一昨日、凄まじい雨が降った。短時間に前が見えないほどの降雨だった。その後、夜に涼しくなった。窓を閉めたり、少しだけ開けて寝たりしている。それでも昼間の気温は高い。じりじりと焼けていくのが分かるような気がする。
 ダウンしていたミーも快復し、動きがよくなってきた。朝から飛鳥寺の近くにある蓮田に行った。この蓮はレンコンを採るために植えられているようで、そのためか背丈が高い。脚立を持たずに行ったら少し低くて撮りづらかった。白い花と、薄いピンクの花がある。風があって雲に太陽が隠れると案外爽やかだった。
 事務所で時空の舞台の香盤表を作っていたが、メンバーが一人欠けそうで非常事態になっている。何とか上演しなければいけないので、対策を検討中。夕方、自宅から夕焼け空を眺めた。
e0092186_20445494.jpg
e0092186_20451387.jpg
e0092186_20454196.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2017-08-04 20:47 | 明日香 | Comments(0)
ハスとヒマワリ
 しばらくカメラマン休業といったところか、あまり撮影に出ていない。時空のポスター用の撮影をしたり、チラシの原稿を作ったりと用事はいくらでもある。そんな中、うっかりしていたら小原にヒマワリが咲いていた。稲渕のハスもとっくに咲いていたようだ。カメラマンであることを忘れぬように、時々はカメラを持たねばならない。
 今日は万葉の歌音楽祭の1次審査があった。万葉歌にメロディーを付けた14曲の歌を聞いた。テープ審査で、9月18日に風舞台で2次審査がある。万葉集の解釈など人それぞれで面白いものだ。
e0092186_23493708.jpg
e0092186_23500032.jpg
そして昨日の夕立は凄まじかった。外に出ることも出来ず車窓から。
e0092186_23502445.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2017-08-02 23:52 | 明日香 | Comments(0)
福井のハス園
 先日撮影会で福井のハス園へ行ってきた。今庄インターから近い所にあって、生駒を6時半に出発して2時間半の道のりだった。殆ど高速なので案外早く着く。それでも日差しはすでに高く猛烈に暑い。後ろに山を背負っている集落だが、夏の日差しは容赦ない。そんな中、我慢の撮影をしていたら奈良のN氏に会った。撮影会だという。こちらと同じマイクロバスが駐車場にあった。近くの撮影ポイントを教えてもらって、先に失礼した。
 蕎麦の昼食の後、ハス園から1時間ほどで双竜ヶ滝に移動。落差は50メートル程はあるだろうか、幅十数メートルほどの岩壁をさらさらと流れ落ちている。滝の前には大きなカツラの木があり緑が鮮やかだ。渓流沿いを歩けば撮影ポイントもありそうな谷筋だった。帰りがけに大型観光バスがやって来た。これも奈良の写真クラブの方達だったようだ。福井は奈良からのお客さんが多いところなのか。
e0092186_15012753.jpg
e0092186_15030263.jpg
e0092186_15032553.jpg
e0092186_15035157.jpg
e0092186_15043768.jpg
e0092186_15050489.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2017-07-24 15:06 | 撮影会 | Comments(0)
ミーが脱走
 みーが脱走した。数日前、座敷の網戸が少し開いていた。夜の11時頃のこと。全ての部屋を探したが居ない。今まで出たことはあるがすぐに敷地内で見つけた。今回は気付くのが遅かったのか、呼んでみたが家の周りに居ない。夜も遅いので田舎の集落を探しまわることは出来ない。小声で「みーっ」と呼んでみるが返事が無い。そして1時間も経っただろうか、近所でネコのうなり声がした。ミーらしい。暗闇の中向かうと納屋の中で喧嘩をしている。片方はミーに違いないと思うのだが、他所のお家に入っていくわけにもいかず。そのうち喧嘩は場所を変え山の方に向かった。そこでミーを回収。興奮して身体も動かない様子。家に持ち帰り身体をシャンプーした。嫌がるミーは噛みつき、血だらけになりながらの作業だった。
 何せ子供の時から外に出していないので、初めての喧嘩だった。巨体をゆすって対抗し、余りにそれが応えたのか数日びっこを引き、消え入るような声しか出さなかった。何とか餌も食べ水も飲んだので様子を見ていたら少しよくなったようだ。今朝は寝床に来て私の腹を枕に横になった。安堵の顔が見えほっとする。
e0092186_13490338.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2017-07-21 13:49 | 日々 | Comments(0)
アオサギ
 アオサギをよく見かける。シラサギも田んぼで餌を啄んでいる姿や塒へと帰る姿を目にする。サギは比較的大きな鳥なので目につくし飛ぶ姿も格好がいい。
 先日二上山をバックにアオサギを見た。500ミリで撮影した。そして昨日、小学校横の蓮田にアオサギが現れた。レンズは300ミリしかなく少しトリミングをする。ちらほらと蓮が咲き出した。明日香もいよいよ本格的な夏の風景となる。
e0092186_18451677.jpg
e0092186_18454964.jpg
e0092186_18460900.jpg



[PR]
# by asuka-ji | 2017-07-02 18:47 | 明日香 | Comments(0)
コアジサイ
 21日、待ちこがれた雨が降った。梅雨入りして晴天が続き畑はからからになっていた。毎日の水やりが大変で待望の雨となった。カメラマンも待ちこがれた雨だ。急遽撮影会をした。
 6時集合で川上村のコアジサイを撮影に行った。大雨の予報で覚悟して行ったのだが、そんなにひどい雨ではなく撮影が出来た。標高1000メートルの山中、ただし霧が出ず時間をかけての撮影となった。朝から全く霧の気配無く、場所を変えて昼前にやっと霧が出てくれた。知り合いの方にもお会いし、久しぶりに山の中での撮影を楽しんだ。
e0092186_11340783.jpg
e0092186_11342357.jpg
e0092186_11350858.jpg



[PR]
# by asuka-ji | 2017-06-22 11:42 | 吉野 | Comments(0)
田植時


 田植が終わって苗が日毎に太くなっていく。早苗の少し頼り無さげな姿が美しいのは少しの間だ。農家の集落では「さなぶり」といって神社にお参りして無事に田植が終わったことを感謝する催しがある。今では飲み食いするだけだが、秋の豊作を祈願するのだ。
 この時期の田んぼは美しい。明日香の風景は農作によって守られているのだと実感する。朝日を受けて輝く水田、茜に染まる夕陽を映す水面とカメラマンを引きつけて止まない魅力がある。
 明日香で撮影会をした。
e0092186_11144063.jpg
e0092186_11154130.jpg
e0092186_11171586.jpg
e0092186_11181458.jpg
e0092186_11190064.jpg





[PR]
# by asuka-ji | 2017-06-22 11:20 | 明日香 | Comments(0)
棚田
 田んぼに水が入り明日香の田植えも8割方終えたようだ。稲渕の棚田オーナーの田んぼを除けば今月中頃には殆ど植えられる。夕日の季節といういい方は変な表現だが、この時期明日香では二上山に絡む夕日を見ることが出来る。田んぼに水が張られ水鏡となって夕空を映す。早苗は豊穣の秋へのスタートだ。
 昼の棚田も綺麗だが、夕方になると西の空が気になる。夕景の撮影はカメラマンが何処に立つかで決まってしまう。途中で場所を変えることはなかなか出来ない。刻々と変化する空がいつまで続いてくれるか分からないからだ。数分、時には数十秒で色褪せてしまうこともある。だから何処で迎えるか色づくまでに決断しなければならない。
e0092186_00044939.jpg
e0092186_00050828.jpg
e0092186_00055697.jpg
e0092186_00070586.jpg
e0092186_00062367.jpg

e0092186_00074281.jpg



[PR]
# by asuka-ji | 2017-06-14 00:10 | 明日香 | Comments(0)
白馬村
 撮影会の2日目は夜明け前から白馬村の青鬼へ。霧の中からアルプスの山並みも姿を見せて雄大な風景となった。何度来ても見とれてしまう景色だ。大出やホテル周辺の定番となるポイントを撮影した。
 朝食後は小谷温泉から鎌池を目指した。キャンプ場の分岐で雪のため通行止め。地元の人が熊の鳴き声がしたので注意して行ってくれとのこと。熊に注意しながらフキノトウなど撮影して楽しんだ。
e0092186_00032472.jpg
e0092186_00035589.jpg
e0092186_00041506.jpg
e0092186_00043348.jpg
e0092186_00050166.jpg
e0092186_00053886.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2017-06-08 00:07 | 信州 | Comments(0)
信州・八千穂高原
 撮影会で信州へ。夜出発して八ヶ岳の麦草峠を越えて八千穂高原へ向かった。夜明けに着いた標高1,700メートルの展望所では強風が吹いて身体がガタガタとふるえた。まるで台風のような風。三脚も立てることが出来ず、レイクへ下りた。ここでも強風が吹き荒れている。やっと出てきた朝日を撮影し、白樺の森を撮影して回った。ベニバナイチヤクソウの可憐な姿を這いつくばって思い思いに撮影してもらった。
e0092186_00424707.jpg
e0092186_00432604.jpg
e0092186_00441299.jpg
e0092186_00445630.jpg
e0092186_00460228.jpg

[PR]
# by asuka-ji | 2017-06-07 00:47 | 信州 | Comments(0)



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism