない村だ。立里の荒神さんに向かう途中、雲海景勝地なる看板の立つ道路際で夜明けを待った。雨がぱらつきこれはだめかと思ったが、やがて星が出て月も出た。夜明けは雲にさえぎられ日ノ出こそ見れなかったが、谷間にわずかながら霧が発生しかすかに日差しがこぼれた。どんな条件であれ撮影に出かけた時は、今日はいい日なのだと思うように指導しているのだが、舞台は朝の素晴らしい瞬間を演じてくれた。自然はすごい。次にどんな展開になるのか予想も出来ないドラマを見せてくれる。その場所に立てたことに感謝。
e0092186_16533040.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2006-11-18 16:53 | 日々 | Comments(6)
母の調子がいい
 このところ母の調子がいい。血糖値や血圧の数値も悪いなりに安定していると医者が言う。情緒が安定していて、いきなり不機嫌になって怒りだすこともない。食べるものも美味しいといって、笑顔を見せる。「もうボケボケになってしまったから、お世話かけますね」と口癖のように送迎のデイの人にお礼を言う。出迎えた私の手を握り階段を上りながら「冷たい手やな」「今、洗いものしてたからな」と暖かい母の手を取り言葉を交わす。母がこうならなかったらこんなこともなかったかも知れない。認知症になってよかったもなかろうが、与えられた時間は大切にしなければと思う。人生の終え方もいろいろだ。
野口の石仏が夕陽の中に立っていた。
e0092186_14125881.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2006-11-17 14:13 | 日々 | Comments(4)
西行庵
 毎年この時期に吉野山へ撮影に行く。文化サロンの教室で西行庵へ足を運んでいる。例年に比べて今年は暖かく紅葉もまだ早い。案の定西行庵のモミジは緑で先だけが紅かった。遠くに見える四寸岩山はどうやら葉も落ちているような褐色をしていた。それでも山の南斜面にテラスのように開けた台地は西行の隠棲場所にふさわしく、ゆっくりとさせてもらった。とくとくと落つる岩間の苔清水汲み干すほどもなき住居かな 凍て溶けて筆に汲み干す清水かな こんな碑が建っていた近くの岩清水は小さな音を立てている。三十数年前にこの広場でビバークさせてもらったことを思い出した。寂しがりやで臆病なくせに山に入りたがる。笹の音に驚きながら独り山道を行くあの何ともいいようのない感覚は、空虚な充実感とでもいうのだろうか。
 桜の残り葉が紅く燃えていた。
e0092186_1439437.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2006-11-13 14:39 | 日々 | Comments(4)
撮影旅行
 恒例となった信州への撮影旅行。今回はしらびそ峠で夜明けを撮影、日本のチロルといわれる下栗の里を見て木曽山脈を抜け開田高原に回った。1800メートルを越えるしらびそ峠は指呼の間に南アルプスが望める展望所だ。3000メートル級の稜線から上る朝日はこちらの標高が低いためもう一つだが、朝日を浴びた尾根の紅葉が素晴らしく皆暫しシャッターを切った。何処へ行っても感動出来る感覚を身につけてもらいたいと常々思っているのだが、参加者は皆次々と現れる風景に感嘆の声を上げ思い思いにカメラをかまえた。
 開田高原では夜明けにガスが湧き、御岳に雪こそなかったが幻想的な風景を楽しんだ。気温が高く紅葉も10日程遅れているようであまりきれいではなかったが、やはり何度行っても信州の秋は素晴らしいと思う。ショートステイに預けた母も何とか機嫌良く3日間を過ごしてくれたようで、やれやれだ。心地よい旅の疲れが残った。
e0092186_12532967.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2006-11-06 12:53 | 日々 | Comments(3)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism