<   2006年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
やっつけ仕事
 連休が始まる。食材を何も用意せずに料理を作ることはできない。何らかの材料を蓄えてないとストーリーも展開しない。連休が迫るのは恐怖だ。しなければならない草刈り、植えた苗物の世話、頭に入っていない資料をあわてて読む。およそやっつけ仕事にいい仕上がりは見込めない。なんとかしなければという焦りの気持ちを増幅させて無理やり形にしようとするだけだ。そうこうするうちにあっという間に一週間が過ぎる。
 丘の上の木は西の空を見据えて堂々と立つ。新緑が輝いてなんだか立派に見えた。
e0092186_1423696.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2006-04-28 14:24 | 明日香 | Comments(3)
黄砂
 布団に潜り寝たと思ったら、もう着替えて出てくる母。明日行く先が気になって遅れてはだめだと思うらしい。起こしてやるからと言い聞かせるのだが、朝起きると2時間も前から起きて座っていた。どうしても撮影しておかないといけないのがあって、30分程出かけ戻ってくると今度は布団の中。自分でももうボケてしまってあかんわと言う。脳の血管が詰まり機能が低下するのは年齢的にも仕方のないことだが、デイに出かける迄の準備をするよう介助する。
 朝4時に出かけた悪ガキのミーも帰ってきて負けじと食事の催促。耳元の化膿していた1円玉ぐらいの穴は何度もかさぶたが取れ、やっと治ってきた。今回医者には掛からず毎日消毒しただけだ。母の世話でそれどころではなかった。動物の自然治癒力はすごい。
 昨日、夏野菜の苗を植えた。黄砂で太陽がかすんで見えた。ゴビ砂漠辺りの砂がはるばる運ばれてくる現象は、地球って案外小さいんだと思わせる。以前撮影会で訪れた戸隠の宿から、黄砂で紅い雪が降ったと便りがあった。紅い雪という言葉が印象に残った。
e0092186_1551016.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2006-04-25 15:05 | 明日香 | Comments(7)
橘寺
 22日、橘寺の会式に出席した。ずっと両親がかかわってきたお寺だが、会式の最初から最後迄見たのは初めてだ。聖徳太子勝鬘経講讃1400年慶讃法要が営まれ、勝鬘経の問答が100年ぶりに行われた。幼い頃遊んだ寺の記憶がよみがえり、父のイメージが重なった。父が亡くなった後、母が毎年手伝っていたのだがもうそれも出来ない。どうしようもない時の流れは穏やかなようで性急だ。「百味の御食」のリレーに父の顏が見え隠れする。初夏の一日寺にいた。
 そして昨日、母の髪をカットした。穏やかな日差しに白髪がはらはらと落ちる。出にくい言葉で「ありがとう」をくりかえす母。小柄な身体がさらに小さくなったようだ。
e0092186_1510273.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2006-04-24 15:10 | 明日香 | Comments(2)
手紙
 ある人から手紙をいただいた。時々届く便りは明日香を訪れた感想や日頃の思いが綴られている。簡潔で気取らず静かに語りかけるような文章は、穏やかな人柄を思わせ読む者を心地よく引き込んで行く。
 手紙はメールと違って書くときに悩み、封筒に入れるときに考え、ポストに投函するときにも最終決断をしなければ出せない。何度も関所を通らねば行けないのだ。その分強い意志の働いたものといえる。メールのように漢字の変換違いやうっかり送信というミスもないが、その分文字が生きていて内容を大きく修飾したりするものだ。筆使いにも人柄が出てしまう。それゆえ相手に気持ちを伝えようとする時には手紙は有効なものだと思う。だが書かなくなった。ちょとした礼状にも四苦八苦してしまうのだ。これではいけないと思っているのだが。
e0092186_14364878.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2006-04-21 14:36 | 明日香 | Comments(3)
母が退院した
 母が退院した。15日間の入院だった。迎えに行く日、JR和歌山線の踏切で電車を見送った。田んぼではトラクターが田おこしの最中。すっかり芽吹いた雑木林の向こうに多武峰から龍在峠への稜線が見える。一番奥の山は音羽山だろう。西日を受けた病院迄の風景は今日も変わらない。ローカル線の列車が目の前をゆっくりと通り過ぎる。陽はもうすぐ金剛山に落ちるだろう。
 2週間通い慣れた道だ。笑顔と涙でくちゃくちゃになった母を車に乗せると、「菜の花がきれいやなあ」と車窓を見てつぶやく。入院の間何をしていたのか本人は何も覚えていない。家に帰れるという喜びももう忘れてしまっているようだ。近くの叔母の家に寄って顏を見せてあげた。夕食はセリのごまあえ、ノビルの酢みそあえ、ワラビとタケノコの煮物など山菜ずくしにしたら喜んで食べた。これでいいのだと思う一方、また以前の生活が始まるのかと複雑な感慨になる。
e0092186_15293925.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2006-04-20 15:29 | 日々 | Comments(2)
野の味
 奈良市写真美術館で開催中の「十人の大和路」で作品解説を行わねばならず、昨日行ってきた。顔見知りの方もたくさん来ていただき、写真展をしているのだと改めて思った。
 畑に行くとワラビが頭をもたげ、ウドがめをだしていた。セリも目につくように大きくなり、スカンポもいつのまにやら出ている。うろうろしているだけで楽しくなる季節だ。いただきもののタケノコと春第二弾の野の味を満喫する。そろそろ夏野菜を植えなければ、と思っているのだが母がまもなく退院になるだろう。今よりも世話がかかることになる。退院を喜ぶ気持ちと時間が自由にならない窮屈さと思うことは多い。
雨の山辺に桃がよく似合う。
e0092186_15351870.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2006-04-17 15:35 | 明日香 | Comments(4)
吉野の桜
 今年も吉野の桜を撮影に行った。近鉄文化サロンの4月撮影会は去年に続き吉野山へ、桜の時期とうまく合って最高の花見になった。前日の大雨も止み霧の立ち上がる山桜のパノラマは圧巻だった。昼に小雨が降り出したが、より品のいい色合いとなり最高の撮影会となった。ソメイヨシノとは違って、シロヤマザクラを主とする山桜はただただ見ているだけでも心休まる。山道に少し疲れたが心地よい一日だった。
 病院に母を訪ねると、いつ帰れるのかとまた涙された。あと一週間ほどかかるかもしれない。早く治そうと励ましてはみたが、その言葉もすぐに忘れてしまうのだろう。
e0092186_16172643.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2006-04-13 16:17 | 日々 | Comments(1)
夜桜公演
 時空の夜桜公演が終わった。黄砂で黄色くかすんだ明日香は強風が吹き荒れるあいにくの天候となったが、とにかく雨でなかったのだから良しとしよう。でもさすがに寒かった。ABCの取材があって、最初から最後までクルーが公演に付きっきりだった。準備の段階でいきなり野際陽子や映画監督の井筒さんらが石舞台に現れ、これはテレ朝の番組ロケだった。桜咲く石舞台、満開の花が取り囲み雰囲気は最高だ。前日のNHKでの一分間PRのおかげか客席があふれてしまって、準備の不備が目についた。強風のためシート席を加減してしまったのだ。次回へのいい教訓となった。デビューのU君、子供達、留学生のF君、AY君、皆よくやった。次回に向けて新たなスタートだ。観に来ていただいた方、いろいろとご協力いただいた関係者の方々、ありがとうございました。
 さあ、病院へ母を看に行かねば。
 公園の椿が落ちて鮮やかだ。
 
e0092186_1659661.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2006-04-10 16:59 | 劇団時空 | Comments(1)
満開の桜
 昨日母を見舞いにいくと、車椅子に座り笑顔で現れた。腰の痛みも一晩で少し良くなった様子。手を強く握りしめたまま放さずに喜んでいる。食事前だったのであまり時間はなかったのだが、家に帰ってから食べるからいいねんと、もう帰る気でいる。治療が必要だからと言い聞かせたものの、後ろ髪を引かれる思いで病院を出た。半年間ほぼ毎日朝晩介護をしてきただけに、たった一日なのにこれでよかったのかと気になって眠れなかった。だがさすがに病院だ、元気な姿を見てよかったのだと納得した。
 朝から甘樫丘へ上った。久しぶりに朝の撮影が出来る。満開の桜が展望台を埋めて誇らしげだ。万物がふくらみはじける春なのだ。胸の奥深く大気を吸い込んだら、ふと込み上げるものがあった。
e0092186_14381024.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2006-04-06 14:38 | 明日香 | Comments(4)
母を入院させた
 昨日母を入院させた。朝診察から始まり手続きを終了したのは午後6時前。1〜2週間で退院で来そうだが、歩けるようになるのかどうかわからない。母のいない朝、何となく気が抜けた感じで何処かうしろめたいような気持ちになる。前日デイから連絡を受け歩けない母を預かったのはいいが、抱えて腰を痛め家に入れることが出来ず困っていたところ通りがかった人に頼んで運んでもらった。38度8分あった熱は下がり、翌日病院へ入院させた。何が原因なのか内科以外に腰も痛くて歩けない様子なのだ。
 抱えるときに気をつけてはいたのだが、一人で介護する時はどうにもならず無理をする。腰は持病で二十数年前弥山に撮影に登った時滑落して痛めたもの。それ以来なんでもないときに突然痛んだりする。物を持つ時は細心の注意をはらっていたのだが。やってしまった。せっかく一日病院にいたのに自分は診てもらうことすら忘れていた。悲鳴を上げながらそれでも久しぶりに今日はシャッターを切った。
 今日から息子の個展も始まった。「Sho Ueyama wood works in CASO」大阪港区海岸通のCASOギャラリーで16日まで。
 春雨の桜
e0092186_1315593.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2006-04-05 13:16 | 明日香 | Comments(2)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
お気に入りブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism