レンゲ
久しぶりにシャッターを切った。飛鳥寺周辺のレンゲがまだきれいで、本来昔は連休過ぎ迄花盛りだったのを思い出した。地元の人たちが意識して植えてくれたのだ。しっかりと花を咲かせ結実させればまた来年もレンゲ畑になるだろう。そうした住民の意識次第で、まだまだ明日香は見栄えよくなる。景観は人が作っていくものだ。皆一人一人の惜しまぬ努力が必要だ。
入鹿の首塚。後方は甘樫丘
e0092186_14365783.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2007-05-09 14:37 | 明日香 | Comments(9)
Commented by anan at 2007-05-09 18:30 x
素敵な入鹿の首塚の写真を拝見して、同じ写真を撮りたくなって出かけてきました。一眼レフをはじめてまだ数ヶ月で、ただいま勉強中です。いつか、こんな素敵な写真が撮れるよう、頑張ります。
Commented by K at 2007-05-10 07:33 x
あまかしのおかのゆめやぶれたり、ゆうきゅうのときをそえ、れんげそう
Commented by asuka-ji at 2007-05-10 11:12
ananさん、行ってこられましたか。うまく撮られたようですね。写真はピントがしっかりしていないとだめですが、いいかえれば如何にぼかすことが出来るかということなんですね。ファインダーをしっかりと見て撮影されれば、思うような写真が出来ますよ。今日から画廊飛鳥で「あすかで生まれた作品展」が始まりました。みてやってください。駐車場も駅前のサンクスに声をかければOKです。
Commented by asuka-ji at 2007-05-10 11:18
Kさん、やぶれた夢はどんなものだったのでしょうね。丘の屋敷の全貌がそのうちに明らかになっていくのでしょうかね。
Commented by Jun at 2007-05-10 23:41 x
初めてお便りいたします。
明日香に魅せられ半年経ちました。明日香を知ったのは秋の風景でした。そして甘樫丘から落ちる夕陽の美しさを教えて下さった方がいました。万葉の歌と共に。ぐんぐん惹かれて行く自分がいました。そして自分の気持ちを確かめたくて、初めて明日香を訪れました。昨年末、今年の1月3月4月と。行く度に明日香への思いが募っていきます。
私の親友が素敵なプレゼントをしてくれました。このコメントにその写真を添付できるのかなと思ったのですが、出来ないようですね。
彼女はビーズの作品を作ります。明日香へはまだ一度も行った事がないのですが、私が語る明日香をいつも真剣に聞いてくれていました。四月に明日香へ行った時に、ことだまさんで上山さんの明日香写真ハガキを買い求め、彼女に送りました。
そうしたら、今日、彼女からその写真ハガキをテーマに素敵なドレスビーズを作ってくれ、ハガキと一緒に撮影した作品を送ってくれました!私が大好きな甘樫丘の写真と一緒に!
あまりにも嬉しくて コメントを差し上げました。
写真が送れなくて本当に残念です。
これからも素敵な明日香の写真と日記を楽しみにしています。
Commented by asuka-ji at 2007-05-11 14:38
Junさんありがとうございます。明日香は回数を重ねるほどその魅力にはまってしまうようですね。甘樫丘からの夕陽はちょうど今頃、二上山の間に落ちて行くのですよ。8月初旬まで明日香から二上山をからめた夕陽を追うことが出来ます。お友達の作品、明日香の風景で大きくイメージの世界を広げていってくれたら嬉しいですね。「ことだま」また寄ってあげて下さい。
Commented by YU-KI at 2007-05-12 05:48 x
上山さん~♪  yu-kiです。
素晴らしいお写心です!
入鹿もさぞ喜んでいるのでは・・・・(^-^)
本当にちょっとした目線・角度により写真は見た感じががらりと変わってしまいますね。
望遠になればなるほどそれが顕著ですよね。
私もこのお写心をみせて戴いて、如何にその被写体の本質(心)を切り取るのかを勉強させられました。
有難うございます。


Commented by asuka-ji at 2007-05-14 13:24
YU-KIさん、今年は遅くに咲くレンゲがあってよかったですね。明日香をくまなく歩かれ、いい被写体に出会われることを願っています。
Commented by 川添英一 at 2007-05-20 09:40 x
学生の頃、アルバイトででしたが、香具山の近くで蓮華の鮮やかな頃、美しい夕焼けに包まれて、もう死んでもいいというほどの幸福感を味わったことがありました。あの感覚は今でもよみがえります。
<< 玄武を見てきた 台本書き >>



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism