カテゴリ:明日香( 1003 )
コスモス
 コスモス。外来の花でありながら、これほど日本の風景になじんでいる花もめずらしい。秋桜と近年書かれるようになったらしいが、違和感なく里山風景にも溶け込んでいる。ピンクの花びらは華やかで、かつ清楚な感じも持つ親しまれた花だ。ただ黄色やオレンジ色は少々いただけない感じがする。やはりピンクだと思う。
 藤原京跡では毎年たくさんの花が植えられ楽しませてくれる。宮跡の東にある香具山、その後方音羽山系から朝日が昇る。夜明け前からカメラマンがひしめく撮影スポットだ。幸い撮影に行った日は花も少なくカメラマンも殆ど居ない状態だった。前日の下見で花があまりに少ないのでこの日の撮影会を中止したのだった。それでも行ってみようと教室の方も少し来られ撮影を楽しんだ。
 いつの日も朝は気持ちがいい。この日も爽やかな眩しい朝日を全身で受けた。逆光に輝く朝露、光の中に舞うような花の姿を撮影させてもらった。(10月10日撮影)
e0092186_13173181.jpg
e0092186_13180132.jpg
e0092186_13183198.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2017-10-13 00:10 | 明日香 | Comments(0)
稲田
 稲が色づき黄金色の稲穂が刈り取りを待っている。水鏡の頃の田んぼと収穫前の田んぼ。どちらも棚田の綺麗なときだ。特に秋は稲穂の香りが漂ってくるような気がする。確かに香りがする。鎌で刈っていた頃、顔に擦れる稲穂に香りがあった。何となく懐かしい匂いだった。汗を流し家族で刈り取りの早さを競ったことが思い出される。
 ハザ掛けをして、日の暮れた野道を帰って行く時の身体の疲れと充実した感覚。満ち足りた時代だったような気がする。田んぼをしなくなってから何十年が経った。それでもあの頃の感覚は覚えている。明日香の田んぼも、今月中頃には殆ど稲刈りが終わっているだろう。
e0092186_23564989.jpg
e0092186_23565719.jpg
e0092186_23571438.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2017-10-05 23:58 | 明日香 | Comments(0)
飛鳥光の回廊
 飛鳥光の回廊が昨日今日と行われている。昨日は朝から川原寺で播立て作業を行った。満身創痍の朱雀も配置した。この催しはいつもイベントに参加していて見て回ることが出来ないでいた。今回は時間があり初めて撮影して回った。
 観光協会の隣にあるカフェ・ことだまから格子越しに光が漏れて舗道に陰を落としていた。岡寺に上がるととんでもないカメラマンで三脚を立てて動かない。何とかシャッターを切り板蓋宮跡へ。どういうわけか黒滝のコンニャクを売っていて久しぶりにいただいた。全体に人出も多く賑わった感じだった。
 協会事務所に居たとき訪ねてくれた方がいて、ブログを見ていただいている人だった。こういう人と会えるのは嬉しいもので、最近更新が途切れがちのブログもしっかり続けねばと反省した。
e0092186_07591935.jpg
e0092186_07593915.jpg
e0092186_07595216.jpg
e0092186_08001649.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2017-09-24 08:01 | 明日香 | Comments(2)
彼岸花
 舞台準備の買い物に出たとき、飛鳥寺近くに彼岸花が見えた。毎年一番先に咲く場所で、此処が咲き出すとあちこちにちらほらと深紅の花が見えてくる。カメラを持っていないのでスマホでぱちり。撮影に出ていないので何だか変な感じだ。
 17日の舞台までは仕方ないと言い訳をしてみる。
e0092186_23430988.jpg
e0092186_23433731.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2017-09-11 23:43 | 明日香 | Comments(0)
秋の気配
 朝夕の気温が低くなった。日が落ちて暗くなると虫が鳴き出す。クツワムシ、コオロギ、マツムシ、スズムシが合唱している。窓を閉めて寝るようにもなった。住まいは明日香の中でそんなに標高が高いところでも無い。飛鳥駅から稲渕の棚田をめざす道沿いの集落に有り、朝風峠へつづく坂道の最後の家だ。周りは竹藪やみかん畑で、駅周辺よりは少し涼しいだろう。
 彼岸花の頃には家の前をぞろぞろと人の列がつづく。ざわざわとする季節ももうすぐだ。駅から40~50分で朝風峠に行くことが出来る。朝風峠を越えると目の前には彼岸花で彩られた棚田が広がる。ウオーキングにはいいコースだ。
 飛鳥宮跡と細川の棚田で夕日を撮影した。久しぶりにシャッターを切った。
e0092186_23261044.jpg
e0092186_23263107.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2017-08-31 23:27 | 明日香 | Comments(0)
行く夏
 舞台の練習が風舞台で始まった。9月17日の公演に向けてやっと立ち稽古だ。全員が揃うことはないが、しっかりと組み立てていかねばと気合いを入れる。お盆が過ぎると夜の空気は少し涼しく、肌が冷たく感じるぐらいだ。
 18日に村の夏祭りがあった。石舞台公園に店が並び、舞台では仮面ライダーが子供達を虜にしていた。祭りの最後にはお決まりの花火もあって多くの村民が集まる。小規模だがすぐ近くで上がるので迫力がある。
 撮影に出ていなくてシャッターを切っていない。久しぶりに教室の帰りに元薬師寺へ寄った。夕日が沈むところを狙った。ホテイアオイはまだまだ見頃が続くようだ。そういえば彼岸花の頃まで咲いていたような気がする。
 夜に咲くカラスウリ、暗闇に純白の花はどことなく怪しげで気になる花だ。家の周囲に咲いているが虫に刺されながら撮影した。
e0092186_17325692.jpg
e0092186_17331583.jpg
e0092186_17333556.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2017-08-20 17:34 | 明日香 | Comments(0)
 一昨日、凄まじい雨が降った。短時間に前が見えないほどの降雨だった。その後、夜に涼しくなった。窓を閉めたり、少しだけ開けて寝たりしている。それでも昼間の気温は高い。じりじりと焼けていくのが分かるような気がする。
 ダウンしていたミーも快復し、動きがよくなってきた。朝から飛鳥寺の近くにある蓮田に行った。この蓮はレンコンを採るために植えられているようで、そのためか背丈が高い。脚立を持たずに行ったら少し低くて撮りづらかった。白い花と、薄いピンクの花がある。風があって雲に太陽が隠れると案外爽やかだった。
 事務所で時空の舞台の香盤表を作っていたが、メンバーが一人欠けそうで非常事態になっている。何とか上演しなければいけないので、対策を検討中。夕方、自宅から夕焼け空を眺めた。
e0092186_20445494.jpg
e0092186_20451387.jpg
e0092186_20454196.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2017-08-04 20:47 | 明日香 | Comments(0)
ハスとヒマワリ
 しばらくカメラマン休業といったところか、あまり撮影に出ていない。時空のポスター用の撮影をしたり、チラシの原稿を作ったりと用事はいくらでもある。そんな中、うっかりしていたら小原にヒマワリが咲いていた。稲渕のハスもとっくに咲いていたようだ。カメラマンであることを忘れぬように、時々はカメラを持たねばならない。
 今日は万葉の歌音楽祭の1次審査があった。万葉歌にメロディーを付けた14曲の歌を聞いた。テープ審査で、9月18日に風舞台で2次審査がある。万葉集の解釈など人それぞれで面白いものだ。
e0092186_23493708.jpg
e0092186_23500032.jpg
そして昨日の夕立は凄まじかった。外に出ることも出来ず車窓から。
e0092186_23502445.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2017-08-02 23:52 | 明日香 | Comments(0)
アオサギ
 アオサギをよく見かける。シラサギも田んぼで餌を啄んでいる姿や塒へと帰る姿を目にする。サギは比較的大きな鳥なので目につくし飛ぶ姿も格好がいい。
 先日二上山をバックにアオサギを見た。500ミリで撮影した。そして昨日、小学校横の蓮田にアオサギが現れた。レンズは300ミリしかなく少しトリミングをする。ちらほらと蓮が咲き出した。明日香もいよいよ本格的な夏の風景となる。
e0092186_18451677.jpg
e0092186_18454964.jpg
e0092186_18460900.jpg



[PR]
by asuka-ji | 2017-07-02 18:47 | 明日香 | Comments(0)
田植時


 田植が終わって苗が日毎に太くなっていく。早苗の少し頼り無さげな姿が美しいのは少しの間だ。農家の集落では「さなぶり」といって神社にお参りして無事に田植が終わったことを感謝する催しがある。今では飲み食いするだけだが、秋の豊作を祈願するのだ。
 この時期の田んぼは美しい。明日香の風景は農作によって守られているのだと実感する。朝日を受けて輝く水田、茜に染まる夕陽を映す水面とカメラマンを引きつけて止まない魅力がある。
 明日香で撮影会をした。
e0092186_11144063.jpg
e0092186_11154130.jpg
e0092186_11171586.jpg
e0092186_11181458.jpg
e0092186_11190064.jpg





[PR]
by asuka-ji | 2017-06-22 11:20 | 明日香 | Comments(0)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism