カテゴリ:介護( 12 )
母が旅立った
 昨日、母が旅立った。ちょうど待っていてくれたかのように、目の前で呼吸が止まり静かに息を引き取った。満90歳。苦労をいとわず懸命に生きた人生だった。生を終えれば父と同じところに行くのだといっていた。病院から連れて帰り穏やかな顔で眠る母を見ていた。8年の介護が終わったのだ。
 葬儀は家族葬にした。近所の方の了解も得た。葬儀の形はそれぞれでいいと思う。式場に行くまでの時間に地区の人たちが弔問に来てくれた。今夜は身内だけで静かに見守ってあげようと思う。
e0092186_14382952.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-12-07 14:38 | 介護 | Comments(10)
母が転院した
 先日母が転院した。医大から五條病院へ。上と下に管を付けたままストレッチャーに乗って介護タクシーで移動した。家からは遠くなるが、そう頻繁に行くこともなくなるだろう。
 手術した褥瘡の傷は直径8㎝程だろうか、切開した穴は果たして完治するのだろうかと思うような手術痕だった。
 今は鼻からの管で栄養を胃に送っているが、また口から食べ物を摂れるようやってみるとのことだった。しばらくはこの状態が続きそうだ。
e0092186_0481319.jpg
e0092186_0491855.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-10-24 00:49 | 介護 | Comments(0)
母は90歳
 今日は母の誕生日だ。90歳になった。もう言葉もなく、話しかけても何の反応もない。それでも誕生日なので、息子の名前ならもしかしてと名を言い続け、90歳になったことを伝えた。そうしたら、どういうわけか反応があった。それまで目線も合わさず表情を変えることもなかったのだが、息を吐き、涙を浮かべるような一瞬があった。すぐにまた無表情になってしまったが、確かに息子の名に反応した。何ヶ月ぶりだろうか、なんとなく幸せな気持ちになった。
 今日から生駒の写真展が始まった。その飾り付けをしてきた。午後から知り合いの方に多く来ていただいた。年1回の写真展はどのクラブでも総決算のようなもので、これを機にまた1年頑張ろうという気持ちになるのかも知れない。
 昨日の足が痛くて、しゃがむのに思わず声が出てしまう。今日の夕景。
e0092186_2032198.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-02-20 20:33 | 介護 | Comments(6)
母のこと
 深夜1時頃、布団に入ったら隣のベットからうめき声が聞こえてきた。母は言葉が無く最近はうめくような声も出ていなかった。眼は定まらず、下半身に加えて腕も麻痺したような動きを繰り返している日々だ。
 どうしたのかと起きてみると、息を激しくして盛んに何かを言おうとしているみたいだ。ただごとではないという感じがした。でも救急車は呼ばなかった。ずっと話しかけたり背中をさすったりして、思いの丈をすべてはき出せばいいというふうに見守った。言葉にはなっていないが、何かしら意志が伝わってくるような気がした。それが2時間ほどつづいた。こちらもうとうと仕掛けたころに止んだ。あまりに静かなので、顔を近づけて息づかいを確認した。一見呼吸が無いように感じられた。でも息はしていた。ホッとして眠りに落ちた。朝、あまりに静かなのでもう一度確認した。音もなく眠っていた。
 明後日は90歳の誕生日だ。もういつ旅だってもおかしくない。食事もあまり摂れなくなってきた。認知症になって8年。お別れの日も、そう遠くはないかも知れない。
 今日は冷たい雨だ。午前中気温が2度までしか上がらなかった。
e0092186_20341589.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2013-02-18 20:34 | 介護 | Comments(0)
 一時の寒波は収まり、冷え込みは弱くなったように思う。それでも庭のつくばいの水は凍っていた。日差しは日毎に暖かく感じる。ゆっくりと春が近づいているのだろう。ミーにやる草を摘んでいたらユキノシタの葉が2㎝ぐらいになっていた。もう少し大きくなったら天ぷらに出来る。
 数ヶ月ぶりに母の髪の毛をカットした。もう少し暖かくなってからと思っていたら、ずいぶん伸びてしまった。車イスの上で首を傾けた母は時々眠っているようだった。30分程の間、困難無く切らせてくれた。
 出来上がりはさっぱりとして、かわいくなった。これで入れ歯をつければ元の顔になる。そんなことを思った。じっと顔を見ても反応はなかったが、後ろ姿が満足げに見えた。ミーがレンジの上で見ている。
 足の火傷は少しずつよくなっているようだ。今日も息子の嫁が見に来てくれた。傷口の周囲から皮が張ってきている。体の床ずれを緩和するため先日エアーマットを付けてもらった。以前使っていた物よりモーター音が静かな気がする。痛みを訴えないのでまだ救われるが早く良くなってくれることを願う。
e0092186_2251245.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2012-02-12 22:51 | 介護 | Comments(6)
いいわけ
 介護のせいにしてあれこれといいわけを連ねてみせる。もっと時間を有効に使えば出来ることはいっぱいある。要領が悪い。実に悪い。分かっているのだが、それが出来れば今こんなことしてないだろう。頭の回転が悪く計算できない、そういう人間なのだから仕方がないのだ、と居直ってしまう。難儀なことだ。集中できないという理由で中断している「蘇我馬子」を何とかしなければ…。皆台本を待っている。
 上腕に力のある母は目を離した隙に車椅子から落ちた。昨日はカレーを食べたが今朝は何も食べない。口に入れたものを吐き出す。カロリーメイトとジュースを何とか飲ませる。野菜ジュースや果物ジュースでさえ、喜んで飲むときといやがるときがある。何故だと腹を立てるが、いやなものはいやなのだ。理由など無い。
ミーも母を出迎える
e0092186_22384532.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2009-06-05 22:36 | 介護 | Comments(4)
介護
 昨日、母が家に戻った。2月に救急車で運ばれて以来だ。変わったことは、歩けなくなり、言葉が出なくなり、食べることがうまくできなくてミキサー食になり、バルーン(尿の管)を付けたまま帰ってきたこと。20段の階段を上らないことには玄関に行けない我が家。車から家には抱えて運んだ。家には介護用エアーマット付きベット、車椅子、ポータブルトイレがやってきた。これは介護三種の神器とでもいった品物か?、デイには週三日で4時間ぐらい預かってくれるとのこと。本格的な介護になった。もう仕事は断念するしかない。ミキサー食でないと無理だと聞いていたのだが、食べられれば何でもいいのだと勝手に思い、ちらし寿司を作った。母は寿司が好きだった。突然思い立ち、あり合わせの材料で作った。出来上がるまで車椅子の上でそれを見ていた母は、何とそれを口に運んだ。一生懸命食べている。思わず涙が溢れた。それは数ヶ月ぶりに帰ってきた母の私に対する思いやりのようにも感じられた。幼い頃、こうやって母は気遣いなから食べるのを見てくれていたのだろう。
 でも、そううまくは行かない。最後の方には口の中にあるものを吐き出し、それはもう何も無かろうと思うのだが、執拗に繰り返された。これが現実だ。認知症なのだから仕方がない。そして今日も、みじん切りにしたぞうすいを少ししか受け付けてくれない。いよいよミキサーの出番だ。一日があっという間に過ぎる。
e0092186_17393345.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2009-06-02 17:39 | 介護 | Comments(3)
朝露
 母の調子が芳しくない。食事がうまく摂れない。会いに行ってもすぐに自分の世界へ閉じこもる。働くために生まれてきたような母の腕は、やせ細ったがまだ押しのける力を持っている。確認するようにこれは誰だと聞くと、かすかに私の名を呼ぶような気がする。帰るときの何とも言えぬ寂寥感、そして不意に姿を現す胸のつかえ。すべて受け入れなければならないこと。
 母が毎年作ってくれた野菜を代わりに作るようになって4年。今年も夏野菜の苗を植えた。畑仕事の手伝いはしていたが、どうして作るかは覚えていない。毎朝の水やりをするだけ。少しの野菜は恵んで下さるだろう。
 朝露を蓄えたスギナがかわいかった。
e0092186_10114415.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2009-04-23 10:10 | 介護 | Comments(3)
施設
 3階の南に面したフロアに5~6個のテーブルが置いてあり、十数名の入居者たちがそれぞれの姿で食事を待っていた。車椅子が殆どで歩行器を置いて椅子に着いている者もいる。コップとおしぼりが置いてあり、数人の職員が動き回っている。見渡して母を探すがすぐに分かった。いつもこのフロアで皆と一緒にいる。洗濯物を部屋に置きに行き、母に近寄ると分かったのか反応してくれた。喜んでいるようだ。気になっていた指の爪を切ってやり食事を食べさせる。その間、何か絶え間なく話しかけるようにしている。
 栄養補助のジュースは美味しいのかすぐに飲んでしまった。おかゆや、何か分からぬペースト状のものをスプーンで口に入れるがなかなか咽にやってくれず、はき出そうとしたりする。無くなったジュースのストローを何度も口に持って行き、他のものを受け付けない。1時間かけてやっと半分ほど食べただろうか、これを家でも忍耐強くつづけなければいけないのだろう。食べることさえうまくやってくれればありがたいのだが…。施設前の桜も散ってしまった。季節は知らぬ間に進んでいく。
 如意輪寺の枝垂れ
e0092186_23304818.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2009-04-14 23:32 | 介護 | Comments(2)
爛漫の春
 爛漫の春、黙って見ているわけにはいかず、新しいカメラをフルに使っている。こんなことは久しぶりだなと感じるのは、母が施設に入っているためだろうか、とはいえ入院時と同じく見舞いに行ってやらねばならない。
 峠を越え向かう施設は家から10キロ程、里山を背にした静かな環境にある。今此処にありと主張する桜、芽吹き始めたコナラが山の色をゆっくりと変えていく。道ばたの菜の花…。道中いろいろなことを考えてしまう。
 数年前、併設する病院に入院したことがあった。半月だったが毎日通った。退院の日、菜の花がきれいやなと母がつぶやいた。車窓の何処にも菜の花は見つけられなかったが、母の目には見えていたのだろう。そういえばあの時も春4月だった。思わずこみあげるものがあり川沿いの桜がにじんで揺れた。
 昨日、家で介護するための準備を指導してくれるということで職員が家を見に来てくれた。家の環境を整えることが出来るか、玄関の20段の階段、部屋のサイズ等実測して帰った。なんといっても階段がネックになる。車椅子で移動できなければデイには行けない。すべて自宅で介護することになる。どういう形になろうと受け入れ果たさねばならない。
 甘樫丘より
e0092186_22462397.jpg
 
[PR]
by asuka-ji | 2009-04-08 22:46 | 介護 | Comments(1)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism