高取城址
 高取城址に行ってきた。紅葉を見込んで文化サロンの撮影を行った。未明の雨がやんで靄が立ち、途中の壺阪寺で暫し撮影。しっとりとした紅葉が寺の伽藍に良く似合っており、結構シャッターを切った。城跡は少しひかえめの色模様だったが、頂上から開ける大峰山系が薄い雲海に稜線を出して楽しませてくれた。さすがに山城だけあり、冷え込みは身体をふるわせ冷たいおにぎりを喉にやるのが辛いほどだった。皆温かいお茶が欲しいと声を上げた。何度訪れても気持ちのいい場所だ。東には高見山がその秀峰を誇示するかのようにピークを天に向けている。よくもまあこんなところに城を築いたものだと石垣から下を見て思った。
e0092186_16323959.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2007-11-29 16:32 | 明日香 | Comments(9)
Commented by yu-ki at 2007-11-29 21:51 x
紅葉、綺麗ですね!

ここ私も数年前に猿石を見にテクテクとカメラを担いで登った思い出が・・(^-^)
汗びっしょりになりました!!
苔むした石垣と紅葉が旨く調和して素晴らしいです。
Commented by K at 2007-11-30 06:39 x
いまでこそ、どうろからちかいですが、むかしはとおかったでしょうね。こういうしゃしんで、べんりゆえにうしなったもの、おもいおこされます。
Commented by A.F at 2007-11-30 14:12 x
高取城跡、懐かしいです。登る道のりは結構厳しいのですが登りきった時は何度行っても良いですね。シャガの花が好きになったのも、あの城跡で静かに咲いていて、そして品のある姿にひかれました。
Commented by asuka-ji at 2007-11-30 21:12
yu-kiさん、いつ言ってもいいところです。細かく探せば被写体には困らないところですね。
Commented by asuka-ji at 2007-11-30 21:26
Kさん、土佐の町から見上げるとどこからでもお城が見えたらしいですね。戦のない江戸時代に600メートルの頂にある城は用無しとなり、荒廃していったのでしょうね。「巽高取雪かとみれば、雪でござらぬ土佐の城」見てみたかったですね。
Commented by asuka-ji at 2007-11-30 21:39
AFさん、何度行ってもいいですね。人の力で一つ一つ積み上げた気の遠くなるような工事の石垣は美しいですね。日裏は苔むして荒城の感がいっそう漂い、色づく木の葉と人の目を引きますね。
Commented by Jun at 2007-12-01 12:53 x
高取城は来春に是非行って見たいと思ってます。以前、高取城を再現したCGを見ました。山城の迫力と美しさを感じると同時に、古代インカの天空の城「マチュピチュ」を連想しました。古の語りが聞こえてくるような石垣に晩秋に染まった木々たち。城のある街に育ったせいか、石垣を見ると懐かしい気持ちにもなります。
大好きな12月になりました。師走より春待月という呼び名の方が、なぜかしっくりとくる年の瀬です。
Commented by West Shrine at 2007-12-02 22:57 x
ご無沙汰致しております。昨日、高取城に行きました。帰宅してasuka-ji Xさんのブログを拝見しました。銀杏の戒長寺を去るときは晴れていたのに急に雲が流れ明日香を通過するとき射していた光芒も消えてしまいました。城跡の南東に駆け上がったときは、少し色づいた雲間に孤高の高見山を遠謀出来ました。しかし数分後には俄か雨と枯葉の疾風が吹き付けて、早々に退散となりました。実は、何年か前の春、初めて城跡に上がったが桜は切断されていてがっかり、だが蒼古重塁にして美麗の石垣が印象に残りました。再び、先月23日に訪れたのですが、たかとり城祭りの交通規制で右往左往し真っ赤な夕日と競走で城に上ったのですがつるべ落としは待ってくれませんでした。26日に再挑戦、またもや黒雲が垂れ込めて3時半にして夕暮れ同様で何も見えず残念な思いでした。三度目の何とやらで、再々挑戦したのですが。今度は、朝一に訪れようと思います。紅葉の城跡の雄姿と遠望に魅かれます。文化サロンさんの運の良さが羨ましいです。
Commented by asuka-ji at 2007-12-05 14:57
West Shrineさん、何度も挑戦されているのですね。高取のお城祭りは紅葉が奇麗な時期にされるのですが、人は確かに多いでしょう。でもいいところですね。孤高の高見山いいですね。どんなお天気でもその時々の表情を見せてくれて、楽しませてくれます。上りはちょっと心臓に悪いかなと思うような坂ですが。
<< すっかり秋色 医龍 >>



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism