朝の棚田
 今朝も冷え込んだ。棚田に行くと霜が降りていた。霜に日が当たるとまぶしく輝く。朝の棚田は大気が澄んで身が引き締まる思いがする。水蒸気は立ち上がらず残念だったが、初冬の風景を楽しむことが出来た。
 その後、飛鳥川の残り紅葉を見に行った。葉は少なくなっていたが、落ち込みと葉の渦巻きを撮影した。河原に下りると何やら黄色い葉がある。
 何と本来紅葉が落ちている岩の上にイチョウの葉がある。それも流れの両側に大量にある。誰かが意図的に撒いたのだろう。この辺にイチョウの木など無い。
 演出写真が悪いとは言わないが、情けなくなった。明日香の地を使って私的なスタジオにして欲しくない。やったら後片付けをしていけ。後に来た人のことを考えろ。ここでイチョウの葉は撮りたくない。
 植生に合わない花などをさも生えているようにして撮影する人もいるようだが、それを明日香でするな、明日香の写真だと発表するな。あるがままに撮れないのなら他へ行け。
 自分も写真で演出はする。広告写真は作られたものだ。意図的に作り上げていく。しかし、明日香路のような風景では、それは最小限度に抑えるべきだろう。これ以上はやめておこう、してはいけない、といった自制は持つべきだろう。
 一気に気分が悪くなった。昨今の演出写真には辟易する。何が本当なのか分からない。婚礼も祭りも撮影のためにモデルを使って、さも本当らしく行う。虚構の世界だ。コンテストに入るにはここまでやらないといけないなどと力を入れる人たち。それはそれでいいかも知れないが、元に戻して帰れ。と誰に投げかけるともなく口の中で叫んだ。
e0092186_23295243.jpg
e0092186_2330745.jpg
証拠写真
e0092186_23313962.jpg

[PR]
by asuka-ji | 2012-12-14 23:32 | 明日香 | Comments(7)
Commented by rato-yamato at 2012-12-15 05:12
激しく同意します。
そんなに創作したいなら自宅でPhotoshopで合成したらいい。

だから私はコンテストが嫌いです。
Commented by asuka-ji at 2012-12-15 08:36
ratoさん、そうでしょう。年甲斐もなく怒ってしまいました。あそこでイチョウの葉見たら、なんでやねんって思いますよ。片付けて帰れって声に出ますよ。情けないですね…。他の人の迷惑も考えずに。
Commented by てつまん at 2012-12-15 09:38 x
12日に演出中の現場に出会いました。
「えらいことしますねなぁ・・・」と言うと、
「アマチュアの方はこの汚い紅葉でもエエけど、私らプロはそうはいかんネ!!」との返事。
一面の枯れた紅葉をブロアで吹き飛ばし、
横にはビニル袋に入ったきれいな黄葉が置いてありました。
だから、2枚目の写真のように溜まりに枯葉が多くあるのです。

このプロ作家、私の記憶に違いが無ければ、asuka-jiさんも、よ~くご存知の方かと思います。
Commented by asuka-ji at 2012-12-15 11:35
てつまんさん、そうですか、人から聞いてはいましたが、やはりそうでしたか。ブロアーで、飛ばしてから…、道理で紅葉の葉が石の上にきれいに無かった。
まあ、自分のスタジオでするのとは訳が違いますから、公の河川でする以上許可がなければ出来ないし、現状復帰ですからね。
なんとも、恥ずかしい限りです。そういった汚名は一人歩きしますから。それでなくても生業とする者にとっては、普段から誤解を受けないように細心の注意を払うものなんですが…、いやはや。
何せ、あそこでイチョウですよ、笑っちゃいますね。
Commented by 和尚 at 2012-12-15 13:25 x
Uの付く人の13日のブログを見ていたらイチョウの葉が写っていました。飛鳥川だと思うのですが関係がありますかね。
独り言ですので誤解を生むといけないので返事は要りませんです。
Commented by てつまん at 2012-12-15 17:37 x
横レス失礼 ・・・
和尚さん、おそらく正解ですワ。
演出当日、どうしようも無い私はやや下流で撮影し、
翌日あらためて出直したら、後始末はされていませんでした。
仕方なくイチョウを使って遊んでいました。

詳しくは、お会いしたときにでも ・・・
Commented by asuka-ji at 2012-12-15 22:13
てつまんさん、それはそうとご活躍おめでとうございます。写真生活楽しんでください。
<< 興福寺 リース >>



写真家・上山好庸
(社)日本写真家協会(JPS)
会員
昭和25年明日香村生まれ。
48年中京大学卒業。
奈良新聞社を経て写真家を志す。
61年フリーとなる。

※写真の無断転載はご遠慮下さい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
Home Page
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism